ライアン・クアトロ騎手、騎乗開始!

 さぁ、今日から大井開催。

 

 南関魂的には、南関4場+小林分厩舎を回っているので、今は船橋競馬場で取材しています(^^)

 

 船橋は場外中なので、大井競馬場の実況や音楽が鳴っています☆

 

 船橋と大井は近いようで、電車では1時間くらいかかっちゃんですけど。

 

 場内の音を聞いていると、すっごく近くに感じます。

 

 

 さて、今日から、ライアン・クアトロ騎手が大井競馬場の藤田厩舎所属として期間限定騎乗を開始。

 

 ライアン騎手はフランス国籍の25歳で、マカオジョッキークラブに所属。

 

 マカオゴールドカップ(GI)を制覇するなど、マカオやアメリカなどで騎乗しているそうです。

 

 

 

 ちょうど昨日、大井競馬場で取材をしていると、厩舎地区でライアン騎手にばったりお会いできました。

 

 噂通り、爽やかでカッコいいお方でいらっしゃる。

 

 意気込みをお聞きしました。

 

 「初日から6鞍の騎乗機会を頂けて興奮しています。日本に来て毎朝調教にも乗って、馬場の感じもつかんできたつもりです。皆さんがとても親切で、世界的にもここまで親切なのはなかなかないと思います。こんなにいい環境で乗せて頂けて、これからとても楽しみです」(ライアン騎手)。

 

 高井マネージャー、通訳ありがとうございます(^^)

 

 

 

 

 初日6鞍、2日目4鞍、3日目4鞍。

 

 ライアン騎手の勝負服など詳しいことはこちらで。

 

 期間限定騎乗は12月5日までです。

 

 南関、盛り上がってきたぁ!!!

 

 ひゃっほー!

 

 わたしもライアン騎手が騎乗しているお姿をナマで早く拝見したい!

 

 

 

 


的場文男騎手、61歳に!

 大井の的場文男騎手は今日9月7日が61歳のお誕生日。

 

 新町マネージャーのお話しでは、的場騎手はあの長渕剛さんと生年月日が一緒なんだそうですよ。

 

 すっごい61歳同士ですね。

 

 そんな的場騎手は今日、園田競馬場の2000勝以上のジョッキーたちが集うゴールデンジョッキーカップに参戦中です。

 

 南関東から応援しております!

 

 昨日60歳最後の的場騎手↓

 

 

 

 61歳もどう魅せてくれるのか楽しみです!

 

 


大井競馬場の獣医師さん募集中だそうです。

 詳しいことは、

 

 大井競馬のホームページをご覧ください。

 

 こちら

 

 


馬たちの近況・予定

 黒潮盃を制したブラウンレガート(大井・阪本厩舎)は9月7日の戸塚記念(川崎2100m)に向けて調整中だそうです。

 

 コンビを組む的場文男騎手は、この日は園田競馬場で2000勝ジョッキーによるゴールデンジョッキーカップに出場。

 

 ちょうど的場騎手のお誕生日なんですよね。

 

 新町マネージャーが言っていたんですが。

 

 的場騎手と長渕剛さんは生年月日が一緒なんですって。

 

 すごい61歳。。。

 

 そんな訳で、ブラウンレガートは矢野貴之騎手が初騎乗となるそうです。

 

 あ、京浜盃も騎乗していましたね。今度はどんな結果が待っているでしょうか?!

 

 リスタートのほうで、Jpnディアドムス(大井・森下厩舎)とブルドッグボス(浦和・小久保厩舎)について先週書かせて頂きました。こちら

 

 ブルドッグボスについては改めて小久保調教師にローテーションを伺ったところ、オーバルスプリントから東京盃、JBCスプリントを目指していきたいということでした。

 

 

 馬たちは生き物です。予定は変更する場合もありますのでご了承ください。

 

 


アイスカチャン、お疲れ様でした。

 芦毛&キュートな名前で人気者だったアイスカチャン(大井・佐野厩舎)が、今日の大井メインレースを矢野貴之騎手とのコンビで優勝!これが引退レースで、今後はお母さんになるそうです。最高のエンディング!!!

 

 わたしはちょうどダイアモンドターンのロイヤルボックスで競馬講座中だったので、上からパチリ↓

 

 

 

 レース後の口取りは知人が撮ってくれました。↓

 

 

 佐野調教師のお話しでは、今後は絵笛牧場さん(浦河)で繁殖生活に入るそうです。重賞制覇の夢は、アイスカチャンにそっくりな?!子供ちゃんに託したいです。

 

 

 アイスカチャン、お疲れ様でした!

 

 


ナルトチャンがでっかいナルトをつけていた!

 以前お伝えしたナルトをつけたナルトチャン(大井・小野寺厩舎<小林>)。

 

 2戦目の前回も、尻尾にナルトをつけていた↓

 

 

 

 さらにパワーアップして、なんと、メンコにはでっかいナルト〜!!!

 

 

 

 騎乗した笹川翼騎手も、パドックにいる間、微笑んでいましたよ(笑)

 

 

 

 ナルトチャンは軽快なスピードを見せて2番手につけていったものの最後は力尽きて4着。でもでも、デビュー戦よりもいい走りを見せてくれましたよ!何より、今回も身に着けていたナルトが取れていなかったのでホッ(^^)

 

 

 そんなナルトチャンのプライベートに迫ってみたのですが……。

 

 さすがに普段はナルトはつけていません(笑)。

 

 大人しくてかわいい仔で、なななんと、カメラを向けるとポーズを取るのですよ。すでにパドックでは多くの人たちが写真を取っているので、カメラ慣れしているのでしょうか?!小野寺調教師のお話しでは、特にカメラの前でポーズを取ることに関しては、調教はしていないそうです(^^)

 

 

 ナルトがまぶしい!!!

 

 こちらが尾っぽにつけている手作りのナルトだそうです。

 

 

 

 今日もナルトチャンは走り続けます。

 

 前回、メンコのナルトがちょっと隠れてしまったこともあり、今度はちゃんと見えるように、メンコのナルトの位置が変わるそうです。こだわりのナルト。今日はその辺りも楽しみにして、ナルトをつけたナルトチャンを楽しみにしたいです。大井競馬場の人気者になって欲しいですね!

 

 

 人材?馬材?豊富な南関競馬(*^^*)

 

 


テラザクラウド、パパデビューおめでとう(^^)/

 テラザクラウドは、大井の荒山勝徳厩舎<小林>生え抜き馬で、2011年東京記念の勝ち馬。

 

 新馬戦時、かわいい(*^-^*)↓

 

 

 

 東京記念優勝時(記事はこちら)↓

 

 

 

そんなテラザクラウドが種牡馬入り。

 

レースホース牧場さん(新ひだか町)にて。

 

 

 テラザクラウドの初年度産駒は2頭いて、

 

 そのうちの1頭が、テラザイザベラ2015↓

 

 

  

 

 会わせて頂いた時、赤ちゃんなのに大きくて立派だなと思った印象があります。

 

 あれから2年、サーフチェイサーという名前をつけられて、父と同じ荒山厩舎にやって来ました。

 

 父テラザクラウドの現役時↓

 

 

 

 愛息サーフチェイサー↓

 

 

 似てますか?(*^-^*)

 

 

 テラザクラウド産駒記念すべきデビューとなったのが、2017年8月14日の大井競馬場の新馬戦。

 

 パドック動画↓

 

 

 

 父のデビュー時は470キロ台で、のちのち成長して40キロ近くも増えましたが、サーフチェイサーはすでに540キロの大型馬。

 

 まだまだこれからの印象でしたが、父の主戦だった今野忠成騎手を背にして4着でした。しつかり掲示板を確保。無事に立派に駆け抜けました!

 

 

 

 

 荒山調教師は所属していた馬が種牡馬となって、その仔を手掛けるのは初めてなんだそうです。たしかに、なかなかこんな貴重な経験は味わえるものではありませんよね。

 

 「クラウドの仔をさせてもらえるのはやっぱりうれしいですよね。クラウドとは馬っぷりのよさは似ていると思います。ただ、まだ大人しすぎるというか、クラウドはいい意味で悪さのある馬だったので、一度使ってそういう気性が出てきてくれれば。

 

 もっと前向きになってもらって、使いながら、少しずつ、クラウドに近づいていってくれればいいですね」(荒山調教師)。

 

 

 大井生え抜き馬テラザクラウドの仔が誕生して、無事にデビューする日を迎えて……。

 

 この場にいてくれるということが尊いです。

 

 これから末永く、サーフチェイサーの走りを見ることができたらうれしいです。

 

 クラウド、パパデビューおめでとう(^^)/

 

 


昨日の1枚〜ゴーディー〜

 昨日のアフター5スター賞は、ゴーディー(大井・赤嶺厩舎)にとっては本当に本当に残念な結果に終わってしまいました。

 

 でも、9歳になってもなおこんなにもスピードがあって、さらに若返っているかのようなギラギラ感。イナリトウザイなどたくさんのアラブの名馬たちの血を引くサラ系。

 

 

 

 

 

 持ち味を発揮させるには、この枠からでは行くのがベストとみた的場文男騎手は、かなり気合いをつけていってハナを主張。自分の形に持ち込めば、これまでも非常に渋太い競馬を見せてきました。そんなゴーディーの持ち味を生かしたすばらしい走りが見られたと思います。

 

 中央6勝馬より1キロ重い58キロも背負いながら、本当に本当に頑張りましたね。

 

 ゴーディーにとってアフター5スター賞は4度目の挑戦でした。最初の年は、のちのJBCスプリント&カペラS2着のサトノタイガーにタイム差なしで敗れて惜しくも2着。だからこそ、9歳になった今年、こんなにすばらしいパフォーマンスをしたからこそ、勝ちたかった……。

 

 今年のアフター5スター賞勝ち馬にゴーディーの名前は刻まれませんが、この感動を覚えるほどのすばらしいパフォーマンスは、たくさんの人たちの心に刻まれたと思います。

 

 

 来年も現役続行予定なので、となると、アフター5スター賞挑戦は、また来年?!

 

 そう思わせちゃうゴーディー、本当にすごい馬です。

 

 


柏木健宏騎手の容態について。

 昨日もお伝えしたように、

 

 大井の柏木健宏騎手は、昨日のレースで鎖骨を骨折。

 

 騎乗変更が出ていますのでご注意ください。

 

 

 

 


8月29日大井開催出来事

 <競走中止>

 

 2レースで、柏木健宏騎手が騎乗したステイツマインド(大井・朝倉厩舎)がスタート直後に落馬競走中止。

 

 朝倉調教師のお話しでは、馬は無事に厩舎へ帰ったそうです。

 

 そして、東京都騎手会事務局長の神澤さんによると、柏木騎手は鎖骨骨折とのこと。

 

 大変なことになりました。。。

 

 


プロフィール
カレンダー
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode