アジュディミツオー・メモリアルを振り返る。

 船橋競馬場はメモリアルレースが多く行われています。改めてその馬たちの偉大さを思い出す時間にもなります。アジュディミツオー、偉大すぎる馬でした。アジュディミツオーが船橋競馬場からデビューして今年で11年目。

 

 今日の船橋7レースに組まれていた3歳馬によるアジュディミツオー・メモリアル。優勝したのは、山口達弥騎手騎乗の5番人気エメリミット(船橋・林厩舎)。シンボリクリスエス産駒の3歳牡馬。3番手からの差し切り勝ちで、タイムは1600m1分43秒3(良)。

 

 

 

 「攻め馬からカリカリしていたりちょっと臆病な所もある馬なんですが、力があるのはわかっていました。今日みたいな少頭数であれだけすんなりだと、このくらい走れますね」(山口騎手)。

 

 

 

 林調教師のお話しでは、まだ馬群などもお勉強しなければいけない部分もあるので、しばらくは自己条件で走っていく予定ということです。

 


2010年の船橋開催スタート、一発目は庄司大輔騎手!!!

 2020年最初の船橋開催がスタートしました。

 

 1レースは、庄司大輔騎手騎乗の2番人気サトノマーキス(船橋・川島厩舎)が勝利。

 

 

 

 「実は去年1勝だったんですよ(苦笑)。10レースも人気馬に乗せて頂いているので、これで勝つことができたら、去年の勝ち星を初日で上回りますね(笑)」と言っていた庄司騎手。

 

 その後の10レースもバーミングガム(船橋・川島厩舎)とのコンビで圧勝。

 

 船橋開催初日して去年の勝ち星を上回り、これが通算200勝目!!!

 

 

 

 「200勝目のバーミンガムは自分で攻め馬をつけていて力があることはわかっていたので、馬の力を信じて乗った感じです。ホッとしました。

 

 競馬で成績を残すことも大事なことですし、この先は調教師も考えているので、調教師になるために必要なことを勉強したりそのつながりなども大切にしていきたいと思っています。馬主さん、厩舎関係者の皆さん、乗せて頂いた方たちには感謝しています」(庄司調教師)。

 

 いいスタートを切った庄司騎手。庄司騎手から目の離せない1年になるのかなぁ〜♪

 

 


船橋記念の枠順発表!

 1月8日に船橋競馬場で、2020年最初の船橋重賞・船橋記念(1000m)が行われます。

 

 データ分析ができる枠順はこちら

 

 ノブワイルド(左海誠二騎手、浦和・小久保厩舎)が登場〜♪

 

 発走は19時15分。

 

 

 

 


船橋開催は1月7日(火)から11日(土)まで行われます。

 今年最初の船橋開催は1月7日(火)から1月11日(土)まで行われます。

 

 イベントなどは船橋ケイバのホームページをご覧ください。

 

 南関4場唯一通年ナイターをしている船橋競馬場。

 

 この開催は1レースの発走14時、メインレースの発走が19時15分です。

 

 どうぞ各自しっかり確認してお出かけください。

 

 

 先日、船橋競馬場を歩いていたら、待避所工事中でした。

 

 

 

 どんな仕上がりになるのでしょうか〜(^^)

 

 


女傑ジーナフォンテンの息子カジノフォンテン、強い!

 この船橋開催中に衝撃的な強さを見せたのが、上山と南関東で走った女傑ジーナフォンテンの息子カジノフォンテン(船橋・山下厩舎)です。ジーナお母さん譲りの栗毛で流星くん。

 

 

 

 12月12日船橋12レースで、張田昂騎手とのコンビで1番人気に推されていたカジノフォンテン。好スタートを切って先頭に立つと終始軽快に進め、最後の直線では楽な手応えで後続を大きく突き放し、2着のホワイトヘッドに2秒5差をつける大差勝ち。勝ちタイムは1700m1分46秒3(やや重)です。

 

 当初から素質の高さに定評はあり、クラシック戦線にも出走したものの、まだまだこれからの馬と言われていたカジノフォンテン。東京ダービー(6着)後は放牧休養に入り、帰ってきてからこれで3連勝。全て大差勝ちです。強すぎます。

 

 

 

 

 

 張田騎手にじっくりお話しを伺いました。

 

Q「今日もスピード違反でしたね(笑)」

A「すいません(笑)。今日も馬のリズムを崩さないように気をつけましたが、ペースを落としても折り合えるし、手応え自体は半端ないんですが、引っ掛かるという感じとは違うので、走っている感じはすごくいいんですよ」

 

Q「今日もノーステッキでしたか?」

A「次は1か月くらい間隔が空くし、体重も増えていたし、メンバーも変わってくるので、負荷をかけて今後に向けて追った感じを一度見たかったです。乗せてもらってから初めて気合いを入れてステッキも一発入れたんですが、ちゃんと反応してくれました。逆にゴール後は止まらなくなるくらいでした(笑)。距離は100m延びたところでそんなに変わらないのかなぁとは思っています」

 

Q「改めてこの馬の凄さはどんな所に感じていますか?」

A「初めてレースに乗せて頂いた時に、3〜4コーナーのスピード感がちょっと怖かったんです。時計が出ている怖さではなくて、この手応えでこのコーナーの回り方をするの?って。今まで味わったことのない感覚というか、初めての体験で、重賞を取る馬たちはこういうレベルなのかなぁって、未知の経験でちょっとびびっています。これでも今日が3戦目だったので慣れてきましたが」

 

Q「カジノフォンテンのお母さんはジーナフォンテン。張田騎手のお父様・張田京調教師が現役時代に主戦でした。その子供たちがこういう走りを見せてくれるのもドラマチックです」

A「そこはもちろん意識するところで、ジーナフォンテンの子供に乗って見たいなぁってずっと思っていたのですが、なかなか口に出せないことなので。ただ、休養を挟んでタイミングのいい時に乗せてもらうことになって本当にありがたいです。いろんな人の力があって乗せて頂いているので感謝しかないです。いい環境でさせてもらっていることは自覚しています」

 

Q「他厩舎の馬ではありますが、お父様の張田調教師も気にされているようですか?」

A「ちょうど攻め馬の時間帯に会うんですが、一言二言、声をかけられますね。親父も気にしてくれている感じです」

 

 

 

 この後は、1月9日に船橋競馬場で行われる準重賞・チバテレ盃(報知グランプリカップトライアル、1700m)から2月12日の報知グランプリカップ(船橋・1800m)を目指す予定だそうです。もし重賞を制することになるならば、カジノフォンテンも、山下調教師も、張田騎手も、記念すべき初タイトルの瞬間です。(担当はフリオーソの波多野厩務員)

 

 2005年の報知グランプリカップは、ジーナフォンテンと張田京騎手コンビが優勝。

 

 このまま無事に進んで、息子たちがその舞台で活躍する姿、うぉぉぉぉ、たまらない(^^ゞ

 

 


<新馬戦プレイバック>コウシ優勝!

 11月1日の船橋3レースはユーカリデビュー新馬。

 

 

 

 ここは、矢野貴之騎手エスコートの2番人気コウシ(船橋・佐藤賢厩舎)が2番手からの差し切り勝ち。勝ちタイムは1000m1分1秒9(重)。

 

 レース結果と動画はこちら

 

 コウシ 2歳セン馬 470キロ

 

 馬主 本間進様

 

 生産 栄進牧場様(浦河)

 

 父 キングヘイロー、母 エイシンドナウ、母父 グラスワンダー

 

 

 

 

 

 おめでとうございました!

 

 


<新馬戦プレイバック>マーヴェルクエスト優勝!

 11月1日に船橋競馬場で行われたユーカリデビュー新馬。

 

 

 

 2レースも繁田健一騎手騎乗馬が優勝。5番人気のマーヴェルクエスト(船橋・佐藤賢厩舎)が、ダッシュよくハナを切り、終始小気味いいフットワークで、最後は後続に5馬身差をつける完勝。勝ちタイムは1000m1分1分1秒1(重)。

 

 レース結果と動画はこちら

 

 

 

 マーヴェルクエスト 2歳牝馬 433キロ

 

 馬主 吉川朗様

 

 生産 橋本牧場様(新ひだか町)

 

 父がサウスヴィグラス、母は大井で長きに渡って走ったレーヴドベティ、母父がロックオブジブラルタル

 

 

 

 

 

 おめでとうございました!

 


<新馬戦プレイバック>カプリフレイバー優勝!

 11月1日に船橋競馬場で行われたユーカリデビュー新馬。

 

 

 

 1レースは、繁田健一騎手が手綱を取った1番人気カプリフレイバー(船橋・稲益厩舎)が、好スタートを決めて力強くハナを切って進めると、最後は2着馬に5馬身差をつける圧勝でした。勝ちタイムは1000m1分1秒8(重)。

 

 レース結果と動画はこちら

 

 

 

  カプリフレイバー 2歳牡馬 518キロ

 

 馬主 尾田信夫様

 

 生産 谷岡牧場様(新ひだか町)

 

 父 サウスヴィグラス、母 サクラスリール、母父 ファンタスティックライト

 

 

 

 

 

 おめでとうございました!

 

 


千葉県騎手会の年末ご挨拶

 2019年の船橋開催最終日に行われた千葉県騎手会の年末のご挨拶とボールの投げ入れ(プレゼントが当たるそう)。

 

 トラブルでマイクが使えない状態だったため、離れた場所ではしっかり聞こえなかったので、雰囲気をお楽しみください。でも、ボリュームあげると、何とか聞こえる感じですが、その時はイヤホンをしている方はお耳には十分気をつけてくださいね。

 

 司会は耳目社の泉悠介アナウンサー。

 

 ご挨拶は千葉県騎手会会長の左海誠二騎手。

 

 「今年もありがとうございました。通年ナイターになり2年目。ファンの皆さんも寒いと思いますが、僕たちも一生懸命頑張ります。来年は1月7日から始まりますのでよろしくお願いします」(左海騎手)。略すと、こういう内容のご挨拶をしていたと思われます。

 

 

 


9歳コハルボルト、お疲れ様でした!

 2012年11月に船橋競馬場でデビューしたコハルボルト(船橋・佐藤賢厩舎→船橋・宮下靖厩舎)。

 

 2歳、3歳、4歳、5歳、6歳、7歳、8歳、そして、9歳。

 

 2019年12月9日船橋1レースで、實川純一騎手が手綱を取り、9歳卒業ラストランになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 これが92戦目、長きに渡って本当にお疲れ様でした!

 

 


プロフィール
カレンダー
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode