かしわ記念、南関勢を振り返る。

 かしわ記念、地方最先着の5着が森泰斗騎手騎乗のキタサンミカヅキでした。

 

 「ちょっと距離に不安がある分、大事に乗りすぎたかもしれないので、もうちょっとついていってもよかったかもしれません。距離はちょっと長いかもしれませんが、頑張ってくれたと思います」(森騎手)。

 

 

 

 地元の船橋競馬場初レースだったミカヅキ。

 

 

 8着 コウエイエンブレム 石崎駿騎手

 

 「スピードがあることはわかりました。一気にやめてしまうところもあるので、短距離戦は向いていると思います。今後に向けて収穫はありました」(石崎騎手)。

 

 

 

 中央から移籍初戦!

 

 

 9着 アサヤケ 岡村裕基騎手

 

 「向正面くらいまでは手応えがよかったのですが、3コーナー過ぎから(手応えは)なくなりました」と岡村騎手。

 

 

 

 岡村騎手は再デビュー後重賞初騎乗がJpn1レース。アサヤケは騎手時代に同期だった石井調教師の管理馬です。

 

 

 

 「(Jpn1レースは)雰囲気がやっぱり違いますね。楽しめました。こんなにいいレースに乗せて頂いて、馬主さんと石井調教師に感謝しています」(岡村騎手)。

 

 これからもこういう舞台で岡村騎手の姿がいっぱい見られるといいですね!

 

 


かしわ記念、ゴールドドリーム優勝!

 かしわ記念Jpn1は、クリストフ・ルメール騎手エスコートの2番人気ゴールドドリーム(中央・平田修厩舎)が優勝しました。去年に続いて連覇を達成!チャンピオンズカップやフェブラリーSなどを優勝しているダート界の雄。

 

 レースは5番手付近から押し上げていき、3番手から3コーナー手前で先頭に立った武豊騎手騎乗の1番人気インティを、ゴール前に差し切って1馬身半差交わす内容。勝ちタイムは1600m1分40秒2(やや重)。

 

 2着がインティ、3着はアポロケンタッキー。地方最先着がキタサンミカヅキの5着でした。

 

 レース結果と動画はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ルメール騎手

「すごくいいスタートを切れたので、すぐに豊さんの後ろにつけることができました。リラックスして走ってくれて、最後はいい脚を使ってくれました。スタート直後には勝つ自信を持てる内容でした。地方のダートも中央のダートもいいし、能力はたくさんあります。またG1を勝てる馬だと思います」

 

 平田調教師

「競走馬なのでいろいろありますが、まずは大事に至らず、ここまで順調にくることができました。6歳なので昔のようにヤンチャをすることもなく、パドックは落ち着いて周回していましたね。スタートもスムーズですぐに好位置を取れて、このままキープできれば直線は脚を使ってくれるかなと思っていました。この後は亭王賞に向かう予定です」

 

 昨年秋から、南部杯、東京大賞典、フェブラリーSと惜しい2着続きだったゴールドドリーム、再びJpn1の肩掛けを奪取。

 

 

  

 

 かしわ記念優勝おめでとうございます。

 

 ゴールドドリーム 6歳牡馬

 

 馬主 吉田勝己様

 

 生産 ノーザンファーム様(安平)

 

 父 ゴールドアリュール、母 モンヴェール、母父 フレンチデピュティ

 

 

 

 

 2着 インティ 武豊騎手

「スタートは速くありませんでしたが、すんなり3番手につけて、道中の位置取りは悪くありませんでしたが、途中オールブラッシュから動かされたのがちょっと痛かったです。直線では手前も替えずに、最後は疲れていました。今日は勝った馬が強かったです」

 

 3着 アポロケンタッキー 戸崎圭太騎手

「前半少しもたついて促しながらの追走になりましたが、このくらいの距離でもやれるかなと。力のあるところは見せられました」

 

 


かしわ記念が行われます。

 さぁ、かしわ記念が迫ってまいりました。

 

 データ分析ができる枠順はこちら

 

 中央からすごい面々がやって来ていますが、古巣・中央勢を迎え打つ大将は森泰斗騎手騎乗のキタサンミカヅキ(船橋・佐藤賢厩舎)。意外にも、地元の船橋競馬場で初めてのレース。

 

 素顔はとってもかわいい大将です(*'▽')

 

 

 

 「間隔がない分、やりすぎないようにしながら、状態はいいですね。距離はやってみないとわかりませんが、この馬の持ち味でもあるためて終い弾ける競馬でどのくらいこなしてくれるか。地元の意地を見せたいですね」(佐藤調教師)。

 

 さらに、コウエイエンブレム(石崎駿騎手、船橋・矢野厩舎)、アサヤケ(岡村裕基騎手、船橋・石井厩舎)が参戦します。岡村騎手と石井調教師は騎手時代の同期生ということもあり、このコンビでJpn1レースに挑みます。

 

 

 全人馬無事に。発走は16時05分。

 

 


坂井親子!

 さぁ、今日のかしわ記念では坂井英光騎手の息子さん、坂井瑠星騎手がドリームキラリに騎乗するために、船橋競馬場へやって来ています。

 

 7レースと10レースで、久しぶりに坂井親子対決が!!!

 

 「全く意識はないですよ」と坂井父。

 

 「自分が頑張るだけです」と坂井息子さん。

 

 それでも、マスコミ的にはあおりたくなるのです(笑)。

 

 

 記念に写真をパチリ。↓

 

 

 

 


南関デビュー騎手たちの紹介式動画。

 この4月から騎手デビューした南関3人の紹介式動画をご紹介します。

 

 川崎の岡村裕基(おかむらひろき)騎手は再デビューですね。司会は耳目社・大川ミツオーアナウンサー↓

 

 

 

大井<小林>の大木天翔(おおきかける)騎手  坂井英光騎手会長がステッキを贈呈しているシーンもあります。司会は耳目社・大川ミツオーアナウンサー↓

 

 

 

浦和の福原杏(ふくはらまい)騎手 司会は耳目社・百瀬和己アナウンサー↓

 

 

 繁田健一騎手会長からコバトンが福原騎手に贈呈されたのですが……。繁田会長と福原騎手の目元が似ていませんか?(*'▽') 

 

 

 


東京湾カップの枠順発表!

 5月8日に船橋競馬場で実施される東京湾カップの枠順が発表されました。

 

 1着馬と2着馬には東京ダービーへの優先出走権が与えられるレース。

 

 こちら

 

 北海道時代に北海道2歳優駿を制したイグナシオドーロ(川崎・内田厩舎)が移籍初戦を迎えます。鞍上は的場文男騎手。2枠2番。

 

 クラウンカップの勝ち馬ホールドユアハンド(浦和・小久保厩舎)は左海誠二騎手騎乗。5枠7番。

 

 発走時間は20時10分です。

 

 かしわ記念の日は昼間ですが、東京湾カップの日はナイターです。

 

 

 

 


かしわ記念の枠順発表!16時05分発走。

 5月6日に船橋競馬場で行われるかしわ記念の枠順が発表されました。

 

 この日は昼間開催、発走は16時05分です。お気をつけください!

 

 キタサンミカヅキ(森泰斗騎手、船橋・佐藤賢二厩舎)は初めて地元の船橋競馬場で走ります。

 

 2枠2番に入りました!

 

 枠順はこちら

 

 


しらさぎ賞、他陣営のコメント。

 2着 アムールリアン 和田譲治騎手

「折り合い重視の競馬はできました。勝ち馬が飛ばす形になりましたが、(勝ち馬は)強かったです」

 

 3着 ストロングハート 森泰斗騎手

「こういう馬場だったし逃げ馬をつかまえにいったのですが、割と重量も背負っている中で力は出して頑張ってくれました」

 

 4着 ファーストスキップ 笹川翼騎手

「スーッと前につけていい位置を取れましたが、これまでのレースや今日の感じを照らし合わせてみると、向正面で少しハミの取り方が甘くなりますね。その辺がもう少し改善されれば、競馬はしやすくなるし、上のクラスでもやれると思います」

 

 5着 オルキスリアン 繁田健一騎手

「状態はよかったし、この馬の走りはできているように思います」

 

 

 


しらさぎ賞、ヒビキウィンの愛娘タイセイラナキラ優勝!

 平成から令和時代となり、最初の南関重賞・しらさぎ賞に集まったのはこのメンバー↓

 

 

 

 どの馬が勝ってもおかしくないような大混戦ムードの中、記念すべき令和最初の南関重賞を制したのは、吉原寛人騎手が手綱を取った2番人気タイセイラナキラ(大井・藤田輝信厩舎)でした。

 

 中央3勝馬で、昨年5月から南関東の一員となり、外厩馬としてミッドウェイファームで調教を積んでいる馬です。重賞初制覇。

 

 

 

 レース結果と動画はこちら

 

 レース前から逃げ宣言を出していましたが、勢いよく逃げていくと、そのまま押し切りました。勝ちタイムは1400m1分25秒8(重)。しらさぎ賞が3歳以上の牝馬戦として実施されるようになってから今年で13回目ですが、2番目に速い時計。2着はアムールリアン、3着がストロングハート(1番人気)。

 

 

 

 

 

 吉原騎手

「スピードが持ち味の馬なので迷いなく行きました。ゲートからすんなり出てくれて、スピードにのってくれました。本当はもう少し引きつけて逃げたかったですが、気のいい馬なので、セーフティリードのような形になりましたがそれが逆によかったです。

 

 最後は余裕もなかったですが、後ろとの間隔もあったので、持ってくれと思いながら乗っていました。ままだまだ活躍してくれる馬です」

 

 藤田調教師

「前走叩いた分の上積みはあるなと思っていましたが、いつも通りの調整ができました。最後は止まらないか怖かったですが、力でねじ伏せてくれた感じで、本当に強かったですね。

 

 今後については検討中ですが、自分の中で、秋はJBCレディスクラシック(浦和・1400m)に行ってみたいなという気持ちはあります。その辺りも、これから関係者と話し合っていきたいです」

 

 

 

 タイセイラナキラの母は北海道、南関、兵庫で走ったヒビキウィンです。

 

 南関にいた頃↓

 

 

 

 ヒビキウィンは現役時代に惜しくも重賞を勝つことはできませんでした。南関では東京2歳優駿牝馬2着や、ちょうど10年前のしらさぎ賞は3着。母となり、初仔から重賞ウイナーを誕生させました!しかも、521キロもある大きな女の子(^^)

 

 ヒビキウィンお母さんも本当におめでとうございました!

 

 

 

 しらさぎ賞優勝おめでとうございます。

 

 タイセイラナキラ 6歳牝馬

 

 馬主 田中成奉様

 

 生産 藤春修二様(浦河)

 

 父 カネヒキリ、母 ヒビキウィン、母父 エブロス

 

 

 

 

 

 

 

 

 


しらさぎ賞が行われます。

 さぁ、令和最初の南関重賞、地方交流戦のしらさぎ賞が行われます。

 

 データ分析などができる枠順はこちらです。

 

 メンバーを見ても、大混戦ムード。

 

 今回は浦和以外からも多くの馬たちが遠征してきました。

 

 北海道からタイムビヨンド、金沢からエグジビッツ、小林からコパノビジン、外厩先のミッドウェイファームからステップオブダンス&タイセイラナキラ、船橋からオルキスリアン、川崎からストロングハート、大井からはブルージェットとシェアハッピー。

 

 10連休真っ只中ということで、道路事情はどうだったかな?皆さん、お疲れ様です!

 

 

 

〇1枠1番 リネンスカッシュ(酒井忍騎手、浦和・川村厩舎)

「状態は変わりなくきているし、条件もいいです。相手は強くなりますが、終いはちゃんと伸びてきてくれるので、そういう持ち味が生かせる競馬になって欲しいです」(川村調教師)。

 

〇2枠2番 シェアハッピー(柏木健宏騎手、大井・澤厩舎)

 

 

 

「どんな条件でも走ってくれて対応力のある馬です。脚の使いどころがポイントになると思います。力はあります」(沢調教師)。

 

〇3枠3番 タイセイラナキラ(吉原寛人騎手、大井・藤田厩舎)

「持っているスピードは違いますし、逃げ宣言です!」(藤田調教師)。

 

〇4枠4番 コパノビジン(真島大輔騎手、大井・荒山厩舎<小林>)

 

 

 

「前回は初めての浦和コースで戸惑っていた感じ。今回は2度目でもっと走れると思います」(荒山調教師)。

 

〇5枠5番 アムールリアン(和田譲治騎手、浦和・宇野博厩舎)

 

 トライアルの勝ち馬↓

 

 

 

「具合はキープしています。自分で行けるタイプではないので、前が速くなって終いを生かせれば。平成最後のレースは勝たせて頂きましたが、令和最初の重賞も勝つことができればうれしいですね」(宇野木調教師)。

 

〇5枠6番 ファーストスキップ(笹川翼騎手、浦和・小久保厩舎)

「追い切りの動きはシャープで状態はいいです。久しぶりのこの距離で、斤量差もあるし、前々で運べればチャンスはあります」(小久保調教師)。

 

〇6枠7番 ステップオブダンス(御神本訓史騎手、大井・藤田厩舎)

「今回は休み明け2戦目で、状態も条件もいいですね。以前より競馬も覚えてきて成長はしているし、能力は高い馬です」(藤田調教師)。

 

〇6枠8番 エグジビッツ(中島龍也騎手、金沢・金田厩舎)

 

〇7枠9番 オルキスリアン(繁田健一騎手、船橋・張田厩舎)

 

 

 

「前走はゲートを出てからの一歩目から行きっぷりがいまひとつで、船橋での時計面から考えてももっと走れていい馬です。重賞を勝たせたいです」(張田調教師)。

 

〇7枠10番 ストロングハート(森泰斗騎手、川崎・内田厩舎)

 

 

 

「前走は牡馬と走ってのものだし、ここを目標にやって来ました。前に比べると痛い所もなく攻められて、馬のバランスもよくなってきたし、とても充実しています。北海道ではエーデルワイス賞などダートグレード競走も勝ってきた馬で、能力は高いです。南関重賞初勝利を目指したいです」(内田調教師)。

 

〇8枠11番 ブルージェット(石崎駿騎手、大井・高岩厩舎)

 

 佐藤厩務員にだけ、こうやって手乗り馬?!になるブルージェット。

 

 

 

「全てが初物尽くしですし、折り合いも鍵になるので、落ち着いて自分の競馬ができるかどうかですね」(盍篦感技奸法

 

〇8枠12番 タイムビヨンド(今野忠成厩舎、北海道・堂山厩舎)

 

 

 

 全人馬無事に。

 

 発走は16時35分。

 


プロフィール
カレンダー
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode