川崎競馬場の無料送迎バスについて。

 川崎競馬場のホームページに、無料送迎バスの時刻表などが出ていました。

 

 事前にわかっておくと、とても便利ですね。

 

 詳しいことはこちら

 

 


4月2日競走中止について。

 昨日の川崎では、ポエタリリカ(保園翔也騎手、浦和・山越厩舎)が競走中止をしました。

 

 川崎競馬によると、左前球節脱臼を発症し、亡くなったそうです。

 

 ご冥福をお祈りします。

 

 騎乗していた保園騎手は無事だったそうです。

 

 


川崎のスパーキングナイターが始まっています!

 さぁ、今年度も川崎競馬場のスパーキングナイターが始まっています!!!

 

 

 

 イベントもいっぱい!

 

 詳しいことはこちら

 

 今日は、京急創立120周年を記念した、京急グループ初の「全レース京急グループジャック!」中の川崎競馬場です。

 


瀧川寿希也騎手について。

 今日の浦和競馬では、瀧川寿希也騎手が騎手負傷のために騎乗変更しました。

 

 腰痛のために今日は大事を取ってお休みしたそうです。

 

 (記事協力 浦和競馬)


あ、藤江渉騎手だっ!

 怪我から復帰し、また怪我(肝損傷、左坐骨骨折)というアクシデントが続いていた川崎の藤江渉騎手が、

 

 昨日の大井開催から復帰していますよ。

 

 「もう大丈夫!」と藤江騎手。

 

 

 

 鉄人ですね、すごいなぁ〜☆

 

 あとはこのまま無事に乗り続けていけますように〜!

 

 


とりあえず生!

 皆さんは、とりあえず生ビール派ですか?

 

 わたしはカルピスサワーや生グレープフルーツサワー派だったのですが、数年前からビールが飲めるようになったので、

 

 今は『とりあえず生』派です(*^-^*)

 

 

 

 こちらは、お馬さんの『トリアエズナマ』

 

 

 

 

 

 詳しいことは日曜日コラムに書かせてもらいました(^^)/

 

 


(追記あり)3月2日川崎騎乗変更について。

 今年度の川崎開催が終わりました。

 

 今日の最終日も騎乗変更が多く出ました。

 

 詳しいことはこちら

 

 疾病は、庄司大輔騎手、本田正重騎手

 

 家事都合が、繁田健一騎手

 

 負傷は、藤江渉騎手(症状はこちらを)

 

 そして、森泰斗騎手も後半11レースから負傷のために騎乗変更しました。

 

 競馬場での所見では、左第5趾打撲、同外顆部打撲とのこと。

 

 

 (記事協力 川崎競馬)

 

 

 追記あり

 

 森騎手が自身のツイッターで状況を綴っていますよ。とても残念ですが、早く治りますように。

 

 

 

 


エンプレス杯、アンジュデジール優勝。

 昨日行われたエンプレス杯は、横山典弘騎手騎乗の4番人気アンジュデジール(中央・昆貢厩舎)が制しました。昨年のスパーキングレディーカップに続く2つ目のタイトルです。そして、横山騎手がエンプレス杯を優勝したのは、1995年と1996年にホクトベガで制して以来22年ぶり。

 

 

 

 全頭パドック↓

 

 

 

 

 

 

 レース結果&動画

 

 2002年東京プリンセス賞馬サルサクイーンの愛娘サルサディオーネが逃げる形になり、2番手にはプリンシアコメータ、アンジュデジールは内の3、4番手を追走。最後までサルサディオーネは粘っていましたが、外目に持ち出して進出したアンジュデジールが、ゴール前にグイッと抜き去って先頭でゴール。勝ちタイムは2分16秒3(良)。

 

 2着にはプリンアコメータ、3着がハナ差でサルサディオーネ。地方最先着は4着のラインハートでした。

 

 

 

昆調教師

「距離が2100mだったので絶対的な自信はありませんでしたが、短期放牧を挟んで、いい状態で出られるなぁとは思っていました。最近だらしない競馬が続いていたのでいい結果を出すことができてよかったです。上のクラスでやれる力は持っている馬です。スパーキングレディーカップ連覇を目指して、そこに向けたローテーションを組んでいきたいです」

 

横山騎手

「イメージ通りのレースができましたが、もし違うことがあるとすれば、馬の状態ですね。ずっと使ってきても状態はいいなぁと思っていましたが、今回は一息入れたことでリフレッシュができていて、自分が思っていた以上に休み前よりも雰囲気がよかったです。これまでは最後にモタモタするところがありましたが、今日はすごい切れ味でした。まだまだよくなると思うのでこれから楽しみです」

 

 

 エンプレス杯優勝おめでとうございます。

 

 アンジュデジール 4歳牝馬

 

 馬主 安原浩司様

 

 生産 辻牧場様(浦河)

 

 父 ディープインパクト、母 ティックルピンク、母父 フレンチデピュティ

 

 中央・昆貢厩舎

 

 

2着 プリンシアコメータ 岩田康誠騎手

「自分の競馬はできましたが、(3〜4コーナーで)置かれた分の差が出ましたね」

 

3着 サルサディオーネ 丸山元気騎手

「ペースを作りながらリズムよくイメージ通りの競馬はできました。左回りの方が走りはいいですね」

 

4着 ラインハート 笹川翼騎手

「折り合いを考えるとハミを取らないように、1200mの競馬で差すイメージでした。思っていたような競馬はできたし、こういう条件(小回り・2100m)もこなしてくれたのはうれしいです。差はつまってきています」

 

10着 ステップオブダンス 森泰斗騎手

「折り合いもついていい感じで運べたんですが、勝負所で置かれてしまいました。前回もそうでしたが、寒い時期はよくないのかな……巻き返します」

 

 


藤江渉騎手について。

 川崎の藤江渉騎手の騎乗変更が続いています。

 

 川崎競馬によりますと、

 

 藤江騎手は2月27日の川崎6レースでゲート入りの際、騎乗馬が転倒し、その下敷きになってしまったそうで、救急車で病院に搬送されたそうです。

 

 病院での診断は、肝損傷、左坐骨骨折とのこと。

 

 藤江騎手は怪我から復帰したばかりだったのですが……自身が一番つらいですね。

 

 またレースでお会いできるのを待っております。早く治りますように。


そして……。

 

 モダンウーマン(川崎・佐々木仁厩舎)も、ひと足先に、小向トレセンを出発しました。先日お見送りに行ってきたので、その様子は後ほど綴らせてください。

 

 モダンウーマンも、本当にすごい馬でした。そして、とてもとてもかわいかった。。。

 

 

 

 みんなお母さんになるというおめでたい引退なのですが、やっぱり、寂しくて。。。

 

 


プロフィール
カレンダー
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode