<< アストリッド、しらさぎ賞優勝! | main | 平山真希騎手 >>

浦和イケメン若手ジョッキーたち

 

 おはようございます。浦和開催は今週金曜日まで行われますよ。昨日は祝日ということもあって、お客さんですっごい賑わっていました!!南浦和駅で競馬新聞を買おうと思ったら、まだ早い時間帯なのに品切れに近い状態でしたもん。暦の上で今日は平日ですが、お休みの方もいらっしゃるでしょう。浦和競馬でお楽しみ下さいね。

 
 さて。今日は浦和のイケメン若手ジョッキーたちと題してお届けしましょう。昭和59年以降に生まれたジョッキーたちですよぉ。

 一番お兄さん格が、23歳の半澤慶実(はんざわよしみ)騎手。↓

           F1005060.jpg


 東京都出身。騎手になるきっかけは、小学生の時に東京競馬場に遊びに行って、騎手に憧れを抱いたことから。平成15年10月にデビューしたので、騎手生活5年目を迎えています。年数を重ねて自信はついてきたそうです。が、「まだまだ成績はあげていないし、ひとつでも多く勝てるように頑張りたいです」(半澤騎手)。無印の時に、ドカ〜ンと大穴を決めてくれる一発も持っていますよぉ〜。

 ちなみに、クラシック候補生として活躍中のミサトアンバード(宇野木厩舎)。陣営サイドは、何とか東京ダービーに参戦させたいという希望を持っています。

 実は、デビュー前から調教をつけ続けているのが半澤騎手なんです。「最近では攻め馬も乗りやすくなりましたが、ガツンと行っちゃうタイプですねぇ。追い切りになると、他の馬とスピードが違って、やっぱりすごいなぁって思います」(半澤騎手)。馬場に出ると燃えるタイプのアンバードを、なだめながら調教をつける日々。ゲートもかなり苦労したそうで、今でもレース前は必ずゲート練習をして臨んでいるそうです。

 アンバードが重賞戦線で活躍している裏には、半澤騎手の存在も大きいんです。重賞クラスのお馬さんの背中を知っているというのは、半澤騎手の大きな武器になるでしょうね。




 20歳の山崎真(やまざきしん)騎手です。3年目に入っています。↓
 
           F1005004.jpg


 栃木で育ったという山崎騎手。馬が好きだったことから乗馬クラブに通っていたそうで、そこの先輩には戸崎圭太騎手もいるそうです。騎手になったのも、馬乗り好きが高じたため。「いつも思いっきり騎乗します!できるだけ上の着順を目指して頑張ります」と山崎騎手。見た目はかなりスリムなタイプで、本人いわく、どんなにたくさん食べても、なかなか太れない体質なんだとか。っていうか、騎手という職業は天職ですよねぇ。


 

 平成元年生まれで(ひぇ〜、平成ムニョムニョ)今現在は18歳の國分祐仁(こくぶんゆうと)騎手。

          F1005059.jpg


 群馬県の高崎で育った國分騎手。ただ、競馬とは全くの無縁で、中学3年生の時に、知人の紹介で進路を決めたそうです。デビューして、丸一年が過ぎました。スタートが上手で先行力のあるタイプ。ポジティブな性格も後押しして、度胸も兼ね備えていますよ。「ひとつでも全力で乗って、勝ち鞍を増やしたいです」(國分騎手)。ニキビ姿がとっても初々しいフレッシュな國分騎手です。
 



 一番最年少は平成2年生まれ(ひぇ〜平成2年ムニョムニョ)で今年18歳になったばかりの須藤優(すどうゆう)騎手。

           F1005061.jpg


 そもそも中学3年生の時にテレビ中継を見て、騎手の道を志すことに。デビューして丸一年が経ちましたが、「やりがいがあって楽しい」(須藤騎手)と充実した毎日だそうです。身長は171センチ、浦和で一番の長身騎手。手足が長いということは、その分追った時に、手綱を多く押すことができて前に行かせられるという強みもあります。「どんな時でも最後まであきらめません!確実に勝てるようになりたいです」という須藤騎手。




 半澤騎手、山崎騎手、國分騎手、須藤騎手。4人とも共通しているのは、「もっともっと乗り鞍を増やして、ひとつでも多く勝ちたい」ということ。これからの浦和を背負って立つ面々、ガッツ溢れる騎乗を期待しますよぉ。皆さんも、ご声援よろしくお願いします!

 

プロフィール
カレンダー
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode