エンプレス杯、南関勢を振り返る。

 エンプレス杯は中央のワンミリオンスが優勝しましたが(記事はこちら)、

 

 南関勢は2頭が掲示板を確保。吉原寛人騎手エスコートのクリムゾンルージュの愛娘リンダリンダ(大井・荒山厩舎<小林>)が地方最先着の2着。瀧川寿希也騎手のポッドガゼール(川崎・八木喜厩舎)は4着でした。

 

 

 2頭とも前走のTCK女王盃と同じ着順ですよ……。

 

 

 

 リンダリンダから振り返りましょう。

 

 

 

 レースはハナに行く展開になり、「リズムよく走らせたかったので、ハナに行くのは想定内でした」と吉原騎手。

 

 スローペースの中で、スタンド前を通過する際にはヴィータアレグリアとワンミリオンスがリンダリンダを抜き去って先頭に変わり、リンダリンダは3番手に下がりながらも我慢をしながら走り続けました。

 

 「ペースが落ち着いたところでこられてしまいましたが、これも競馬なので。ちょっと(ハミを)噛むところはありましたが、自分のリズムは守って、その後もいい感じに走ってくれたと思います」(吉原騎手)。

 

 

 最後の直線に入るところでは前の2頭に離されるシーンもありましたが、あきらめないで食らいつき、ゴール前にはヴィータアレグリアを交わし、優勝したワンミリオンスの2馬身差の2着に入りました。

 

 「左回りは外にもたれるところもありますが、しっかり脚は使ってくれました。距離も問題はないですし、力のあるところは見せてくれたと思います」(吉原騎手)。

 

 

「リンダは確実に成長してくれています」と荒山調教師もレース後にリンダの力走を労っていました。

 

 昨年12月のクイーン賞では51キロの斤量をもらいながらも、前とはかなり差が開いての4着。あれから3か月が経ち、今では同じ斤量を背負いながらも、中央馬たちと堂々と戦っています。

 

 前はスムーズじゃないと力が発揮できないこともありましたが、今日は道中交わされてもちゃんと我慢をしながら最後までしっかりと走り切った姿は、何よりの成長の証だったと思います。

 

 リンダ、本当に立派です。馬の成長ってすごいです。

 

 そして、東京シンデレラマイルに続いて、TCK女王盃、このエンプレス杯と、3連続2着。勝ち切れないという部分はありますが、何より高いレベルで崩れないでちゃんと毎回走れるのも強さだと思います。

 

 あと、もう少し……もう少し……。ダートグレードレースの肩掛けまで、もう少し……。

 

 

 まだ伸びしろがあるのは陣営も感じていることなので、今後さらにどんな変化ある走りを見せてくれるのか期待したいです。

 

 なお、厩舎の先輩ララベルも放牧休養から帰って来たそうですよ。頼もしい!

 

 

 

 そして、いつもは後ろからのイメージがあったポッドガゼールは道中4、5番手から進めていき、最後は脚を伸ばしてきて馬体を併せたタイニーダンサーを差し切りました。ポッドガゼールも本当に立派です。

 

 

 

 「勝つつもりで乗っていましたし、今日はスタートから出していっていつもより前目の位置を取りました。左回りはササるところもありますが、折り合いも大丈夫で成長してきていますね。(いつもより出していった分)最後はどうなるかなとも思ったんですが、勝負根性を出していい脚を使ってくれました」と瀧川騎手。

 

 ポッドガゼールもこれからが楽しみになる一戦になりました。

 

 

 


エンプレス杯が行われます。

 さぁ、今日は全国から牝馬たちが勢揃いをするエンプレス杯。

 

 2007年に女傑トーセンジョウオーが制して以来、

 

 南関勢の優勝はありません。

 

 今年こそは、今年こそは……。

 

 その南関筆頭格はクリムゾンルージュの愛娘リンダリンダ(吉原寛人騎手、大井・荒山厩舎<小林>)。

 

 前走のTCK女王盃は優勝馬から0.1秒差の惜しい2着となり、ダートグレードレースでも戦える大きな手応えをつかんだ一戦にもなりました。

 

 「前走は頑張ってくれたと思うし、レース後も馬は元気で疲れもそこまでありませんでした。状態は維持しています。この距離はリンダにとってはちょっと長いかなという気もしますが、掲示板確保をしたいです」と荒山調教師。

 

 荒山調教師らしいコメントではありますが、掲示板というのは、5着もでそうけど、1着もだよね、という話しになりました(^-^) もちろん大きな期待を持って送り出してきますよ。

 

 ただ、リンダ自身はまだこれからよくなっていく手応えは陣営も持っているそうです。ほんと、一戦ごとに強くなっている印象ですからね。まだ4歳になったばかり。今の段階でどのくらい走れるのか、そして今後はさらにどんな風に進化していくのか。リンダの走りはこれからもずっとずっと注目したいです。

 

 昨年の3歳牝馬は、今改めて振り返ると黄金世代だったなぁと思います。ミスミランダーがいて、モダンウーマンがいて、リンダリンダもいて、ディーズプリモ、スアデラなどなど。

 

 もちろんその中にはTCK女王盃4着に入ったポッドガゼール(瀧川寿希也騎手、川崎・八木喜厩舎)も入りますものね。ほんと、すごい豪華な世代だったんだなぁって。このエンプレス杯と同距離で行われたロジータ記念は、ミスミランダー、リンダリンダに続く走りで3着。爆発力のある末脚で一発を秘めています。

 

 「状態はいい意味で変わらない。最近は落ち着いて折り合いもつくようになってきたのはいいし、中央馬が入る流れは速くなってくれるのでいいと思う。いつも通り末脚を生かす戦いで」(八木調教師)。

 

 

 前走のTC女王盃は移籍初戦を6着に入ったハナズリベンジ(矢野貴之騎手、大井・阪本厩舎)。勝ち馬から1秒3差で、陣営にとっても今後に向けて収穫を得た一戦になりました。

 

 「前回の追い切りはもたもたしていたところがあったけど、今回は解消されて動きが変わってきた。距離は中央の時も走っているので問題はないと思うけど、跳びが大きい馬だけに小回りをどう対応してくれるのかは気になるところだね。前回とメンバーも大きく変わらないし、休み明けでもそれなりに走ってくれたので、今回はもっと上を目指したい」(阪本調教師)。

 

 

 関東オークス3着に入り、昨年のエンプレス杯も勝ち馬から1秒2差の6着と、ダートグレードレースでも立派に戦っているトーセンマリオン(赤岡修次騎手、浦和・小久保厩舎)。どんな相手とでも堅実に走れるのも魅力です。

 

 「能力はある馬だから、展開次第では交流でもやれる力はあると思う」と小久保調教師。

 

 

 さらには、JBCレディスクラシック5着の実績があるリュウグウノツカイ(藤江渉騎手、川崎・田邊厩舎)、これが重賞初挑戦となるスラリーアイス(坂井英光騎手、浦和・山越厩舎)も参戦。

 

 

 森泰斗騎手は中央のヴィータアレグリア、中野省吾騎手は笠松のタッチデュールに騎乗します。

 

 

 南関がんばれ〜(炎)

 

 出走全人馬無事に。 

 

 

  


川崎開催二日目の金子正彦騎手。

 

 この川崎開催で引退する金子正彦騎手。

 

 川崎開催二日目。。。

 

 

 

 

 

 

 

3月1日川崎開催三日目の騎乗は、3レースと12レースの2鞍です。

 

 


川崎開催初日の金子正彦騎手。

 今日というか、もう昨日にはなってしまいましたが、

 

 川崎開催初日の金子正彦騎手。

 

 

 

 

 

 2月28日川崎開催2日目は、3レース、5レース、8レース、12レースに騎乗。

 

 金子騎手のラスト騎乗&引退セレモニーは3月3日予定です。

 

 

 


金子正彦騎手、ラスト開催

 川崎の金子正彦騎手は、この川崎開催で引退することになったそうです。

 

 東京ダービー馬サイレントスタメンや浦和記念を制したモエレトレジャーなどでも、たくさん魅せてくださった金子騎手。

 

 あまりにも存在の大きかった金子騎手の引退はとても寂しいですが、ご自身が決めたことですから……。

 

 枠順が出ているところでは、

 

 初日は、4レース、6レース、7レース、11レース。

 

 2日目は、3レース、5レース、8レース、12レース。

 

 3日目は、3レース、12レース。

 

 ラスト騎乗は川崎開催最終日になるそうです。

 

 詳しいことは川崎競馬のホームページで発表されると思います。

 

 カツマルくん情報によると、引退セレモニーも行われるそうですよ。

 

 

 

 

 金子騎手のラスト開催、やっぱり寂しいです……。

 

 


伊藤裕人騎手が復帰します。

 元旦の調教中に左手中指を骨折してお休みしていた川崎の伊藤裕人騎手。

 

 今日からレース復帰します。

 

 枠順が決まっているところでは、今日5レースと明日1レースに騎乗。

 

 またガッツあふれる騎乗を楽しみにしております! 

 

 

 


川崎開催が始まります!

 さぁ、川崎開催が今日から始まりますよ。

 

 イベントなどはこちらで確認してください。

 

 今日9レース終了後には、先日地方通算2000勝を達成したばかりの吉原寛人騎手の表彰式も行われるそうです。

 

 川崎開催楽しみた〜い!


エンプレス杯の枠順が出ました。

 3月1日(水)に行われるエンプレス杯(川崎2100m)の枠順が出ましたあ!!!

 

 こちら

 

 南関東の大注目馬クリムゾンルージュの愛娘リンダリンダ(大井・荒山厩舎<小林>)は、吉原寛人騎手の手綱で、7枠11番。

 

 TCK女王盃は惜しくも2着。

 

 今度こそ、

 

 今度こそ、

 

 今度こそ!!!

 

 

 


ユングフラウ賞に向けての1枚〜アップトゥユー〜

 桜花賞に向けての大切な1戦、ユングフラウ賞が近づいてきましたね。

 

 有力候補の1頭、グランダムジャパン2歳シーズンチャンピオンホースのアップトゥユー(川崎・佐々仁厩舎)。

 

 最終追い切りを終えてからの乗り出し日の昨日、トレーニングを積んでいました。

 

 調教パートナーは増田充宏騎手です。そのワンシーンを↓

 

 

 

 

 小向トレセン名物横断歩道も元気に渡って無事に終了〜!

 

 


山崎裕也調教師がマイナビ進学に!

 今、いろんな関係者のフェイスブックでも話題になっていますが、

 

 川崎の山崎裕也調教師が、マイナビ進学に登場していますよ。

 

 自分の進路を見つけるための高校生に向けた情報サービスサイト。

 

 こちらこちらに記事が出ております。

 

 高校生に向けたサイトでも、競馬ファンの皆さんも非常に興味深くご覧になれますよ。

 

 わたしも、感動してしまった。。。

 

 ホースマンやホースウーマンになりたい人が増えるだろうな。

 

 

 

 

 

 

  

 

 


プロフィール
カレンダー
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode