船橋ケイバフォトコンテスト2019「平成の船橋ケイバ」、ご存知ですか?

 応募締め切りが迫っている関係もあるので、このタイミングでご紹介させてください!

 

 皆さんは、船橋ケイバフォトコンテスト2019「平成の船橋ケイバ」、ご存知ですか?

 

 船橋競馬場がフォトコンをするのは初めての試みですよね?

 

 船橋競馬場は来年2020年に70周年を迎えるそうです。広報のお話しでは、来年の施設改修で取り壊し予定のスタンドを含めた平成の船橋ケイバの景色を、令和の新時代に受け継ごう!というものだそうです。

 

 今の姿が見納めになるのは寂しいですが、未来に向かっていく船橋競馬場の姿を想像するのもワクワクしますね!

 

 この写真は、船橋市役所のロビーで1週間展示されるそうで、そこで投票され、グランプリを決めるという、「船橋市民の皆さん」が審査員になるそうです。

 

 応募は、四つ切りのカラーかモノクロ、または、写真データで。

 

 締め切りは、7月12日(金)到着分まで。

 

 メールによるデータでの応募は18日(木)到着分まで受け付けるそうです。メールでデータを応募する方は、14日(日)から17日(木)までの船橋開催で撮影をして、お気に入り写真応募することも可能になりますね。14日(日)と15日(祝)はお休みの方も多いでしょう!

 

 詳細は船橋ケイバのこちらのページで確認してください。

 

 

 平成の船橋競馬場……

 

 わたしが写真を応募するならば……

 

 船橋競馬場で長きに渡って誘導馬を務めたダーラー、勝手に「ぶつぶつ君」と呼んでいました(^^; わたしがこの世界に入った1999年にはすでにベテラン誘導馬さんと記憶していて、30歳くらいまでお仕事頑張っていたんですよね。わたしにとって、ぶつぶつ君は永遠の誘導馬(^^)

 

  

 

  

 

 

 さぁ、皆さんはどんな写真を応募しますか?(*'▽')

 

 


6月21日船橋6レース新馬、スティローザ優勝!

 6月21日船橋6レースのライラックデビュー2歳↓

 

 

 

 ここは、赤岡修次騎手がコンビを組んだ1番人気スティローザ(船橋・矢野義幸厩舎)が制しました。道中は3番手から、勝負所で反応よく上がっていくと、最後は軽快に逃げていたオニキリマルを2馬身半差交わしたところがゴール。

 

 勝ちタイムは1000m1分1秒0(良)。この日の3鞍あった新馬戦で最速。2着のオニキルマルも1分1秒5で駆けています。

 

 

 

 馬主 (株) Nicks様

 

 生産 静内山田牧場様(新ひだか町)

 

 父はトランセンド、母がロサガリカ、母父はフレンチデピュティ、伯母がナターレです。

 

 2歳牝馬、480キロ

 

 

 

 

 

 おめでとうございました!

 


6月21日船橋5レース新馬、レインボーマックス優勝!

 6月21日船橋5レースのライラックデビュー2歳↓

 

 

 

 ここを制したのは、本橋孝太騎手がエスコートした3番人気レインボーマックス(船橋・石井勝男厩舎)。先手を取っていくと、そのリードは直線でグングン広がっていき、2着馬に大差をつけての勝利。勝ちタイムは1000m1分1秒9(良)。

 

 レース結果と動画はこちら

 

 

 

 馬主 飯田総一郎様

 

 生産 増本牧場様(新ひだか町)

 

 父 アドマイヤマックス、母 ケリーメイ、母父 アグネスデジタル

 

 2歳牝馬、414キロ。

 

 

 

 

 

 おめでとうございます!

 


6月21日船橋4レース新馬、ブルームヴォーグ優勝!

 6月21日船橋4レースはライラックデビュー2歳↓

 

 

 ここは、繁田健一騎手騎乗の2番人気ブルームヴォーグ(船橋・佐藤賢二厩舎)が制しました。出鞭を入れて3番手から進めていき、4コーナーではごちゃっとしかところもありましたが、間から抜け出しました。2着のジーガーロンシャンにクビ差。勝ちタイムは1000m1分2秒1(良)。

 

 レース結果と動画はこちら

 

 

 

 馬主 (有) エッジ様

 

 生産 中島牧場様(浦河)

 

 父がパイロ、母のシラヤマヒメは北海道から大井へきて、関東オークス3着などに入りました。初仔から新馬勝ち馬誕生!母父はサクラローレル。

 

 2歳牡馬、480キロ。

 

 

 

 

 

 おめでとうございました!

 

 


山浦武調教師、お疲れ様でした!

 船橋の山浦武調教師が引退されます。

 

 山浦調教師と言えば、騎手から調教師になり、ジーナフォンテンやプルザトリガー、ツクシヒメ、ブライズメイト、ユニークステータスという重賞勝ち馬たちを手掛けてこられたことはあまりにも有名です。

 

 6月21日船橋11レース、2008年東京プリンセス賞馬ブライズメイトの息子ハニームーンが、管理馬としてのラストレースに出走。

 

 

 

 「まだ実感がわかないですし引退する年でもないかもしれませんが、親父が調教師をしていて物心がついた頃から厩舎で暮らして、騎手になったのも16歳で、ずっと働いてきたので……。調教師になってからは重賞もたくさん勝たせて頂いて、いい人生だったと思っています。本当にありがとうございました」(山浦調教師)。

 

 今後は馬の世界からは離れるそうですが、ご近所住まいということもあって、「(競馬場に)フラッと遊ぶに来ようかな?」と山浦調教師。船橋競馬場は山浦調教師の故郷ですもんね。またお会いできるのを楽しみに……。

 

 

 

 山浦調教師、大変お世話になりました。ありがとうございました。

 

 


横川尚央騎手、お疲れ様でした。

 こちらでもお伝えしたように、船橋の横川尚央騎手が引退することになりました。

 

 6月20日は横川騎手がレースに騎乗した最後の日。私はどうしても別件の取材で船橋競馬場へ行けなかったので、千葉県競馬組合からお写真を提供して頂きました(レース写真3枚)。ありがとうございます。

 

 1レースのコパノオーロ(船橋・新井厩舎)に騎乗し、7番人気ながらも2着!

 

 

 

 

 

 

 

 この後の具体的な予定は未定ということですが、いろんな世界を見てみたいということで、これからの横川騎手が幸せな人生を送れますように。

 

 「今までありがとうございました。これからは兄(大井の横川怜央騎手)を応援しますので、皆さんも兄を一緒に応援して頂けるとうれしいです」と、兄思いの横川騎手。

 

 

 

 

 なおくん、お疲れ様でした!

 


10歳バースフォンテン、お疲れ様でした!

 お伝えしたように、A1の10歳馬バースフォンテン(船橋・波多野厩舎)が、6月18日船橋11レースの短夜賞に出走し9着。これがラストランでした。

 

 2012年6月22日船橋競馬場で3歳デビュー。

 

 船橋を中心にスピードあふれる走りを続け、

 

 3歳、4歳、5歳、6歳、7歳、8歳、9歳、そして10歳。通算17勝。

 

 南関生え抜きでA1にまで上り詰めることができる馬はほんの一握り。南関東でここまで長い間現役を続けられたのは、本当にすごいことです。

 

 「生まれて3か月くらいの時に牧場さんで見ていますが、ちょっと小さいけどバランスのいい馬だなぁと思いましたね。最初は線の細い印象でしたが、だんだんに筋骨隆々になって成長しました。テンのスピードもすごかったですがスタミナもあって、そこはゴーカイの血を受け継いでいるのかなと。

 

 うちに来てからは約1年でしたが、昨年末に2着になったレースがとても印象深いですね。これまでご苦労様でした」(波多野調教師)。

 

 

 ラストレースは、デビュー戦で騎乗した西村栄喜騎手が手綱を取りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この後は、福島県で野馬追などに出場予定ということですよ。

 

 

 

 バースフォンテン、お疲れ様でした!

 

 72戦17勝2着12回3着8回

 

 

 

 

 


ヒガシウィルウィン、北海道へ。

 3歳でNARグランプリ年度代表馬に輝くなど、南関東の重賞戦線において欠かせない存在だったヒガシウィルウィン(船橋・佐藤賢厩舎)。

 

 デビュー地の北海道・角川厩舎へ、お帰りになりました。

 

 2017年1月から南関東へ移籍し、

 

 ニューイヤーカップを皮切りに、京浜盃、東京ダービー、ジャパンダートダービー、サンタアニタトロフィーとタイトルを獲得。

 

 南関東の一員になってから約2年半。

 

 船橋競馬場に行けばヒガシウィルウィンがいて……。

 

 南関東の重賞レースにはヒガシウィルウィンがいて……。

 

 そういう時間を重ねてきただけに、

 

 やっぱり、寂しいですね。。。

 

 

 

 

 

 

 

 ヒガシくん、いっぱいいっぱいありがとうございました!

 

 これからも、元気で、健康に、幸せに!

 

 

 

 

 

 

 


6月19日船橋3レース競走中止について。

 6月19日船橋3レース

 

 ワンダフルワンダー(寺島憂人騎手、浦和・内野厩舎)が競走中止しました。

 

 右下腿骨骨折で、亡くなったそうです。

 

 (記事協力 船橋競馬)

 

 

 


横川尚央騎手、ラスト騎乗。

 船橋の横川尚央騎手が引退することになりました。

 

 6月20日船橋1レースと2レースがラスト騎乗。

 

 「数年前から今後について考えてきましたが、ずっと決断できませんでした。今年25歳になるし、できるだけ早く別の世界も見てみたいなという気持ちも強くなっていきました。

 

 朝の調教の後に、自分が調教に乗っている馬たちに会いに馬房へ行くのですが、その時に触れ合っている時間はとても癒されて楽しかったです。ここまで自分なり頑張ってきたなって思っているし、未練はありません」(横川騎手)。

 

 

 

 横川騎手と兄弟子の笠野雄大先輩をパチリ。

 

 今後についてはまた明日書かせて頂きます。

 

 寂しくなるなぁ。。。

 

 


プロフィール
カレンダー
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode