ど派手なトーセンクッキーがいよいよデビュー!

 超ど派手なルックスで生まれた時から人気を集めているトーセンクッキー(浦和・小久保厩舎)が、いよいよ今日の浦和1レースでデビューします。どこにいても目立つ男の子。

 

 こちらは3月5日に浦和競馬場で行われた能力試験。結果はこちらを。↓

 

 

 

 先日の野田トレセンでの調教風景↓

 

 

 今日コンビを組むのは本橋孝太騎手。

 

 

 とても気の難しいお馬さんということなので、まずはデビューを迎えられるというのが何よりで、あとはパドック、返し馬、ゲート、レースと、無事に、がんばってくださいぃぃぃ!

 

 でも、馬房にいる時などはとても大人しくて懐っこい仔なんだそうです。

 

 

 

 クッキーは見た!(*^-^*)

 

 

 

 


トーセンガーネットについて。

 昨年の桜花賞と東京プリンセス賞を圧倒的な強さで制した南関東牝馬2冠馬トーセンガーネット。

 

 関東オークス3着後は中央所属として走ってきましたが、

 

 昨日、野田トレセンの小久保厩舎に帰ってきたそうです!!!

 

 ちょうど桜花賞当日に帰ってきたそうですが、小久保調教師のお話しでは、それは偶然らしいです(^-^;

 

 今後は4月22日のしらさぎ賞に向けて調整をしていくそうです。

 

 

 

 

 

 左海誠二騎手とのコンビで桜花賞を制してからちょうど1年。

 

 南関東牝馬戦線、ますます面白くなってきますね(*^-^*)

 


桜花賞は騎乗変更があります。

 今日の浦和競馬場は高知の赤岡修次騎手と金沢の吉原寛人騎手が騎乗変更しています。

 

 詳細はこちら

 

 それにより、桜花賞のミナミンは赤岡騎手から今野忠成騎手へ。スティローザは吉原騎手から保園翔也騎手へ。

 

 それぞれ騎乗変更になりますのでご注意ください。

 

 データ分析ができる枠順はこちらです。

 

 


浦和競馬場は桜の季節!

 さぁ、桜花賞当日を迎えました。

 

 浦和競馬場は桜の季節。今年はちょうど桜花賞開催に見頃を迎えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 南浦和駅から浦和競馬場への道のりも↓

 

 

 

 

 

 

 

 ただ、昨日はあまりにも風が強すぎたので、桜の花びらがまだこびりついていて欲しいのですが(^-^;

 

 桜花賞開催に合わせるかのように桜が満開になるのは毎年難しいのですが、今年はきれいに咲きました。

 

 だからこそ、無観客競馬がとても寂しく感じます。

 

 浦和競馬のマスコット・ウラワールもつぶやいています。こちら。ウラワールの言葉が、浦和主催者の皆さんのお気持ちでもあるのだろうなぁと切なくなりました。浦和競馬の公式フェイスブックでは、ウラワールが場内のいろんな所をめぐっています。

 

 

 さぁ、この満開の桜の下で、桜花賞に出走する3歳牝馬たちのすばらしい戦いを期待しています!

 

 


今日の競走中止について。

 今日の浦和12レースで、ブラックキングダム(半澤慶実騎手、浦和・横山厩舎)が、スタート直後に落馬競走中止しました。

 

 ブラックキングダムはその後つかまり、半澤騎手も無事でした。

 

 

 


今日の競走中止について。

 今日の浦和開催。

 

 1レースはリアルディー(山崎誠士騎手、川崎・岩本厩舎)が2コーナーを過ぎたところで競走中止。

 

 リアルディーは左後肢蹄骨骨折で、亡くなったそうです。

 

 山崎騎手はその後のレースも騎乗しています。

 

 11レースはイノデギャルソン(加藤和博騎手、浦和・小林厩舎)が3〜4コーナーで競走中止。

 

 イノデギャルソンは左前肢ハ行。

 

 加藤騎手は無事だったそうです。

 

 (記事協力 浦和競馬)

 

 


桜花賞の枠順発表!

 明日、3月23日(月)から浦和開催が無観客競馬として行われます。

 

 25日(水)からいよいよ南関東クラシック戦線がスタート。

 

 南関東牝馬クラシック1冠目・桜花賞が行われます。

 

 先ほど枠順が発表されました。

 

 こちら

 

 5戦5勝(重賞連勝)無敗のレイチェルウーズ(本田正重騎手、船橋・林厩舎)は6枠6番に入りました。

 

 

 

 桜花賞を走ることができるのはたった11頭。枠順を見た瞬間、「桜花賞出走おめでとうございます!」と、つい言いたくなってしまうくらい、ここに名前を連ねるのは本当に本当に大変なことです。

 

 もうみんな最終追い切りは終わっている頃なので、あとは当日まで順調に進めて、本番を迎えて欲しいなぁと思います。

 

 

 

 


桜花賞予備登録馬発表!

 3月25日(水)に浦和競馬場で実施する南関東牝馬クラシック1冠目・桜花賞の予備登録馬が発表されました。

 

 こちら

 

 桜花賞はグランダムジャパン3歳シーズンのひとつということで地方交流戦。

 

 浦和競馬によると、そもそも他地区馬の選定もしたそうですがその馬が回避したため、今年は他地区からの出走馬はなし。

 

 南関勢11頭によって争われることになりました。

 

 東京プリンセス賞直行やグランダムジャパンの若草賞も視野に入っている馬もいるので、ボーダーラインはどのくらいになるのかな。

 

 桜花賞まであと9日。

 

 なお、今年の桜花賞は無観客競馬として行われます。

 

 


浦和開催も無観客競馬が発表されています。

 現在、南関東競馬は大井開催中です。

 

 新型コロナウイルスの影響から、3月23日(月)から27日(金)までの浦和開催も、無観客競馬で実施することが発表されています。

 

 詳細はこちら。(馬券は電話・インターネットでの発売)

 

 これにより、3月25日に行われる南関東牝馬クラシック一冠目の桜花賞も、無観客競馬として行われることになりました。

 

 

 

 今日、浦和所属馬たちがお住いの野田トレセンに行ってきて、野口調教師会会長をはじめとしたベテランの調教師さんたちとお話ししたところ、浦和競馬場も無観客競馬として実施するのは初めてのことではないかと。これは、浦和、大井、川崎、船橋のベテランの関係者さんたちも、自身の競馬場について共通におっしゃっていたことです。

 

 今年が始まった頃には、まさかこういう激動な年になるとは、夢にも思わなかったですね。ほんと、何が起きるかわからないことを実感させられます。

 

 野田トレセンに入って、馬場に向かう道。

 

 

 

 

 

 こういう光景に、ほっこり、ほっこり(*^-^*)

 

 

 超ド派手なお馬さんとして巷で話題になっているトーセンクッキー(浦和・小久保厩舎)も、来週からの浦和開催でデビューする予定だそうです。

 

 

 尾っぽをビュンビュン振り回し、時には、ひひ〜んと大きな声でいななきながら、元気にトレーニングをしていました。

 

 (馬たちは生き物です。予定は変更する場合もありますのでご了承ください)

 

 

 

 


速報!ど派手なトーセンクッキーくんが能力試験合格!

 超ど派手くんとして話題を集めているトーセンクッキー(浦和・小久保厩舎)が、

 

 今朝、浦和競馬場で行われた能力試験に登場し、橋本直哉騎手を背に合格しました。

 

 

 

 お顔も目も脚元も尾っぽも全部が目立つ(*^-^*)

 

 

 地方競馬の場合は、この能力試験に合格しなければレースに出走することはできません。

 

 非常に気の難しい馬のようですが、まずは無事に合格できてよかったですね。

 

 

 

 このまま無事に進んで、レースでお会いできる日を楽しみにしたいです。

 

 

 いや〜、どこにいても目立ちますね(^-^;

 

 デビュー日が決まりましたら、小久保調教師に改めて伺おうと思います!

 

 

 

 トーセンクッキーくん、能力試験合格おめでとうございます!

 

 動画はあとでアップしますね。

 

 

 


プロフィール
カレンダー
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode