<< 平山真希騎手、いってらっしゃい! | main | ジュメイラビーチカップを振り返る。 >>

6連勝!

 
 船橋の川村厩舎に所属している川内真太郎厩務員。実は、担当馬3頭で6連勝という快挙を成し遂げました。

 勝った順に並べていくと、ベルモントバリオス(9月26日)、ベルモントバリオス(10月3日)、コアレスターボ(10月20日)、コアレスフラワー(10月21日)、ベルモントバリオス(10月23日)、ベルモントバリオス(11月17日)。

 1勝をあげることだって大変なのに。中には1頭の馬で連勝する場合もありますが、担当馬3頭でっていうのが、これまたすごいこと。

 川内厩務員と愛馬ベルモントバリオス↓



  川内真太郎厩務員 


 バリオス君はかなりのヤンチャ坊主だそう。やっと走る気持ちが出てきたようです。川内厩務員はこの道13年。これまで手掛けた代表馬は、重賞にも出走している素質馬ベルモントオメガです。

 「(厩務員になって)15か月勝てない時もあったんですよ。波がありますね(苦笑)」と川内厩務員。一般的に厩務員さんは、担当馬が2頭から3頭(南関東の場合)。勝ち星もまちまちです。

  「厩舎の人たちが仕事を教えてくれるんですよ。仕事をしやすい環境で、みんなのお陰です」(川内厩務員)。実は、同厩でコアレスデジタル&コアレスタイムの伊藤厩務員が「真太郎、今日2勝したら7連勝だよ」って、今朝取材回りをしている時に言ってたんです。

 6レースでベルモントバリオスが優勝して6連勝目。7レースのコアレスターボで7連勝目がかかっていたんですが、残念ながら2着。椎名厩舎のラブユーイチフジに敗れてしまいました。川内厩務員の連勝記録というのは厩舎でも知られていましたので、ラブユーイチフジの担当さんが、勝ち運をつけたくて、レース前に川内厩務員に触ったとか(笑)。

 でも、連は外していないという記録は続いていますよ!

 「これからも順調に走らせてあげたいです」(川内厩務員)。ベルモントオメガが休養から帰ってきたので、来月から使い始めます。今後はいかに。川内厩務員の連対記録はどこまで続いていくんでしょうか。

 あっ。厩務員さんの中に、「自分もこういう記録を持っている!」という方がいましたら、自薦他薦問いませんので登場願います!!!


プロフィール
カレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode