ちなみに、その時のお父様の表情は……。

 先ほど、張田昂騎手とカジノフォンテン(船橋・山下貴之厩舎)が優勝した京成盃グランドマイラーズの話題を改めて書かせて頂きましたが。

 

 張田騎手とカジノが枠場に帰って来た時、お父様の張田京調教師も、遠くから見守っていました。


 いろんな人たちから、「おめでとう」と言われている時の表情。↓ 

 

 

 

 (この写真は、昂騎手の許可を得て掲載しています、念のため(^^))

 

 昂騎手は直接は見ていないので、改めてこの写真を見せると、「ホッとしている表情をしていますよね」と昂騎手。

 

 張田調教師にこの日の昂騎手の騎乗について聞いてみると、

 

 「貴之に聞けよ(笑)」と謙遜していましたが、

 

 「あの乗り方で負けたら仕方ないよ」と、張田調教師。

 

 それだけ、昂騎手はすばらしいエスコートをしたんだなぁと思いました。

 

 張田親子は仲良しで、普段からいろんなお話しをするそうですが、騎乗については勝ったレースでもいつもお父さんから息子への愛でダメ出ししかしないそうです。

 

 でも、このレースに限っては何も言われなかったそう。昂騎手にとっては、お父さんではあるけれど、偉大な騎手の先輩からのメッセージ、すごくうれしかったそうです。

 

 


京成盃グランドマイラーズ優勝、カジノフォンテンを改めて振り返る。

 今年は南関東にゆかり深い馬の仔たちの活躍が目立ちます。

 

 6月17日に船橋競馬場で行われた京成盃グランドマイラーズでは、張田昂騎手が手綱を取った1番人気カジノフォンテン(船橋・山下貴之厩舎)が優勝したことはお伝えしましたが、大きな話題になりましたね。

 

 まずは全頭パドック↓

 

 

 母は上山と南関東で走ったジーナフォンテン。エンプレス杯やスパーキングレディーカップなど通算タイトル6勝を挙げた女傑です。

 

 ジーナの主戦の1人だったのが、張田騎手のお父さん張田京騎手(現調教師)。張田騎手が騎手学校へ入る前にテレビで見ていたという、お父さんとジーナの姿。

 

 あれから15年ほどの月日が流れ、今度は息子同士でコンビを組み、人馬ともに念願の重賞タイトルを獲得しました。競馬にはいろんなドラマがありますが、こういうロマンもあるんだなぁと、『競馬』を見続ける楽しさに、改めて魅了された時間になりました。

 

 

 

 

 レースは、こちらも東京プリンセス賞馬サルサクイーンの愛娘サルサディオーネがハナを切る展開になり、カジノフォンテンは張田騎手が手綱を取るようになってから、初めて前に馬を置いて砂をかぶりながらの競馬。

 

 1周目のゴール板を過ぎたあたり。↓

 

 

 

 表情をアップにしてみましょう。

 

 張田騎手の真剣な表情と、どこか外を見ている感じのカジノ(^^) 横にいらっしゃるのは偉大なキャプテンキング先輩。

 

 

 

 「いつも1コーナーまでの折り合いは鍵になりますが、久しぶりに砂をかぶる競馬をしたことで、ちょうどよく折り合って我慢をしてくれていました」と振り返る張田騎手。

 

 向正面に行くと、カジノフォンテンは内の4番手からの競馬となり、最後の直線に入ると前が開いて外に持ち出し、逃げていたサルサディオーネに並びかけて一騎打ち。

 

 「砂をかぶったことでフワフワして余裕があった手応えだったので、どこかが開けば行けるなというのはありました。前のサルサは交わせるなとは思いましたが、後ろからの脚音も近かったので、誰かきているなと。3〜4コーナーの感じではグレンツェントがきているかもと思って、早くゴール板来い!と思いながらドキドキしていました」。

 

 サルサディオーネとカジノフォンテン、張田騎手の感じた通りに後ろから迫ったきたのがグレンツェント。

 

 

 

 サルサクイーンとジーナフォンテンの子供たちによる叩き合い。

 

 

 

 最後はカジノフォンテンがサルサディオーネにクビ差つけたところがゴール。勝ちタイムは1600m1分39秒2(良)。3着がグレンツェント。レース結果と動画はこちら

 

 張田騎手もガッツポーズ。カジノも1周目の時とはまた違う、目つきもお鼻もガラリと変わって、凛々しい表情。っていうか、1周目とゴール板での表情って、こんなにも違うんですね。

 

 

 

 船橋にゆかり深い人馬が、この船橋競馬場で大輪の花を咲かせました。

 

 

 

 「うれしい以外なかったですね。あとは感謝です。みんなには伝わりずらいかもしれませんが、いつもいろんな人たちに感謝しています。

 

 親父のすごさはいつも思っていますが、一線級で当然のように重賞を勝っている騎手たちもすごいです。一人では勝てないし、馬主さんをはじめ、調教師さん、厩務員さん、装蹄師さん、獣医師さん、もちろん騎手も、全部が噛み合わないと重賞は勝てないんだなぁと思います。勝つことって本当に大変です。

 

 カジノは折り合いの面でマイルくらいまでがベストかなと思っていたのですが、今日の折り合いからも距離を延ばしても面白いかなと思いました。1800mになれば楽にハナへ行けそうですね。この先を見据えても、自信につながる勝ち方でした。

 

 競馬はブラッドスポーツとも言いますが、ジーナの子供で勝てたということも、本当にうれしかったです。これでお互いが初重賞というのも、運命的なものを感じますね」(張田騎手)。

 

 

 

 管理している山下調教師にとっても、騎手時代から合わせてホースマン生活においてのうれしい重賞初制覇。

 

 「最後はよく交わしてくれました。前ならあのまま下がっていったと思うので、成長してくれています。これからもっと強くなってくれると思います。

 

 騎手時代のつらかった時から、吉橋興生オーナーには本当にお世話になってきました。そんな興生オーナーの名前での初重賞をプレゼントさせて頂けたということが、本当にうれしいです」(山下調教師)。

 

 

 

 担当はフリオーソでもお馴染みの波多野厩務員。あ、栗毛同士だっ(^^)

 

 2003年の京成盃グランドマイラーズは、ジーナフォンテンは張田京騎手とのコンビで2着でした(優勝はエスプリシーズ)。母が取れなかった肩掛けを、17年後に息子が!!!

 

   

 

 カジノフォンテンおめでとう!北海道にいるジーナフォンテンお母さんも、本当に本当におめでとう!関わってこられた皆さん、本当におめでとうございました。

 

 京成盃グランドマイラーズ優勝

 

 カジノフォンテン 4歳牡馬

 

 馬主 吉橋興生様

 

 生産 登別上水牧場(北海道登別市)

 

 父 カジノドライヴ、母 ジーナフォンテン、 母父 ベストタイアップ

 

 

 5着までのコメントは、船橋ケイバのホームページで掲載されていますよ。

 

 


千葉県騎手会新会長、川島正太郎騎手

 川島正太郎騎手が、千葉県騎手会の新会長になったそうです!!!

 

 ここで、千葉県騎手会の役職を紹介していきましょう。

 

 会長 川島正太郎騎手

 

 副会長 森泰斗騎手、笠野雄大騎手

 

 顧問相談役 左海誠二騎手

 

 

 早いもので、川島騎手会長もデビューから13年目。今年10月には30歳になるんですねぇ。

 

 お父様と言えば、船橋競馬場の、南関東競馬の、地方競馬界の至宝・川島正行調教師。川島調教師も調教師会長を務め、船橋競馬場を盛り上げるように様々なことを尽力されてきたことはあまりにも有名です。

 

 「お父様は、騎手会長になったことを何て言うと思いますか?」と聞いてみると、

 

 「『会長よりも、レースをしっかり乗れ!』と言われると思います(苦笑)」と川島騎手会長。

 

 

 

 「(お父様は)馬のことはもちろんのこと、ファンのことも常に考えていました。

 

 僕自身はまだ半人前なのでいろいろ勉強していって、みんなの意見も聞きながら、よりいい方に向かっていけるようにしたいです。もっと多くの人たちに競馬の魅力を知って頂きたいですし、そのアピールできることは、騎手会としても協力していきたいです」(川島騎手会長)。

 


實川純一騎手について。

 船橋の實川純一騎手は、負傷のために騎乗変更しています。

 

 初日のゲートで接触があり、その後、痛みが出たそうで、

 

 今日は左足部の挫傷でお休みしたそうです。

 

 (記事協力 船橋ケイバ)

 

 


船橋開催が始まります!

 さぁ、今日18日(土)から22日(水)まで船橋開催が行われます(無観客競馬)。最終日には、今年からS1に格上げされた習志野きらっとスプリントを実施。

 

 先日もお伝えしたように、今日18日の開催は、前開催6月19日に放送設備の不具合の関係から5競走が取り止めになり、出走できなかった新馬たちの出走機会を確保するためとのこと。

 

 今日は1レースが16時55分発走で、合計8鞍。

 

 新馬戦は21日と22日にそれぞれ3鞍ずつ計6鞍組まれています。

 

 これにより、昨日まで行われた川崎開催、今日からの船橋開催、23日からの浦和開催と、南関東では12日間連続で競馬が行われます。

 

 詳細は船橋ケイバのホームページで確認してください。

 

 

 遡って、7月7日に船橋競馬場へ取材に行くと、

 

 準備はOK!

 

 

 

 

 

 船橋競馬場の大規模改修工事はすでに始まっているので、今のうちにスタンドの様子をパチリと収めました。船橋競馬場は立派なスタンドだったなぁと、改めて思いました。

 

 

 

 引き続き無観客競馬が行われていますが、動画にも撮りましたので(雨の影響で画面が濡れているシーンもありますがご了承ください)、少しでもスタンドの雰囲気を味わって頂ければ幸いです。↓

 

 

 この時点で、枠場の辺りがだいぶ変わっていたので、あれから10日ほどが経ち、もっとさまざまな箇所が変わっているのでしょう。工事が始まっているんだなぁと実感します。

 

 歩道橋からの光景。お馴染みの姿、いつまで見られるのかなぁ。

 

 

 

 さぁ、この船橋開催は地方通算3000勝を達成したばかりの、森泰斗騎手が騎乗します!地元に帰ってきての最初の開催!3000勝達成報告会の日時は、改めてお知らせするそうです。

 

 


森泰斗騎手、3000勝まで、もう少し。

 さぁ、地方通算3000勝までカウントダウン中の森泰斗騎手。

 

 昨日の大井10レースでは、〜ジャパンダートダービーメモリアル〜オリオンザサンクス賞が行われました。

 

 

 

 1番人気オールスマート(大井・佐々洋厩舎)を勝利に導き、今年通算200勝目、地方通算では2995勝目。↓

 

 

 

 そして、今日の大井2レースでは2番人気サルヴ(大井・荒山厩舎<小林>)とのコンビで優勝し、地方通算2996勝目。ショウリダバンザイのお子様です!!!↓

 

 

 

 大井7レースでは1番人気シャドウカンパニー(大井・荒山厩舎<小林>)で圧勝し、地方通算2997勝目としました。

 

 

 

 大井7レースを終えた時点で、

 

 3000勝まで、あと3勝。

 

 森騎手のこれからの騎乗馬はこちら

 

 ドキドキワクワク、いつどこでどのレースで(*^_^*)

 

 


アクアリーブル、ありがとう!アスカリーブル、ありがとう!

 明日の大井競馬場では、南関東クラシック3冠目のジャパンダートダービーが行われます。早いもので、今年の南関東クラシック戦線も最終戦になりますね。

 

 今年もいろんなドラマが生まれた南関東クラシック戦線。その主役の1頭は、もちろん、南関東牝馬2冠を達成したアクアリーブル(船橋・佐藤賢二厩舎、船橋・米谷康秀厩舎)でした。

 

 お父さんがパイロ、お母さんは兵庫と南関東で、牝馬クラシック2冠をはじめ、通算7つのタイトルを取ったアスカリーブル。NARグランプリ3歳最優秀牝馬や2年連続でグランダムジャパン古馬シーズンも獲得した女傑です。

 

 そんな偉大な母の初めてのお子様として誕生したアクアリーブル。以前も掲載させて頂きましたが、生まれ故郷の新生ファームさんが撮影された貴重なアスカ&アクア親子の2ショット↓

 

 

 こういう穏やかな日々を過ごしながらも、離乳前には急逝したというアスカ。その後はサラブレッドの乳母に育てられたというアクア。

 

 アクアは立派に成長し、北海道からデビュー。そして、南関東へ。

 

 牝馬1冠目の桜花賞を制覇↓

 

 

 

 牝馬2冠目の東京プリンセス賞も優勝↓

 

 

 

 しかし、この数日後、佐藤賢二調教師との突然の別れ。

 

 アクアは、賢二調教師の弟子でもある米谷調教師のもとへ転厩しました。担当の高橋厩務員と調教パートナーの山本聡紀騎手は引き続き寄り添いながら、牝馬2冠の称号を引っ下げて、3冠目の関東オークスへ。アクアにとっても、関係者にとっても、いろんなものを背負った戦いになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 アクアは矢野貴之騎手を背に中央馬と果敢に立ち向かい、レースは好スタートを決めて道中2番手から。最後の直線では逃げていたアールクインダムを交わして先頭に立ったところに、外から3番手につけていたレーヌブランシュが抜き去って、惜しくも2着でした。

 

 関東オークスの勝利、そして、南関東牝馬3冠馬の称号が、1馬身半差、届きませんでした。1馬身半差……。しかし、中央馬とも力差のない所を証明し、牝馬2冠馬として立派に戦い抜いたと思います。

 

 

 

 「勝てると思っていたし、絶対に勝ちたいレースだったので、ものすごく悔しいです。

 

 スタートも決まって折り合いもついて、4コーナーの手応えでは勝てると思っていたのですが、相手とは切れ負けした感じです。力を出し切った感じはありますが、まだ走り切っていない遊ぶようなところがあって、交わされてからはまた追いかけていました。

 

 自分の馬が一番強いと思って乗せて頂いたのでスッキリはしています。でも、たら・ればにはなりますが、こうだったらとか、こうすればよかったとか、レースを見るといろいろ考えて悔しくなるので、今回はレース映像も1回しか見ていません。

 

 自分のためというよりも、賢二先生のためとか、関係者の皆さんとか、ファンも多い馬ですし地方の意地を見せたかったです。終わってから申し訳ない気持ちでいっぱいになりましたが、馬は頑張ってくれました」(矢野騎手)。

 

 

 

 「このレースに向けて自分を追い込んできましたが、緊張とかプレッシャーはなかったです。それだけ、米谷調教師、担当の高橋厩務員や調教に乗っている山本騎手たちがどっしりとしてくれていたので安心して臨めたし、こういう3冠のかかったレースはそうないので、その皆さんの中に自分がいられたことはものすごくうれしかったです。

 

 高崎からきて最初はウダウダしていましたが、船橋の賢二先生から大井の騎手なのに乗せてもらえるようになりました。賢二先生に乗せてもらえることが騎手としてもひとつ認めてもらえたような感じで、誇りにも思っていました。

 

 今回の結果に関しては『そんなに甘くないからもっと頑張れよ』と、僕自身は賢二先生から言われているようにとらえています」(矢野騎手)。

 

 

「矢野は馬のことを何でもわかっていると思っていたので、任せるよと言って送り出しました。いい所につけられたし、あの位置で負けたら仕方ないと感じていたので、馬の力は出せたのかなと思っています。松山騎手もうまく乗ったので、相手を褒めるしかありません。例年に比べても時計は速かったですね」(米谷調教師)。

 

 現在のアクアはゴリンファーム(千葉)で放牧休養に出ていて、秋はサルビアカップからロジータ記念を予定しているそうです。

 

 

 2006年のチャームアスリープ以来となる14年ぶり2頭目の牝馬3冠馬の誕生はなりませんでした。しかし、立派な走りを見せてくれたと思います。

 

 生まれてくるのも、デビューすることも、1勝挙げることも尊いこの世界において、重賞まで勝って、牝馬2冠馬にまで輝いて、牝馬3冠への挑戦。ゆかり深い馬のたった1頭の忘れ形見が、最高の瞬間を魅せ続けてくれた今年の南関東牝馬クラシック戦線でした。

 

 

 

 ファンの1人としても、

 

 アクア、ありがとう!

 

 

 

 アスカ、ありがとう!

 

 

 

 

 


大規模改修工事前の船橋競馬場。パート5

 パート4からの続きです。

 

 2階のゴール前付近の様子です。2階の厩舎側の方にあったオッズオンなどの辺りは、もう通行止めになっていて撮れなかったのが残念ですが。↓

 

 

 ここまでの動画は5月の開催中に撮ったものですが、6月開催になると、通れなくなった場所が多くなりました。大規模改修工事がどんどん進んでいくんだなぁと実感。

 

 また別の動画は改めて。

 

 


大規模改修工事前の船橋競馬場。パート4

 パート3からの続きです。

 

 スタンド1階を歩いてみました。↓

 


大規模改修工事前の船橋競馬場。パート3

 パート3からの続きです。

 

 アタリーナ付近からスタンドを通って馬場へ。↓

 

 

 聞こえてくる実況は、耳目社さんです。

 

 


プロフィール
カレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode