速報、ニューイヤーカップ!衝撃!!!

 先ほど、浦和競馬場で行われたニューイヤーカップは、森泰斗騎手が手綱を取った1番人気グリーンロード(川崎・高月厩舎)が逃げ切りの大差勝ち。2着のマンガンに2秒差。勝ちタイムは1600m1分40秒0(重)。3着がファルコンウィング。

 

 レース結果と動画はこちら

 

 

 

 「世界の森に託す」と、レース前に言っていた高月調教師(^^)

 

 そんな森騎手もゴール後はグルリと振り返って、後ろとの差を確認したほど。「強くてびっくりしました」(森騎手)。

 

 

 

 重賞での大差勝ち、しかも、このタイムが衝撃!!!

 

 

 

 ニューイヤーカップは今年で63回目の伝統の一戦。

 

 今、調べてみたのですが、1958年からこのレースが始まり、1961年からマイル戦になり、1989年にロジータが優勝した時の1分41秒1がレースレコードになっていましたが、グリーンロードが1秒1も上回り、31年ぶりの更新!!!

 

 ひゃぁ〜〜!!!川崎・高月賢一厩舎から、またまたすごい馬が出てきましたね。

 

 この後は京浜盃を予定しているそうです。

 

 


ニューイヤーカップが行われます。

 3歳重賞・ニューイヤーカップ(浦和・1600m)が行われます。データ分析ができる枠順はこちら

 

 現時点でのオッズは、グリーンロードとファルコンウィングの一騎打ちムード。前回インパクトたっぷりの走りをした馬たち2頭、どんな戦いになるのでしょうか。

 

〇1枠1番 ピアノマン(本田正重騎手、船橋・佐藤賢厩舎)

「もっと走れる馬だと思いますが、パッとしない内容ですね。この間はササ針明けだったので、2戦目で変わってきていると思います。浦和コースも勝っているので問題はありません。4、5番手の競馬でどのくらいやれるか」(佐藤調教師)。

 

〇2枠2番 グリーンロード(森泰斗騎手、川崎・高月厩舎)

「前走は強い競馬をしてくれて、状態もいい意味で平行線です。初馬場は気にしないタイプだと思いますし、内枠の偶数を引けたのもよかったです。スタートがよければ行ければいいですし、速い馬もいるので行けない時は2番手外などもまれずに走れれば。乗り方は、『世界の森』に託します」(高月調教師)。

 

〇3枠3番 ファルコンウィング(左海誠二騎手、浦和・小久保厩舎)

「(前走の3秒8差は圧巻でした)元々の力はこのくらいやれると思うのですが、トラウマで走れない所があったので、前走は地元コースで落ち着いて走れたのもよかったと思います。そういうトラウマがなければヒケの取らない力はある馬なので、今回もすごぶる状態はいいので楽しみにしています」(小久保調教師)。

 

〇4枠4番 マンガン(山崎誠士騎手、川崎・田島厩舎)

「放牧先では1週間ほどゆっくりしてから乗ってきました。12月下旬に帰厩。浦和向きではないですし、休み明けということで切れももう少しですが、馬は元気なので頑張って欲しいです」(田島調教師)。

 

〇5枠5番 モリデンスター(保園翔也騎手、浦和・山越厩舎)

「(ゴールドヘッドの甥っ子で、山越厩舎にいたアローフィールドの息子というゆかり深い血統ですね)スピードと気性のきつさはお母さんに似てるかな(ゴールドヘッドおじさんにも似ているような(^^))。スピードと瞬発力のあるタイプで、もまれても大丈夫そうです。状態は維持しているし、実績はある馬なので頑張って欲しいです」(山越調教師)。

 

〇6枠6番 ヒイロメープル(吉原寛人騎手、大井・森下厩舎)

「前走は馬場が悪くて返し馬からのめっていました。馬場も悪くて、初コース、初ナイターと、まだ気持ちの弱い所もあるので、集中して走れていないので参考外です。

 

 相手は上がりますが、現状では逃げるのと番手とでは、フットワークも集中力も違います。ハナに行くつもりで行かせたいです。気分よく走れれば能力はあるのでヒケは取らないと思っています。浦和コースは初めてなのでやってみないとわかりませんが頑張って欲しいです」(森下調教師)

 

〇6枠7番 チョウライリン(的場文男騎手、浦和・小久保厩舎)

「前走は斤量などもありましたが、今回は前走以上にビシッと仕上げてきました。レースは前を行く馬たちを見ながら、的場ポジションになるのかな。この馬も力がある馬なので期待しています」(小久保調教師)。

 

〇7枠8番 マナーザマジック(今野忠成騎手、川崎・山崎裕厩舎)

「前走は出遅れて挟まってしまい力を出し切れていないので、今回はスタートを決めることができれば。ごちゃつくよりも逃げた方が伸び伸びと走れる馬。ベストは1400mだと思いますが、マイルでも展開次第。追い切りもいい動きだったので頑張って欲しいです」(山崎調教師)。

 

〇7枠9番 ユウユウグリュック(秋元耕成騎手、浦和・横山厩舎)

「いつも頑張ってくれています。相手は強くなりますが状態もいいので、一つでも上の着順を目指したいですね」(横山調教師)。

 

〇8枠10番 シナノビクター(増田充宏厩舎、川崎・高月厩舎)

「相手なりに走ってくれる馬なので、相手は上がりますがどのくらいやってくれるか」(高月調教師)。

 

〇8枠11番 キョウエイカラー(酒井忍騎手、浦和・小澤厩舎)

「状態はいいですし、強い相手ともまれて今後に生かして欲しいです」(小澤調教師)。

 

 

 最近では、のちのクラシックホースたちを多く輩出しているこのレース。未来のクラシックホース探しという部分でも楽しい1戦ですね。全人馬無事に。

 

 発走は15時45分。

 


浦和好きの方、必見!

 埼玉県馬主会さんのオリジナルカレンダーが、今年も出され、ファンの方にも販売中。

 

 1月↓

 

 

 毎年、浦和競馬ファンに人気のカレンダー。浦和の馬とジョッキーズ満載の内容なんですよ。

 

 このカレンダーは浦和競馬場3号スタンド案内所や馬主会事務所で、一部500円販売しているそうです。

 

 

 表紙の写真は、埼玉県馬主会さんのホームページより↓

 

 

 


新成人、赤津和希騎手<浦和>

 浦和の赤津和希騎手は2000年3月22日生まれで、もう間もなく20歳。

 

 

 

 出身は千葉県で、地元の成人式に出席し、久しぶりに同級生たちと会ったそうですよ。

 

 新成人としての抱負は、

 

 感謝の気持ちを忘れずに、目配り気配り心配りを大切にすること。

 

 騎手としての目標は、怪我なく乗り続けたいとのこと。

 

 赤津騎手、おめでとうございます!

 

 


(追記あり)2020年最初の浦和開催が始まりました\(^o^)/

 さぁ、2020年最初の浦和開催が始まりました。

 

 

 

 今日はポカポカ陽気でとっても心地よかったです。

 

 浦和競馬場ではまだまだお正月気分が味わえますよ♪

 

 

 

 誘導馬のスノーマンと桜子ちゃんコンビ。この浦和開催はお正月の雰囲気で、上品におめでたい風な装い。

 

 

 

 

 

 このおでこの2020年プレートがチャーミング(*^-^*)

 

 コスプレメンコ厩舎でお馴染みの工藤調教師も黙っちゃいない!(笑)

 

 

 

 右肩に……。

 

 

 

 工藤厩舎を応援しているファンの方が作った、ねずみちゃんを乗せていました。ねずみちゃんの尻尾がピーンとしているが、かわいくてかわいくて( *´艸`)

 

 あ、明日も別のネズミちゃんをつけるそうなので、チェックしてみてくださいね。

 

 なお、場内では引き続き、JBCの余韻を楽しむことができます。JBC浦和が終わってからまだ2か月しか経っていませんが、かなり前のように感じますね。すごく楽しかったなぁって、しみじみ。

 

 

 

 この浦和開催のイベントやプレゼントなどは浦和競馬のホームページで確認してください。

 

 

 <追記あり>

 

 浦和競馬場の無料バスが出ている南浦和駅の改札を出たところに、「南浦和神社」という金色のお馬さんがいらっしゃいました。これはこの時期限定なのか?今後も設置されているものなのか?興味津々。

 

 

 

 人馬ともに無事に健康に過ごせますように。南関の人馬が大舞台で頂点に立ちますように。

 


繁田健一騎手の容体について。

 前回の船橋開催中に負傷した繁田健一騎手は、2020年最初の浦和開催から騎乗することになっていましたが、今日も騎乗変更。

 

 病院での診断は、左側胸部打撲傷、左大腿部打撲傷とのこと。

 

 明日の騎乗については、当日の発表をご覧ください。

 

 (記事協力 浦和競馬)

 

 


9歳ヤンキーソヴリン、南関卒業お疲れ様でした。

 ヤンキーソヴリンは、中央デビューし、2017年1月から船橋の佐藤裕太厩舎所属になりました。

 

 大崩れなく、コツコツと走り続け、ヤンキーソヴリンの走りにお喜びになったオーナー様のご意向から、リッカルドなどが仲間入りすることになったというお話しは以前聞いたことがあります。

 

 12月13日船橋11レースが、結果的には南関卒業レース。

 

 移籍してからはずっとアブクマポーロなどの楠厩務員が手掛けてきました。丸3年の2ショットもこれがラスト。鞍上は張田昂騎手。

 

 

 

 

 

 

 

 「ヤンキーのお陰で今の厩舎が築けていますし、馬作りの勉強にもなって、いろんな意味で感謝しています。ヤンキーも、うちの厩舎に来てよかったなぁと感じてくれていると思います。まだまだ体も気持ちも若いので活躍を願っています」(佐藤調教師)。

 

 この後は新天地の金沢で現役を続けるそうです。

 

 (年齢は去年の表記)


9歳ホクトマックイーン、南関卒業お疲れ様でした。

 2012年8月に大井競馬場からデビューした南関生え抜きホクトマックイーン。

 

 岡野厩舎と栗田(泰)厩舎で走り、通算63戦。

 

 2013年の東京ダービーでは5着に入ったこともありました。

 

 2019年12月29日大井12レースは、的場文男騎手を背にして、南関ラストラン。

 

 

 

 

 

 

 

 南関卒業お疲れ様でした!

 

 (年齢は去年の表記です)

 

 


9歳コアレスキング、南関卒業お疲れ様でした。

 中央、北海道、2018年12月から大井の阪本(泰)厩舎<小林>所属として走ったコアレスキング。

 

 12月27日の大井11レースが南関卒業レースでした。コンビを組んだのが大木天翔騎手。

 

 

 

 

 

 これが71戦目。

 

 南関卒業、お疲れ様でした。

 

 (年齢は去年の表記です)

 

 

 


9歳牝馬ハイパーエンジェル、南関卒業お疲れ様でした。

 金沢競馬場でデビューしたハイパーエンジェルは重賞レースでも好走。

 

 2013年9月から浦和の冨田厩舎に移籍し、コツコツコツコツと走り続けてきました。

 

 12月25日浦和6レースが南関卒業レース、コンビを組み続けてきた國分祐仁騎手と。

 

 

 

 

 

 5着に入り、久しぶりの掲示板は本当に立派ですね。

 

 164戦目を走り終えました。

 

 南関卒業お疲れ様でした!

 

 (年齢は去年の表記です)

 


プロフィール
カレンダー
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode