セレン元気だよぉ〜!

 ウェブハロンの気になるあの馬は、今月はセレンです。

 種牡馬入りの引退ということで、山口オーナーの思いなどを中心に書かせて頂きました(記事はこちら)。

 その後のセレンは種付けの練習を無事にクリアし、種牡馬登録を行ったそうですよ。

 このお写真は、No.9ホーストレーニングメソドの木村忠之さんに送って頂きました。ありがとうございます!

 お住まいのNo.9様似の分場からイーストスタッドさんに移動して種付けの練習をするところだそうです。↓

 

    

 セレン、凛々しい!

 この数日後に、セレンは無事に大人の男になったそう(笑)。

 花嫁さんには山口オーナー所有の南関東三冠牝馬チャームアスリープが選ばれているそうで、なんて夢のあるお話しなんでしょうかぁ。南関東ファンの皆さんの夢でもありますよねぇ。父セレン&母チャームアスリープ……ひゃぁ〜感動(;O;)。

 花嫁さんは募集中ですっ!


 今年のセレンは、種付けの時にイーストスタッドさんへ移動するそうです。個人的には、イーストスタッドさんがかなり熱い。セレンもネイティヴハートもルースリンドも、そしてタイキフォーチュンも所属しているので(^^ゞ

 

出会い。

 
 大井の荒山厩舎<小林>所属として羽田盃を優勝したシーズザゴールド(2010年)。

 

 その後は船橋の川島正行厩舎で報知オールスターカップを勝ち、現在は金沢所属として頑張っていますよ〜!

 シーズが羽田盃を勝った年、生まれ故郷の北海道・秋田育成牧場さんを訪ねました。

 場長の秋田ミツさんはとっても元気でかわいいお母様で、ひと目お会いしてファンになってしまいました。


 そして、去年もおじゃましてみると。

 ちょうど生産馬ブセナ(大井・朝倉厩舎)が新馬戦を勝った直後で、とねっこ時代の写真も見せて頂きました。

 

 「ブセナがゆくゆくは重賞レースに出て、取材をさせて頂けるようになったらうれしいです」とお話しをしていたんですが……。
 

 うれしいことに、東京2歳優駿牝馬に出走して、今日は優駿スプリントに参戦。

 ブセナ、こんなに立派になりました↓

 

 担当する水沢厩務員のお話しでは、ご飯を残したことがなくて、いつもペロリと食べてしまうそうですよ。たくましい〜。


 秋田さんから、近所の牧場仲間にソルテを生産した下村繁正さんがいるというお話しを伺ったので連れていって頂きました。秋田さんも下村さんもご家族で切り盛りされているアットホームな牧場さん。ご近所の牧場さんたちはめちゃめちゃ仲がよくて、それぞれの生産馬のこともみんなで応援しているそうです。ちなみに、この日はスケジュールの関係でお会いできなかったんですが、オグリタイムの野表篤夫さんの牧場も入っていて、去年のクラシックはかなり熱かったそうですよぉ。

 下村さんの牧場は、ソルテが生まれた年に、のちに阪神フィリーズレビュー2着だったナンシーシャインも誕生しているそうです。

 
 

 ソルテもこんなに立派になりました。最近は2着4回で惜しい競馬が続いていますが、その分、大井の人気者です。古馬重賞を勝つ日を夢見て。。。


 
 

 向かって右が秋田さん、下村ご夫妻↓
 

 

 秋田さん、下村さん、そしてたくさんの生産者さんたちが、巣立っていった仔たちのことを遠く離れた場所から見守り続けています。

 そんな生産者さんたちの思いも大切に刻みながら、競走馬のことを伝えていきたいなぁと、牧場取材におじゃますると改めて思う瞬間です。

 そして、馬たちがつないでくれる出会いに感謝(^-^)

 

フリオーソの仔が誕生!

  うれしいニュースが馬産地から飛び込んできましたぁ!!!

 北海道の長浜忠さんの牧場(新冠)では、

 フリオーソとカネショウバナナの仔が誕生したそうです!!!

 

 長浜さんから昨日お写真が届きましたぁ。

 本当にありがとうございます。

 一昨日の朝9時過ぎに女の子が誕生。

 世話のかからない仔だそうで、バナナママもリラックスしているそうです。

 とっても懐っこい赤ちゃんで、カメラ目線もしっかり決めてくれたそう。

 フリオーソの仔……感動(涙)

 昨年は136頭の花嫁さんに恵まれたフリオーソ。

 みんな無事に生まれてきて欲しいです。

 それにしても、生まれた次の日って、まだまだこんなに小さいんですねぇ。

 感動(涙)




長浜忠さんの牧場を訪ねて。

  先日、北海道の長浜忠さん(新冠)の牧場におじゃましてきました。川崎にゆかりのあるお馬さんたちがたくさん(*´▽`*)

 
 ちょっと遡って、昨年のこと。

 川崎の卒業生カネショウバナナ(9歳)が初めてママになったことはお伝えしました。

 カネショウバナナ2012(牡馬、父スターリングローズ)とバナナママ。

 長浜さん

 ツンデレの雰囲気があるバナナママが、仔馬には優しくお乳をあげていました。バナナママにそっくりの長男くん。

 

 そして、今年……。

 バナナママは2頭目の仔馬を出産させていました。

 カネショウバナナ2013(牡馬、父サムライハート)とバナナママ。

 長浜さん

 カネショウバナナ2013をアップ↓

 長浜さん

 流し目の感じはバナナママに似てるぅ(*'▽')

 バナナママも貫録たっぷりになりましたね。

 長浜さん

 実は今、このお腹の中にはフリオーソの仔が宿っているそうなんです。



 このカネショウバナナやチョウサンペガサスを誕生させた偉大なる母カネショウベガ(14歳)も川崎の卒業生。太陽に照らされたベガママは光り輝いていて驚いてしまいました。ベガママも元気に過ごしているんですねぇ。

 長浜さん

 今年はアグネスデジタルの仔を宿しているそうですよ。無事に生まれてきますように。


 そんなベガママの近くで夢中になって草を食んでいたのは、こちらも川崎の卒業生ビャクヤザクラ(7歳)です。お顔はとっても美人さん。長きに渡って南関東で走り続けました。近い将来、ママ生活をスタートさせることになります。いい仔が生まれますように。

 長浜さん




 そして、長浜さんの牧場には小さな女王クインオブクイン(11歳)もいるんです。笠松や岩手所属として全国を渡り歩き、最後は大井所属になりました(結果的にはレースには出走しませんでした)。そんなクインオブクインも昨年ママになっています。詳しいことはウェブハロンのほうに書いていますのでご覧くださいね。

 さて、今年の様子です。

 クインオブクイン2013(牡馬、父アドマイヤオーラ)とクインママ。

 長浜さん


 今、クインママのお腹にはフリオーソの仔が宿っているそうです。


 このまま順調にいけば、来年はフリオーソ&カネショウバナナ、フリオーソ&クインオブクインの愛の結晶たちが誕生予定。地方競馬ファンにはたまりませんね。とにかく無事に生まれてきて欲しいと願います。


 長浜さん、お忙しい中ありがとうございました。



 
 

東京ダービー馬インサイドザパークのお母さん

  我らが東京ダービー馬インサイドザパーク(船橋・林厩舎)。山口オーナーのブログを拝見すると、この夏を順調に過ごしているようですねぇ。気になる今後のローテーションやインサイドの歯をケアしている興味深い写真も掲載されていましたよ。要チェック!


 インサイドザパークが誕生した藤本牧場さん(新ひだか町)を尋ねました。こちらが藤本場長。藤本場長が東京ダービー優勝を聞いたのは札幌の病院の帰りだったそうで、「たくさんの連絡を頂いて、すごいレースを勝ったんだなぁって思いました」(藤本場長)。南関東では、96東京プリンセス賞やロジータ記念などを優勝したスギヤマワッスル、99トゥインクルレディー賞と00京成盃グランドマイラーズを制したユニティステージを送り出している牧場さんです。


 インサイドザパーク

 インサイドはこの光景を見ながら幼少時代を過ごしたんですねぇ。とねっこ時代から元気いっぱいの仔だったそうですが特に手のかかるタイプでもなく、スクスク育ったそうですよ。


 現在、藤本牧場さんにはインサイドの1歳の半妹がいるんです。

 どの仔でしょう(*´▽`*)

 インサイドザパーク



 答えは……。

 このど派手な仔。お兄ちゃんも派手ですが、妹はもっと派手(^^ゞ お父さんがローエングリンの女の子です。

     インサイドザパーク



 
 インサイドを誕生させた偉大なる母マチカネホシシロキは、藤本牧場さんのご近所・山際智さんの牧場へお引越ししたとのことで、おじゃましてきました。

 こちらが、偉大なる母マチカネホシシロキさん。やはり、かなり派手(*^▽^*)

 インサイドザパーク


 インサイドザパーク


 偉大なる母を撮っていたらさり気なくフレームインしてきたこの仔は、インサイドザパークの今年生まれた半弟(父サムライハート)です。

 インサイドザパーク

 インサイドお兄ちゃんが東京ダービーを勝ったので、この仔もかなり注目が集まるんでしょうねぇ。

 インサイドザパーク

 偉大なる母マチカネホシシロキは今年13歳。おとなしいお母さんだそうで、子育てもノーマルタイプ。やっぱり、インサイドに似ていますよねぇ。というか、インサイドがお母さんに似たのか(^^ゞ
 

 インサイドザパーク

 インサイドはマチカネホシシロキ5頭目の産駒だったんですが、実は産駒初勝利がインサイドの新馬戦だったんですよ。

 マチカネホシシロキの動画も撮ってみました。このプリプリッとしたお腹の中にインサイドがいたんだなぁと思うと、しみじみ……。
 

 携帯のかた 
   




 藤本牧場さん、山際智牧場さん、お忙しい中ありがとうございました。


 

アブクマポーロのお母さん@31歳

 地方競馬を代表する名馬アブクマポーロを誕生させた偉大なる母バンシューウェー。自身の競走生活は宇都宮競馬デビューで90戦8勝という成績を残して繁殖生活に入りました。

 
 高澤俊雄さんの牧場(日高町)で、アブクマポーロをはじめ、先ほどもご紹介したシスターエレキングの母アンバーウェーなど、長きに渡って16頭の産駒を競馬場へ送り出しました。繁殖生活を引退してからは功労馬として悠々自適な毎日を送っています。

 今年の冬。馬産地取材でも活躍中の山田康文さんに、フリオーソの種牡馬展示に行くことを伝えたところ、「バンシューウェー、今も高澤さんのところで元気なんですよ」と教えて頂きました。

 バンシューウェーってアブクマポーロのお母さん???

 10年以上前に会わせて頂いたことはあったんですが、今は何歳???

 今年31歳(驚)

 今も元気なんですねぇ(驚)

 ということで、高澤さんの牧場で会わせて頂きました。

 
 31歳のおばあちゃんなのに、馬場を駆けてる。。。

 バンシューウェー


  向かって右がバンシューウェー@31歳。左の栗毛はアブクマポーロの娘で唯一の繁殖牝馬となっているプランサーで、バンシューウェーのお孫さん。現役時代は北海道や東海で走っていた馬です。

 バンシューウェー


 バンシューウェー

 生産牧場の高澤さんも獣医師をしている息子の正幸さんも変わらずお元気でした。高澤さんはなんと88歳になったそうです。


 ちなみに、アブクマポーロのお孫さんでプランサーの息子が、船橋で走っているノートトゥゴッド(船橋・矢野厩舎)。ひじょうに貴重な存在ですねぇ。

 ノート



 高知競馬にはノートトゥゴッドのお兄ちゃんツヨシノチカラが奮闘中です。




 あれから7か月経ち、バンシューウェーと高澤さんはどうしているんでしょう。

 とっても元気そうでした(*´▽`*)

 31歳バンシューウェーと88歳高澤さんの2ショット。ここまでのベテランコンビ、馬産地でもかなり珍しいと思われます。

 バンシューウェー

 後ろにいる栗毛さんはプランサーの息子です。今はペットとして、バンシューウェーひいおばあちゃんと一緒に暮らしているそう。甘えん坊で、ひいおばあちゃんのそばから離れませんでした。

 88歳の高澤さんは今も現役バリバリで、馬の出し入れをしたり、牧草の作業をしたり、牧場のお仕事をしているそうです。話しかたもしっかりしていらっしゃるんですよ。高澤さんの長寿の秘訣を聞いてみたところ、毎日お仕事をして、毎晩の晩酌だそうです。


  日本の今現在の最高齢馬って何歳なんでしょう???ご存じのかたがいましたらぜひ教えて頂きたいです。引退名馬というサイトを見てみると、バンシューウェーと同じ31歳のユキノローズとミホシンザンが最年長のようです。バンシューウェーのお誕生日は6月3日なので、3番目に長寿ということになるんでしょうか。

 バンシューウェー@31歳夏の体をご覧ください。高齢馬になるともっともっと体のラインが変わってくるものですが、ほんと若々しいですよ。歩き方もしっかりしているし。

 バンシューウェー


 偉大なる母バンシューウェー、長生きして欲しいです。
 



 
 

 



 高澤さん、お忙しい中ありがとうございました。



タイキフォーチュンから南関東のお馬さん

  今日は中央競馬でNHKマイルカップが行われます。わたしがこの世界に入ったきっかけになったタイキフォーチュンが初代チャンピオン、今年で18回目を迎えるのです。はや〜。

 フォーチュンがいなかったら今のわたしもいなかったので、南関東の馬たちと会うことも絶対になかったと言えます……。

 写真は去年の秋、浦河のイーストスタッドさんにて。

 牧場めぐりを楽しまれるファンの方はそうだと思いますが、大好きな馬・自分にとって大切な馬と一緒の空間にいるだけで幸せな気持ちになっちゃいますよねぇ。フォーチュンには毎年会わせて頂いていますが、何年経ってもドキドキする気持ちは変わりません。

  タイキフォーチュン

 フォーチュンも今年20歳。

 いつまでも元気に長生きして欲しいって、今はそれだけです。



 で。cafeあおばさんのご協力のもと、フリちゃんボンちゃん展も無事に行われました。cafeあおばさん、写真を提供してくださった皆様、本当にありがとうございました。今度は『南関東のお馬さん』という大きなくくりでするのも楽しいだろうなぁと思っていたところです。そのときはまた告知させて頂きますね。

 引き続き、南関東競馬情報誌pocopocoは置いて頂いていますので、まだお読みになっていないかたはゲットしてみてください。

 

 

ブライアンズタイム、安らかに。

 偉大なる種牡馬ブライアンズタイムが28歳で亡くなったそうです。

 詳しいことはこちらで。

 ナリタブライアン、マヤノトップガン、タイムパラドックス、タニノギムレット、ファレノプシス、サニーブライアン、シルクジャスティス、トーホウエンペラー、ブライアンズロマンなどなどなど活躍した産駒たちは書ききれません。

 南関東で言えば、やはりフリオーソの父としてあまりにも有名でしたね。ブライアンズタイムがいなければ、フリオーソに会うことはできませんでした。

 ブライアンズタイム

 ブライアンズタイム、ありがとうございました。

 合掌。





ピエールタイガーを訪ねて……。

  ということで、先ほどはコンサートボーイ伯父さんの話題を紹介しましたが、ここでは甥っ子ピエールタイガー(大井・荒山厩舎<小林>)についてお届けしましょう。

 ピエールタイガーはマイルグランプリを優勝後に、千葉県のシンボリ牧場さんへ放牧休養へ出ました。

 これまでの疲れをたっぷり取るために、今はのんびり過ごしているそうです。

 ピエールタイガー


 ピエールタイガーの1日を聞いてみると、

 朝5時半頃から始動し1時間ほどウォーキングマシンで運動。

 その後は午後1時半頃までサンシャインパドックで日向ぼっこ。

 それから再び1時間ほどウォーキングマシンで運動。

 お手入れなどをしてもらって、お疲れ様でした。

 3月6日の東京スプリング盃(大井1400m)から始動を考えているそうです。


 で。実は今年度も冬の間、『うまレターさんのホッカイドウを巣立った優駿たち』を担当させて頂くんですが、今年度一発目は北海優駿馬ピエールタイガーが登場します。

 写真撮影も兼ねてみんなでおじゃましてきたんです。タイガーと、荒山調教師、青柳厩務員、助っ人で黛厩務員。

 ピエールタイガー


 タイガー自慢のふさふさの前髪を整えてくれた荒山調教師。
  
        ピエールタイガー


 出来上がりはこんな感じ(^。^)

                 ピエールタイガー

  タイガー、セクシー(*^_^*)

  でも、やっぱり通常スタイルに変更(^^)

        ピエールタイガー


 ピエールタイガー


 ピエールタイガー

 
 ピエールタイガー
        
 
 ワイワイガヤガヤ楽しく、撮影も無事に終了〜。

 ちなみに、前シーズンはクラーベセクレタ、エンジェルツイート、ゴールドメダルが登場してくれました。記事はこちら

 12月1日から配布を開始するそうなので、競馬場やオフトなどで手に取ってみてくださいね。

 うまレターさんのブログはこちら

 編集長の浜近さんのツイッターは@umaletterです。


 なお、シンボリ牧場さんには新馬勝ちをしたテラザインパクトも一緒に放牧休養中です。

  ピエールタイガー

       ピエールタイガー

 まだ1戦1勝ですが、来春のクラシックを目指して欲しい馬ですねぇ〜。

 
 ちなみに、タイガーとインパクトが過ごしている厩舎には、過去にシンボリクリスエスもいたそうなんですよ。すごい!


 タイガー!帰ってきたらまた暴れてちょうだいね!

       ピエールタイガー
 

 シンボリ牧場さん、荒山厩舎さん、お忙しい中ありがとうございました。

 
 

サンシャイン牧場さんにて

  先日、北海道の日高町周辺に行ってきて、サンシャイン牧場さんにもおじゃまさせて頂きました!育成にいた面々の写真を撮らせて頂きました。各馬の近況は小菅マネージャーにお聞きしました。


 一昨年の東京ダービー2着馬ガナールは現在中央所属。写真を撮らせて頂いた後に美浦へ帰厩していて順調に追い切りを消化しているそうで、11月4日の1000万下(東京ダート1600m)を使う予定だそうです。久しぶりにガナールに会えました(;_;)

    ガナール


    ガナール




 今年の京浜盃馬パンタレイは両膝の剥離骨折のために休養中。年内復帰もできるくらいですが、現在もじっくりウォーキングマシンでトレーニング中だそうです。京浜盃でのあの強さ……またぜひ見せてもらいたいです!帰りが待ち遠しい!

  パンタレイ


       パンタレイ



 10戸塚記念の勝ち馬ハーミアは現在北海道競馬で頑張っています。11月1日の北海道のレースを使う予定で調整中だそうです。

       ハーミア




 蹄の不安でお休み中の10ローレル賞馬オリークック。昨年の優駿スプリント以降お休みをしているので、もう1年4カ月になるんですねぇ。もうじき帰厩予定だそうです。

  オリークック

       オリークック


 

  グラッツェーラは現在リフレッシュ放牧中です。耳がくり〜んとしているのがグラちゃんのチャームポイントなのでどうぞご堪能ください(^^)

       グラちゃん


 
 それにしても芦毛が多い(^。^) ガナールのお父さんはザカリヤですが、ほかのみんなのお父さんはフィガロですもんねぇ。芦毛たちが次から次へと登場すると、芦毛にもいろんな芦毛がいるんだなぁ〜と改めて勉強になりました(^−^)

 サンシャイン牧場さん、ありがとうございました!



プロフィール
カレンダー
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode