<< コアレスタイム、お疲れ様! | main | 2歳の戦い「雷鳥特別」を振り返る。 >>

ベルモントノーヴァ、お疲れ様!


  南関東の牝馬戦線を引っ張ってきたベルモントノーヴァが競走生活を卒業し、生まれ故郷のベルモントファームで繁殖入りすることになりました。今朝、船橋を発ちました。 

 中央3勝の実績で、大井の高橋三郎厩舎に転厩。約1年過ごしたのち、船橋の出川克己厩舎所属へ。大井でも船橋でも、かかわった皆さんから本当に愛されて育ちました。

 07年しらさぎ賞を皮切りに、トゥインクルレディー賞、東京シンデレラマイルと1年間で重賞タイトルを3勝もあげる他、牡馬の中に入っても果敢な走りを見せてくれました。

 今日出発前の様子です↓


       ベルモントノーヴァ

 
  本当に人懐っこくてかわいい子だったなぁ。牝馬特有のカリカリ感はあまり見せないお馬さんで、「手のかからないいい子だよ」と宇田川孝彰厩務員にいつも褒められていました。それでも、カイバ食いは牝馬っぽいというか、細いタイプ。たくさん食べてもらえるように、基本の2回カイバの他にも、夜に新しいカイバを加えてあげるとまた食べ始めるそうで、宇田川厩務員はノーヴァの元に通ったそうです。

                 ベルモントノーヴァ



  とにかくみんなから、「すごい根性だった」って褒められてた・・・


 「小さい体で本当によく頑張りましたよね。いい子を産んでもらって、またその子供をやってみたいです」(出川調教師)

 「ご苦労さま!牝馬じゃない感じの我の強さで、切れ味はすごかったなぁ。最初の頃、競馬を教えるのに苦労したことが印象深いね」(石崎駿騎手)

 「いなくなる寂しさはあるけれど、やることはやったっていう達成感もあるよね。重賞を3つも勝たせてもらって・・・リガメエントキセキ以来の表舞台に立たせてくれて、むちゃくちゃ、ありがとうっていう気持ちでいっぱい」(宇田川厩務員)

 宇田川厩務員とも今日振り返ったんですけど、昨年のトゥインクルレディー賞を優勝した時はすごかったねぇって。ちょうどインフルエンザが流行していた時期で、厩舎の皆さんが一丸となって「ノーヴァを守れ」を合言葉に、インフルエンザにかからないようにケアをしてきました。そして、ちゃんと出走することができて、結果も出して。レースに出走させるための執念というか勝負へのこだわりというか、今振り返っても、すごかったなぁ〜って。「あの勝利は本当にうれしかった」と、宇田川厩務員。


 血統の良さを生かして、今度はお母さんになる大切なお仕事が待っていますね。どんな馬がお相手になるのか楽しみですよ。ノーヴァにそっくりな、耳の長い子が生まれてきたらたまらん〜(笑)

 ノーヴァ、本当にお疲れ様!取材もいろいろさせてもらってありがとうね。また、会いましょう!


 パソコンの方用。今日のノーヴァの動画です。↓



        



プロフィール
カレンダー
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode