遠征!

 もう間もなく、

 

 盛岡競馬場では重賞ジュニアグランプリ(芝1600m)が行われ、

 

 南関東からはトーセンダーウィン(山本聡哉騎手、大井・高野厩舎)が出走。

 

 無事に頑張ってください!

 

 発走は17時05分。

 


サラーブ、秋桜賞優勝!

 9月17日に名古屋競馬場ではグランダムジャパン古馬シーズンの秋桜賞(1400m)が行われました。

 

 赤岡修次騎手騎乗した2番人気サラーブ(大井・藤田輝信厩舎)が優勝。

 

 2着のウラガーノに8馬身差をつける圧勝でした。

 

 サラーブは中央から南関東へ移籍し、藤田厩舎の外厩馬としてミッドウェイファームで調教を積んでいます。

 

 惜しくも重賞勝ちはありませんでしたが、ついに念願の重賞タイトルを獲得。

 

 その時の写真が、TCKのTwitterに掲載されていますよ。

 

 前走の金沢競馬場で実施した読売レディス杯は2着だったので、

 

 グランダムジャパン古馬シーズンのポイント表を見ると、26ポイントで暫定1位です。

 

 藤本現暉騎手が手綱を取ったジェッシージェニー(大井・中道厩舎)は4着でした。

 

 ジェッシージェニーは21ポイントで地方馬暫定3位。

 

 サラーブおめでとうございました!ジェッシージェニー、お疲れ様でした!

 

 


(結果追記り)遠征!

 川崎競馬開催中〜。

 

 今宵は、戸塚記念トライアルの芙蓉(ふよう)賞が行われますね。

 

 ヴァケーションも出走するし、ウタマロも出走するし、

 

 楽しみです(^^)/

 

 

 さて、金沢競馬場では、地方全国交流のイヌワシ賞(2000m)が行われます。

 

 南関東から、スギノグローアップ(下原理騎手、大井・福永厩舎<小林>)が出走します。

 

 そして、南関東卒業生たちも走りますね。

 

 発走は16時55分です。

 

 無事に頑張ってください!

 

 (結果追記あり)

 

 スギノグローアップは2着でした。お疲れ様でした。

 

 (優勝は北海道のリンノレジェンドでした。吉原寛人騎手の手綱。おめでとうございます!)

 

 


アッキー、ビューチフルドリーマーカップ優勝!

 水沢競馬場からうれしいニュースが届きました。

 

 グランダムジャパン古馬シーズンのビューチフルドリーマーカップで、

 

 高松亮騎手が手綱を取った3番人気アッキー(川崎・林隆之厩舎)が優勝しました。

 

 道中3番手から、3コーナーで一気に先頭へ立つと、そのまま後続を突き放し、2着のクオリティスタートに4馬身差。南関東から参戦したグランモナハートは5着、クレイジーアクセルは6着でした。

 

 アッキーにとっては、去年2着だったこのレースで雪辱を果たす形。今年の園田遠征の六甲盃に続いての2つ目のタイトルを獲得。7歳になって重賞2勝です。

 

 (写真と陣営コメントは岩手競馬より)

 

 

 

高松騎手

「クレイジーアクセルと真っ向勝負でもいいから積極的な競馬をという指示で、馬の勝ちパターンとしても、こういうレース運びのほうが、この馬にはいいだろうと思っていました。

 

 スタートでちょっと出遅れてしまいましたが、それでも前の有力馬を競り落としていったアッキーの力に感謝しています。アッキーの力で僕が重賞を勝たせてもらったという感覚なので、馬にも、オーナーや林調教師にも、本当に感謝しかありません。

 

 今日は本当に強い内容で勝つことができました。去年の雪辱を果たせましたし、アッキーにまたタイトルを獲らせてあげることもできました。またこの馬とコンビを組むことがあったらその時も頑張りますので応援よろしくお願いします」

 

林調教師

 「去年のこのレースを経験しているし、馬場状態なども高松騎手と相談して、基本的には前で競馬をする、ただ終いはすごく切れるようなタイプでもないので、テンにしっかり気持ちを入れて自分から早めに動くような競馬をして欲しいと。思っていた通りのレースができて、鞍上も自信を持って乗ってくれました。

 

 今年に入ってから馬が凄く充実して、去年に比べて精神的にしっかりして、それに見合った成績を残してくれています。今は遠征に不安はなくて、馬が自分の力を出し切ってくれれば、高松騎手が良い結果を出してくれるだろうなと。今日はこの馬の力で真っ向勝負に勝つことができたと思います。

 

 そろそろ将来のことも考えてあげないといけない年齢ですし、どういう方向に行くのかも含めてオーナーと相談しながら、馬にとって一番良くなるように考えたいです」

 

 アッキー2つ目の肩掛け!

 

 

 

 おめでとうございます!

 

 


遠征!

 今日は水沢競馬場で、グランダムジャパン古馬シーズンのビューチフルドリーマーカップ(フリオーソ賞、1900m)が行われます。

 

 南関東から3頭が出走しますよ。

 

 クレイジーアクセル(吉原寛人騎手、大井・渡邉厩舎)

 

 グランモナハート(鈴木祐騎手、大井・福田厩舎<小林>)

 

 アッキー(高松亮騎手、川崎・林厩舎)

 

 無事に頑張ってきてください!

 

 発走は17時40分。

 

 

 

 


今日の門別は!

 大井開催5日目!

 

 今日の門別競馬場にも、南関東勢が登場します!

 

 ヤングジョッキーズシリーズ トライアルラウンド門別!!!

 

 10レースと12レースに組まれています。

 

 古岡勇樹騎手(川崎) 10レース、12レース

 

 赤津和希騎手(浦和) 10レース、12レース

 

 櫻井光輔騎手(川崎) 10レース、12レース

 

 北海道で期間限定騎乗中の仲原大生騎手(大井) 10レース、12レース

 

 10レースの騎乗だった篠谷葵騎手(船橋)は騎乗変更になっています。

 

 

 古岡騎手、赤津騎手、櫻井騎手、仲原騎手、無事にがんばってください!

 

 

 

 


読売レディス杯を振り返る。

 今日、金沢競馬場で行われたグランダムジャパンの読売レディス杯(1500m)。

 

 ここは、吉原寛人騎手が初騎乗したアークヴィグラス(北海道・小野厩舎)が、2番手から早め先頭に立つ競馬で優勝しました。アークヴィグラス自身、東京2歳優駿牝馬以来の勝利なので、約1年8か月ぶり。

 

 本当におめでとうございます!

 

 南関東から参戦した馬たちの結果は、

 

 サラーブが2着(1番人気)、エースウィズは3着、ナンヨーオボロヅキが5着でした。

 

 今頃は馬運車の中かな?気をつけて帰ってきてください。暑い中での遠征、本当にお疲れ様でした。

 

 今日の試合結果と動画は、地方競馬全国協会のページで見られますよ!

 

 


遠征

 今日は大井開催3日目。

 

 金沢競馬場への遠征馬たちもいます。

 

 今日はグランダムジャパンの読売レディス杯(1500m)が行われます。

 

 南関東から、

 

 ナンヨーオボロヅキ(平瀬城久騎手、大井・高野厩舎)

 

 エースウィズ(水野翔騎手、大井・松浦厩舎)2年前の覇者!

 

 サラーブ(森泰斗騎手、大井・藤田厩舎)

 

 今は再び北海道で頑張っているアークヴィグラスも遠征に行っているんですね!

 

 暑い中での遠征、皆さんお疲れ様です!

 

 無事に頑張ってきてください!

 

 発走は17時10分。

 

 


(追記あり)速報、クラスターカップ!

 先ほど、盛岡競馬場で行われたクラスターカップ(1200m)は、武豊騎手騎乗の1番人気マテラスカイが、2番手から先頭に立つ競馬で、1分08秒5(良)のレコード勝ちを収めました。2着にはヒロシゲゴールド。

 

 南関東から参戦したブルドッグボスは御神本訓史騎手の手綱で地方馬最先着の3着。中団後方から最後の直線ではメンバー最速の34秒0の脚を繰り出し、マテラスカイから0.5秒差の1分9秒0で駆けました。

 

 59キロを背負ったブルドッグボスは、マテラスカイとは斤量4キロ差、ヒロシゲゴールドとは斤量5キロ差。今日は負けてしまいましたが、改めて力のあるところを見せてくれたと思います。

 

 暑い中の遠征、本当にお疲れ様でした。気を付けて帰ってきてください。

 

 今後は、秋の最大目標でもあるJBCスプリント(大井)に向けて、どういうローテーションになるのでしょうか。

 

 なお、岩手のスティンライクビーに騎乗した内田利雄騎手は8着でした。

 

 

 そして、長きに渡って南関東で走り続けたツルオカボルトが、この春から岩手競馬の一員になっています。今日はツルオカボルトにとって初のダートグレード競走挑戦でした。ツルオカボルト、これからも長く元気に走り続けてくださいね!

 

 ツルオカボルトは7年前に新馬勝ちをした馬です(当時の写真)。今年9歳。

 

 

 

 

 (追記あり)

 

 ネット競馬さんのTwitter見たら、勝ちタイムの1分08秒5は、ダート1200m戦の日本レコードなんですって!

 

 ひぇ〜〜〜〜〜!!!優勝したマテラスカイおめでとうございました!ブルドッグボスも59キロ背負って、本当に本当に頑張りました!!!盛岡競馬場も暑いのかな。全ての馬たち、本当にお疲れ様でした!

 

 


遠征!

 今日の関東も非常に暑くなりましたね。

 

 外仕事の皆さん、体調第一で、無理だけはされないでくださいねm(__)m 周りにも、体調のつらさなどは、ちゃんと言える環境でありますようにm(__)m

 

 

 さて、今日は川崎開催が行われますが、

 

 盛岡競馬場ではクラスターカップが行われます。

 

 南関東からは、ブルドッグボス(御神本訓史騎手、浦和・小久保厩舎)が参戦。

 

 御神本騎手自身は怪我からの復帰、間に合ってよかったです。

 

 ブルドッグボス自身はクラスターカップ4度目の挑戦で、3年前は左海誠二騎手とのコンビで優勝した思い出深いレース。

 

 NARグランプリ年度代表馬の称号を引っ下げて、悔いのない走りをしてきて欲しいです。

 

 なお、内田利雄騎手は岩手のスティンライクビーに騎乗。前走の習志野きらっとスプリントに続いての参戦です。

 

 発走は16時45分。

 

 がんばれ〜がんばれ〜がんばれ〜!!!!!!!!

 

 


プロフィール
カレンダー
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode