<< 達城龍次騎手が道営記念に参戦! | main | 平山真希騎手トークショー >>

11月20日船橋新馬戦

 

 今日の新馬戦は2鞍組まれていました。(ともに1000メートル)

 1レースで優勝したのは、出川(龍)厩舎のカネゼンホープという男の子。父マヤノトップガン、母マヤノルナという血統です。1分1秒5でした。


       カネゼンホープ

 石崎騎手は「スタートは良くなくて、フワフワして走っていた」と言っていたんですが、終いの伸びはしっかりしていて、距離が延びて良さそうです。

 担当の松田調教専門厩務員は、ナイキアディライトやエミーズスマイル、シスターエレキングの調教を手掛けていることでも有名ですねん。「そこそこは走ってくれるんじゃないかと期待していました。でも、いつもはとてもおとなしい馬なのに、今日のパドックでは入れ込んでいました」(松田さん)とのこと。まだまだ子供ちゃんぽくてかわいい子ですよ。



 2レースは岡林厩舎のブラオヴァルトという男の子が優勝。父チーフベアハートで、母エンペリーズクロスです。1分2秒9でした。

 あのぉ・・・でっかいんですけど(苦笑)。548キロ。

 パドックでから素晴らしい馬っぷりの子だなぁと思いまして、岡林調教師に「2歳離れした馬ですね」と言ってみると、「2歳じゃないから(苦笑)」と。


       ブラオヴァルト

 惚れぼれするお体の子でしたよ。担当はマキバスナイパーやサンキューウィンを手掛けた渡辺厩務員。案外気の小さいところもある、性格はかわいらしいタイプのようです。

 「距離は長い方がいいね。体はデカイ。本当にデカイ。でも、跳び自体は素軽いんだよ」と左海騎手。



プロフィール
カレンダー
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode