<< 今日はしらさぎ賞です! | main | 浦和イケメン若手ジョッキーたち >>

アストリッド、しらさぎ賞優勝!

 

  牝馬ちゃんの熱い戦いしらさぎ賞は、528キロの巨漢アストリッドが逃げ切り勝ち(タイム1分27秒7)。1番人気で、嬉しい重賞初制覇を飾りました。

 「他に行く馬がいれば2番手でもいいし、スタートが良ければ逃げてもいい(戸崎騎手に)」という指示を出したという川島正行調教師。好ダッシュを決めたアストリッドは、すかさずハナを切り、そのままマイペースの逃げに持ち込んで、最後まで力強い走り。テン乗りだった戸崎圭太騎手は「レースは見てたので、この馬の感じはこうかなぁと思いながら騎乗しました。いいスタートを切れたし、馬も落ちついて走っていて、直線もいい反応だったので大丈夫だろうなぁと。気持ち良かったです」。

         
          アストリッド

 初めて肩掛け姿、アーちゃんはどんな気分でしょうか。本当におめでとう!

 担当の野田厩務員にとっても嬉しい重賞初制覇。「気持ちが高まっていて、まだ何が起こったのかわからない感じ(苦笑)。(アストリッドは)いつも手入れの時とかレース前は元気が良すぎるくらいなんだけど、今日は厩舎にいる時からずっと落ち着いていた。それだけ具合も良かったのかなぁ」と野田厩務員。



 2着には4分の3馬身差でパフィオペディラム。左海誠二騎手は「ハミの取り方が全然違って、いつもの走りっぷりではなかった」

 3着は7番人気のメジャーロマンス。アストリッドの2番手を果敢に進んで行きました。山田信大騎手は「スローだったから、この馬にはいい流れになったけど、思っていた以上に頑張ってくれた」

 人気の一角だったベルモントノーヴァは7着に敗れました。「今日は最初から反応が良くなかった。わからない…」と石崎駿騎手。





  あと、そうそう。こちらは、アストリッドのお尻アップです↓

          アストリッド


 たしかに、体が大きいのでお尻もダイナミックにはなるんでしょうが、まん丸ですっごい肉厚で、のしのし歩く姿に圧倒されてパチリ(笑)。でも、やっぱ、私の素人写真ではそのど迫力は伝わりにくい・・・次のレースの時は是非とも見てみて下さいね。牡馬の中に入っても、このお尻はすごすぎですたらーっ

 気になる今後ですが、7月に川崎で行われるスパーキングレディーカップを視野に入れていくそうですよ。また南関東に、頼もしい牝馬ちゃんが誕生してくれました。お帽子流行イヒヒ


プロフィール
カレンダー
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode