シントーアサヒ

 デビューから負けなし3戦3勝、圧倒的なパフォーマンスをしてきたシントーアサヒ(左海誠二騎手、船橋・佐藤裕太厩舎)が、ついに重賞の舞台へ!!!ワクワクします!!!

 

 普段調教にも乗っている佐藤裕太調教師にお話しを伺いました。

 

 Q 仕上がりはいかがですか? 

 A 悔いのない満足のいく仕上がりです。あとは結果がついてきてくれれば。

 

 Q 今回は初物尽くしですが。

 A デリケートなところはありますが、レースに行くとしっかりして堂々として、精神的に強い馬だです。物見をする時もありますが、一回見たら覚えてくれます。日頃から根本は大人しい馬なので、輸送はこなしてくれると思っています。

 

 小回りの浦和コースは走ってみないとわかりませんが、手先も器用ですし、状態もいいのでこなしてくれると思っています。

 

 Q砂をかぶる競馬になったとしたらどうなのでしょう?

 A競馬は出たなりになるとは思いますが、能力試験の時に砂はかぶっていて、かぶっても問題はなかったですし、かぶった後に外に出しても反応よく伸びてくれました。能力試験の時から競馬を知っているのかな?って思う内容でしたね。センスがあります。

 

 Q左海騎手と同期生コンビで挑むこの戦いへの意気込みは?

 A牝馬ですし、初物尽くしですし、やってみないとわからないところはありますが、ヒケは取らない能力はあると思うし、楽しみの方が大きいです」

 

 

 

 前走の参考リポートはこちら

 

 担当は宇都宮時代に厩務員として3冠を制した今川厩務員です。

 

 無敗の重賞ウイナーが誕生するのでしょうか?!

 

 そして、佐藤調教師が調教師になってから思い描いてきたという、仲良し同期の左海誠二騎手と、重賞を一緒に勝つことができるでしょうか?!

 


トーセンガーネット&ホウショウレイル

 さぁ、ユングフラウ賞には、浦和の小久保厩舎から強力な2頭が参戦してきます。

 

 トーセンガーネット(笹川翼騎手騎乗)とホウショウレイル(御神本訓史騎手騎乗)。

 

 トーセンガーネットは前走のニューイヤーカップを優勝して重賞ウイナーの仲間入りをしました。この時に2着だったのはフリオーソ産駒のヒカリオーソで、そのヒカリオーソが先日の雲取賞を完勝したばかり。

 

 2歳時には果敢に長距離遠征なども行い、兵庫ジュニアグランプリでも4着に入るなど、強い競馬をしてきました。

 

 担当の水上厩務員はジャジャウマナラシやジョーイロンデルなどを手掛けてきましたが、トーセンガーネットについては、「めちゃめちゃ大人しいです。エサも食べてくれるし、メンタルもぶれないし、どこに行っても体重の増減も多くありません。とても優等生です」と褒めています。

 

 

 

 これから続いていくクラシック戦線でも中心的存在になっていくでしょうが、前哨戦のここはどんな走りを見せるのでしょうか。

 

 

 一方、デビューから3戦3勝と圧倒的なパフォーマンスを見せてきたホウショウレイル。初遠征だったローレル賞は、パドックからかなり気持ちを高めていて、結果も5着……。

 

 しかし、前走の若水特別は、中団から進め、3コーナーから一気に進出していって、最後はステッペンウルフとの叩き合いを制し、これまでとは違う戦い方を見せました。

 

 連勝していた馬が初めて負けてしまった後のレースで、メンタル面も心配でしたが、これまでとは違う芸当の勝ち方を見せてくれて、改めて強い馬であることを証明。ちなみに、ステッペンウルフはその後の若獅子特別を完勝しています。

 

 「今回は前回よりも落ち着いていますが、当日も落ち着いていけるか、レイルは自分との戦いですね」と、調教パートナーの橋厩務員。担当は、数多くの重賞ウイナーを手掛けているマドンナ・池田厩務員。

 

 

 

 「(トーセンガーネットは)状態は変わらずきています。今回は一番重い56キロを背負いますが、経験値が違うと思っています。流れそうな展開もいいと思っています。

 

 (ホウショウレイルは)前走は厳しい流れの中でも頑張ってくれました。ここに向けて体調もしっかりできています」(小久保調教師)。

 

 

 斤量差はありますが、トーセンガーネットとホウショウレイルの直接対決も興味津々。

 

 

 


準重賞桃花賞プレイバック!

 大井競馬場で実施した3歳牝馬による準重賞・桃花賞。1着馬と2着馬にはユングフラウ賞への優先出走権が獲得できますが、1着馬には桜花賞の優先出走権も与えられうという夢のようなトライアルレース。桜花賞に出走することは毎年本当に大変なことなので……。

 

 レース結果と動画

 

 優勝したのは、山崎誠士騎手が騎乗した7番人気ゼットパッション(川崎・佐々仁厩舎)。初コースながらも、3、4番手内から進め、最後の直線で外に出すと、しっかり差し切りました。1600m1分45秒1(良)。牝馬ながらも500キロ台の雄大な体の持ち主。

 

 

 

 

 

 「最初は行くつもりでしたが、周りの馬たちも速かったので、ちょっとこういう競馬もしてみようかなと思って控えました。対応してくれたし、これからも楽しみです。初コースでも初右回りでも全然動じずに走ってくれました。最初はヤンチャな感じでしたが心も成長してきました」(山崎騎手)。

 

 「思っていた以上の強さを見せてくれました。頑張ってくれましたね」(佐々木調教師)。

 

 

 

 ゼットパッションはユングフラウ賞とこの後の桜花賞まで出走する権利を獲得しました。

 

 

 2着には藤本現暉騎手が騎乗した10番人気サブノダンサー(大井・阪本厩舎)。逃げて、逃げて、ユングフラウ賞への出走権を得ました。

 

 

 

 

 

 「スタートがうまくいって、スローでいけたのもよかったですね」(阪本調教師)。

 

 

 この桃花賞組がそろって、ユングフラウ賞に参戦!

 

 


JBC浦和、始まる

 11月4日に浦和競馬場で実施されるJBC競走。

 

 この浦和開催から、場内はJBCムードになりました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 帰りに無料バスに乗っていたら、馬運車の駐車場に何やら茶色の新しい建物が!!!

 

 

 

 新しい出張馬房を建設中なんだそうです。3月に完成予定なので、まだ工事途中とのことですが、どんな感じになるのか楽しみです。

 

 JBCに向けて、いろんなところが変わっていく浦和競馬場を堪能できるのも、今の楽しみ(*^_^*)

 

 


浦和競馬場に騎手候補生が!

 地方競馬教養センターでは、12年ぶりに2期制となって、2017年10月3日に入所した第98期生が、現在は各競馬場で研修を行っています。

 

 この期は南関東に1人。

 

 浦和競馬場に来ているのが、中島良美(なかしまよしみ)騎手候補生。(浦和・平山真希厩舎所属予定)

 

 

 

 現在は、野田トレセンで調教に乗ったり、レース中はこういう感じで先輩騎手たちの鞍掃除などを行って、いろんなお勉強をしているところだそうです。

 

 中島騎手候補生は大阪出身の20歳。学生時代は陸上やソフトボールなどを行ってきたそうで、野球はオリックスファン(^^)

 

 小学校3年生の時、15歳上のお姉ちゃんに競馬場へ連れていってもらい、そこから騎手になりたいと思うようになったそうです。

 

 ルックス的にもカッコかわいい中島騎手候補生。

 

 

 

 中島騎手候補生が、この浦和競馬場での半年間の研修期間を経て、騎手試験に合格すれば、今年10月に浦和競馬場からデビューすることになるそうです。

 

 このまま無事に、元気に、健康に、スクスクと。

 

 デビューする日が来ることを、待っています(*^_^*)

 

 


高松亮騎手がやって来た!

 岩手から高松亮(たかまつりょう)騎手が期間限定騎乗を開始しています。期間中は、浦和の平山真希厩舎所属です。

 

 昨日の浦和4レースでは7番人気マックスアチーバーを勝利に導き、この期間限定騎乗初勝利を早々に飾りました。

 

 「ホッとしました。前が流れていたので自分にもチャンス回ってくるんじゃないかなと、内で脚をためていました。去年来た時は浦和で勝つことができなかったので難しいコースかなと思いましたが、今日勝つことができたのでホッとしています。

 

 野田トレセンでは皆さんがよくしてくださって、楽しく仕事ができています。(この期間の目標は)勝ち数は意識していませんが、岩手の高松亮という名前を一人でも多くの方に覚えて頂いて応援して頂けるように頑張りたいです」(高松騎手)。

 

 高松騎手に浦和競馬からパカパカコバトンをプレゼント。贈呈者は平山調教師。↓

 

 

 

 

 

 高松騎手はパカパカコバトンを初めて見たそうで、

 

 「とてもかわいいですね。星の色が白だったら、ちょうどよかったですが(笑)」。

 

 あ、たしかに、星が白ければ、パカパカ高松コバトンになる(*^_^*)

 

 

 

 高松騎手は3月29日までを予定。

 

 今日の浦和1レースでも、5番人気ホクラニを勝利に導きましたよ〜☆

 

 


おぉぉぉ!

 浦和競馬場の2号スタンド建設中ですが、

 

 この開催一気に形がぁ!!!

 

 無料バスから見えた風景↓

 

 

 

 1月開催はまだまだこういう状況だったのに(参考写真)。

 

 1か月くらいでこんなにも作られちゃうものなのですね。

 

 

 

 完成予定は今年の夏。

 

 2号スタンド完成までの工事風景が見られるのは、今だけのお楽しみです(^^)

 

 


藤井勘一郎騎手、JRA騎手試験合格おめでとうございます!

 とてもとてもうれしいニュースがありました。

 

 南関の期間限定騎乗でもお馴染みだった藤井勘一郎騎手が、

 

 JRAの騎手試験に合格したそうです!!!

 

 ご本人のツイッターに、喜びの声が!!!

 

 日本をベースにして乗りたいと言い続けてきた藤井騎手。JRAの騎手になるという夢が、ついに叶うんですね。

 

 6度目の挑戦。

 

 夢を叶えることは本当に大変なことですが、

 

 思い続けていれば、

 

 努力をし続ければ、

 

 いつかはきっと……

 

 叶えることができることを、

 

 藤井騎手から教えて頂きました。

 

 藤井騎手、ご家族の皆様、本当におめでとうございました!

 

 今度はJRA騎手として南関に騎乗される日を心待ちにしています!

 

 

 

 


2月11日浦和9レースの競走中止について。

 2月11日浦和9レースでは、エイシンシンタ(赤津和希騎手、浦和・藤原厩舎)が競走中止しました。

 

 エイシンシンタは左前ハ行、

 

 赤津騎手は無事でした。

 

 (記事協力 浦和競馬)

 

 


アークヴィグラス、クイーンカップへ!

 NARグランプリ2歳最優秀牝馬&グランダムジャパン2歳シーズンの女王に輝いたアークヴィグラス(大井・嶋田厩舎)。

 

 こんなに愛らしいルックスなのに、走ったらすごいのです。。。

 

 

 

 そんなアークヴィグラスが、3歳になって最初のレースを迎えます。

 

 代替競馬として今日実施されるクイーンカップ(芝・1600m)に瀧川寿希也騎手と参戦。

 

 9頭立て。

 

 初芝&初府中で、どんな走りを見せてくれるのでしょうか。

 

 根性たっぷりの走りを期待しています。

 

 

 あ。先日の金曜日、超寒い日です。

 

 アークヴィグラス担当のプロレス好き・広瀬厩務員は、別のお馬さんとレースに向かう時、半袖を着てました。

 

 

 

 かなり燃えているようです(*^_^*)

 

 


プロフィール
カレンダー
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode