赤岡修次騎手について。

 昨日の大井開催では、赤岡修次騎手が疾病のためにお休みしました。

 

 左前十字靭帯損傷、左膝関節捻挫とのこと(大井競馬発表)。

 

 南関東の市川マネージャーのお話しでは、前日のレースで馬から下りる際に古傷を痛めたようです。

 

 赤岡騎手の期間限定騎乗は7月13日までですが、この期間に復帰する意思はあるそうなので、復帰の際はお知らせします。

 


第64代東京ダービー馬ハセノパイロ!!!

 昨年8月8日に船橋競馬場からデビューしたハセノパイロ(船橋・佐藤賢二厩舎)。

 

 普段から大人しくておっとりさんのハセノパイロ。新馬戦の時からメンコもしないで、厩務員さんたちから引っ張られて歩いてた(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 この時は惜しくも2着に敗れてしまいましたが、最後に見せた末脚は、ハセノパイロの将来を予感させるものだったのかもしれません。。。

 

 その後、ハイセイコー記念を優勝し、全日本2歳優駿3着に入り、NARグランプリ2歳最優秀牡馬を受賞。

 

 その後、ニューイヤーカップで大敗し、放牧休養明けで挑んだ羽田盃は5着。でも、羽田盃は3着に入り、東京ダービーは関係者も手応えをつかんでの参戦になりました。「NARグランプリ受賞馬としての意地を見せたい」と佐藤賢二調教師。

 

 

 

 東京ダービーは出走するのも本当に本当に大変なレースです。一生に一度のそんな記念すべきレースに選ばれた16頭。みんなすばらしい姿でした。この東京ダービーに向けて作り上げた関係者の作品、動画に収めました。激しい雨が降り続けていましたが、これも忘れられないダービーになりそうです。↓

 

 

 

 

 デビューした頃と体重は5キロしか違わないハセノパイロの姿。あれから10か月の月日が流れ、目に見えて馬も変わりました。

 

 

 

 担当は東京プリンセス賞馬サルサクイーンを手掛けている林厩務員です。そして、お手伝いで引いていたのは昨年の東京ダービー馬ヒガシウィルウィンを手掛ける秀島厩務員。

 

 

 

 

 

 レース結果と動画

 

 レースはナムラバンザイが逃げる中、ハセノパイロは5番手外目を追走し、3〜4コーナーで進出。最後の直線で先頭に立つと、クリスタルシルバー、クロスケ、モジアフレイバーも並びかけていき、最後は4頭が横一直線になり、叩き合い。

 

 みんな、

 

 がんばれ!

 

 がんばれ!

 

 がんばれ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っ!

 

 みんな勝って〜〜〜〜〜〜〜〜〜!

 

 

 

 

 

 ハセノパイロ、東京ダービー馬に!矢野貴之騎手、ダービージョッキーに! 

 

 

 

 1着ハセノパイロ、2着クリスタルシルバー、3着クロスケ、4着モジアナフレイバー。クビ、クビ、ハナ差。5着にはリコーワルサー。今年の東京ダービーは1着から5着までが南関東デビュー馬が入りました。ハセノパイロの勝ちタイムは2000m2分6秒7(重)。

 

 検量前に引き返してきたみんなの姿↓

 

 

 ハセノパイロの調教パートナーの一人でもある山本聡紀騎手の姿もありますよ。

 

 口取り撮影の前、ハセノパイロに抱きついていた矢野騎手↓

 

 

矢野騎手

「ぶっちゃけ実感はまだないですが、ホッとしています。こんな気持ちがいい雨はないなぁって思っています。3〜4コーナーの手応えがものすごくよかったので強気にのったんですが、直線はやっぱり(仕掛けが)早かったかなと思うところもあったんですが、何とかしのいでくれとそれだけでした。

 

 恥ずかしいですが、直線は頭が真っ白になりました。この距離で強い競馬をしてくれたのでさらに夢も広がります」

 

佐藤調教師

「競馬に携わっている人たちはダービーを目標にしているので、何度勝ってもうれしいですね。状態は上向いていたしいい勝負はしてくれると思っていました。最後は何とか交わしてくれと見ていましたが冷や汗ものでしたね。次はジャパンダートダービーになると思います。強い中央馬も来るでしょうが、鍛えていきます」

 

 佐藤賢二厩舎は昨年も東京ダービーをヒガシウィルウィンで制しているので2年連続での勝利。偉大なる厩舎の先輩トーシンブリザードもいれると3頭目。

 

 ハセノパイロが強いことは去年でもちろん証明はしているのですが、今年に入って結果の出ないレースも続いただけに、この短期間でそれを持ち直して、この大一番をしっかりモノにしたのは、ほんとすごいなぁと思います。

 

 

 

 大人しくてのんびり屋さんのハセノパイロ。肩掛けポーズも決まっていましたよ。かっこいいなぁ〜。

 

 

 

 矢野騎手には改めてお話しを伺って、大井競馬のホームページなどで紹介しようと思っています。

 

 矢野騎手が表彰式と取材などを終えて調整ルームに帰ろうとした際に、「足の力がもう入らない。ヨレヨレ〜」って言っていました。昨年の南関東リーディング。これだけの勝ち星を挙げている矢野騎手にして、レース中に頭が真っ白になり、レース後はヨレヨレ。。。ダービーって、やっぱり特別なレースなんだぁと改めて実感させてもらいました。

 

 ハセノパイロ、関わってきた全ての皆さん、そんな関わってきた人たちを支えてきた全ての皆さん、本当に本当におめでとうございました!

 

 東京ダービー優勝 ハセノパイロ 3歳牡馬

 

 馬主 長谷川文夫様

 

 生産 広中稔様(日高町)

 

 父 パイロ、母 タイキアヴェニュー、母父 ティンバーカントリー

 

 

 

 ナムラバンザイ、プロミストリープ、トーセンブル、モジアナフレイバー、

 

   ヤマノファイト、リコーワルサー、スプリングマン、クロスケ

 

   キングオブポップ、マースインディ、フレアリングダイヤ、クリスタルシルバー、

 

   ドンビー、ハセノパイロ、ワグナーコーヴ、ユニバーサルライト

 

 みんな本当に本当に本当にお疲れ様でした!

 

 

 


速報、東京ダービー結果。

 先ほど大井競馬場で行われた第64回東京ダービーは、矢野貴之騎手が騎乗した2番人気ハセノパイロ(船橋・佐藤賢二厩舎)が制しました。5番手からの差し切り勝ち。

 

 2着のクリスタルシルバー、3着のクロスケ、4着のモジアナフレイバーは、クビ、クビ、ハナ差の大激戦。こまでくると、みんなに勝って欲しいと思うようなレースでした。。。みんな本当に本当にすごかった(涙)

 

 

 

 

 

 レース結果と動画

 

 ぜひ動画を見てください。。。

 

 わたしが撮影していた角度ですと、ハセノパイロの矢野騎手がガッツポーズをしているけど、クリスタルシルバーの馬主様の勝負服を着た的場文男騎手が出ているように見えますね。。。的場騎手は東京ダービー2着10回を記録?!

 

 

 

 ただ、今年の東京ダービーは、最初のポジション取りの時に……力を出し切れない馬たちもいたことはとても切なくなりました。改めて競馬はみんな悔いなく走り終えることは難しいなぁと痛感。。。

 

 今年の東京ダービーが終わりました。また改めて振り返ります。

 

 まずは、ハセノパイロ、関わってきた全ての皆さん、いっぱいいっぱいおめでとうございます!!!

 

 

 


東京ダービー、みんな無事に、後悔のないように!

 今年で64回目の東京ダービー、一生に一度の記念すべき舞台に上がる16頭。

 

ナムラバンザイ

 

プロミストリープ

 

トーセンブル

 

モジアナフレイバー

 

ヤマノファイト

 

リコーワルサー

 

スプリングマン

 

クロスケ

 

キングオブポップ

 

マースインディ

 

フレアリングダイヤ

 

クリスタルシルバー

 

ドンビー

 

ハセノパイロ

 

ワグナーコーヴ

 

ユニバーサルライト

 

みんな無事に、後悔のないように!

 

発走は20時10分

 

 


東京ダービー変更情報。

 今日は金沢の吉原寛人騎手が疾病のために騎乗変更となりました。

 

 東京ダービーのキングオブポップをはじめ騎乗変更が出ていますので、こちらで確認ください。

 

 東京ダービーは吉原騎手から石崎駿騎手への変更が発表されました。


東京ダービーの枠順発表!

 6月6日(水)に大井競馬場で行われる第64回東京ダービーの枠順が発表されました。

 

 晴れの舞台に登場する16頭は、こちら

 

 東京ダービーと言えば、的場文男騎手。

 

 今年はクリスタルシルバー(大井・村上厩舎)の手綱を取ることになりました。的場騎手はクリスタルシルバーのお母さんマルヨシロワインの現役時代に乗ったこともありましたよ。

 

 東京ダービー37回目の騎乗、2着9回。大井競馬調べでは、27回目の連続騎乗だそうです。この記念すべきレースに騎乗依頼が入り続けているというのもすごいことです。27年前なんて、まだ生まれていない大井ジョッキーズも多いですから(^^;

 

 ひとまず、今年の東京ダービーの枠順じっくりご覧ください。


東京ダービーの枠順発表は、今日6月3日。

 おはようございます。

 

 6月6日(水)に実施される東京ダービーの枠順は、今日6月3日(日)が発表です。

 

 いつもの感じですと、お昼前には発表されているでしょうか。。。

 

 東京ダービーと言えば、的場文男騎手……。

 

 みんなが気になる的場騎手の騎乗馬。

 

 そして、先日書かせて頂いた出走馬の予定騎手変更などは、その枠順でご覧になって頂ければと思います。

 

 東京ダービーの枠順発表は、今日です。今日!!!

 

 

 関連コラムで、船橋勢の表情です。こちら

 

 

 


東京ダービーについて。パート2

 先日、東京ダービーの出走予定馬&予定騎手について、こちらに書かせて頂きました。

 

 その後の続きです。(順不同)

 

 クロスケ(大井・柏木厩舎) 笹川翼騎手予定

 

 ユニバーサルライト(船橋・佐藤裕厩舎) 瀧川寿希也騎手予定

 

 トーセンブル(船橋・山中厩舎) 本田正重騎手予定

 

 ミスターバッハ(船橋・矢野厩舎)は若竹賞予定。

 

 

 予定は変更する場合もありますのでご了承ください。

 


東京ダービーの話題。

 南関東全体の話題ということで、6月6日に実施される東京ダービーの話題をお伝えします。

 

 東京ダービー予備登録馬(5月29日現在)が発表されました。

 

 こちらです。

 

 賞金が高くなってきた分、東京ダービー出走のボーダーラインも高くなっています。フルゲート16頭

 

出走順位1 *優先出走権を取った馬 8頭分

ヤマノファイト(船橋・矢野厩舎) 本橋孝太騎手予定

リコーワルサー(大井・荒山厩舎<小林> 森泰斗騎手予定

ハセノパイロ(船橋・佐藤賢厩舎) 矢野貴之騎手予定

モジアナフレイバー(大井・福永厩舎<小林>) 繁田健一騎手予定

クロスケ(大井・柏木厩舎) 騎手未定

クレイジーアクセル(大井・渡邉厩舎) 関東オークス予定

ユニバーサルライト(船橋・佐藤裕厩舎) 騎手未定

キングオブポップ(大井・村上厩舎) 吉原寛人騎手予定

 

↓*ここからは賞金順

9 グラヴィオーラ(船橋・佐藤賢厩舎) 今野忠成騎手予定

10 プロミストリープ(大井・藤田厩舎) 御神本訓史騎手予定

11 ゴールドパテック(川崎・岩本厩舎) 関東オークス予定

12 スプリングマン(浦和・小久保厩舎) 左海誠二騎手予定

13 エターナルモール(大井・宗形厩舎) 優駿スプリント予定

14 ナムラバンザイ(船橋・稲益厩舎) 張田昂騎手予定

15 ワグナーコーヴ(船橋・岡林厩舎) 赤岡修次騎手予定

16 マースインディ(大井・阪本厩舎) 達城龍次騎手予定

17 トーセンブル(船橋・山中厩舎)  騎手未定

18 ミスターバッハ(船橋・矢野厩舎) 騎手未定

19 ドンビー(船橋・岡林厩舎) 和田譲治騎手予定  番組賞金1200万台

 

20 クリスタルシルバー(大井・村上厩舎) 番組賞金1100万台

21 フレアリングダイヤ(大井・市村厩舎)

22 カットイン(船橋・石井厩舎)

23 ムシカリ(川崎・岩本厩舎)

 

 

 なお、出走馬の予定変更や騎手の変更も出てくる可能性はありますのでご了承ください。

 

 注目を浴びていた東京プリンセス賞馬グラヴィオーラは東京ダービーに進むことになりましたねぇ。桜花賞馬プロミストリープとの再戦。

 

 牝馬のクレイジーアクセル、エターナルモール、ゴールドパテックは別路線に進む予定なので、3頭分の枠で、19番目のドンビーまで出走できそうな感じ。あとはこれから最終追い切りを終えて、最終的にはどの馬が16頭の中に入るのか。。。

 

 東京ダービーの話題は随時お伝えしていきます。

 


さきたま杯、南関勢を振り返る。

 ここでは、さきたま杯に出走した南関勢について振り返りましょう。

 

 2着は繁田健一騎手のキタサンミカヅキ(船橋・佐藤賢厩舎)でした。道中は後方に位置取り徐々に進出し、3〜4コーナーでは優勝したサクセスエナジーと馬体を併せていっての一騎打ち。最後に並びかけたところがゴール、大きな大きなハナ差になってしまいました。。。でも、力があるところは改めて示しました。

 

 

 

 「もう少し前のポジションでもよかったかもしれませんが、思っていたよりもペースが速かったので、結果的にはあの位置でもよかったです。内枠から外にも出せたし、浦和コースでもうまく走ってくれて、競馬内容も悪くないです。最後は勝ったと思ったんですが……惜しかったです」(繁田騎手)。

 

    

 

 決して浦和コースが向くタイプではないと思いますが、ミカヅキを仕上げた関係者と、ミカヅキの頑張りと、浦和を知り尽くす繁田騎手のエスコートで、とても立派な走りを見せてくれました。また次の目標に向けて頑張ってください!

 

 

 そして、3着には的場文男騎手が騎乗したアンサンブルライフ(浦和・小久保厩舎)が入りました。昨年のさきたま杯も4着。もう少しの競馬が続いていた時期もありましたが、これをきっかけにまた楽しませて欲しいですね。

 

 「力はあるんだけど、いつも本気になって走らないんだもの。今日は本気で走ってくれたと思う」(的場騎手)

 

 

 

 

 

 5着 トロヴァオ 御神本訓史騎手

 「もう少し前めで進められれば理想的でしたが、これくらいの距離を走っている馬たちとの競馬だったので。ペースも違うので戸惑いながらも頑張ってくれたし、慣れてくればさらに楽しみです」

 

 7着 ノブワイルド 左海誠二騎手

「3コーナーを回る時には手応えなくなってしまいました。でも、自分の競馬はできたと思うし、今後に生かせれば」

 

 矢野貴之騎手が騎乗した中央のネロは8着でした。

 

 

 

 皆さん、お疲れ様でした1

 

 

 

 


プロフィール
カレンダー
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode