<< 高齢馬たちにエールをお願いします! | main | 東京2歳優駿牝馬、ララベル優勝! >>

2014年南関東最後の新馬戦。アジュディケーティング〜サブノハッピー

 12月29日大井1レースは柏木健宏騎手のサブノハッピー(大井・堀厩舎<小林>)が優勝しました。

 

 骨の病気で競走馬になることを危ぶまれていた時期もあったという女の子。牡馬勝りの力強い走りを見せて、2014年南関東競馬の新馬戦を締めくくりました。

 サブノハッピーのお父さんはアジュディケーティング。

 南関東のサンデーサイレンスとも言われたアジュディケーティングは、今年27歳になり、種牡馬生活を引退することが報じられたばかり。今後はベルモントファーム(新冠)さんで功労馬として余生を送るそうですよ。

 2011年のアジュディケーティングです。↓ サブノハッピーはこの年に種付けをして誕生されたお子様ですね。

  

     

 まだまだ若々しい姿が印象的でした。

 アジュディミツオーをはじめ数多くの活躍馬を送り出したアジュディケーティング。わたしたち南関東ファンにもたくさんの喜びを運んでくれました。本当に本当にありがとう!お疲れ様でした!

 来年は28歳、長生きして欲しいです。


 なお、大井の年末開催に行われた新馬戦3鞍は年明けにリポートさせてくださいね。

 

プロフィール
カレンダー
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode