<< 10月11日川崎1レース新馬戦リポート | main | 大井開催です!!! >>

10月11日川崎2レース新馬戦リポート

  

 


 川崎2レースはここも山崎誠士騎手&川崎・田島厩舎のコンビで優勝!3番人のミラクルドンが快勝しました。

 馬主 椿修一様

 生産 有限会社グッドラック・ファーム様(日高町)

 父はサクラバクシンオー、母のハタノガイアは中央未勝利で大井に転厩し、3歳戦を中心に走った馬です。ミカドポーネグリフの半弟。母父はブライアンズタイム。

 2歳牡馬、496キロ。


 


 


 好ダッシュを決めてハナに立つとそのまま軽快な走りで縦長の展開となり、最後まで力強い脚取りでフィニッシュ。2着馬に5馬身をつけました。勝ちタイムは1400m1分32秒7(やや重)。


 


 「ここまで乗り込んできていますが、スタートをしてからが速かったし馬体もしっかりした馬ですね。最後は内にササりながらの走りでした。スピードはあるので短いほうが持ち味が生きそうなタイプですね」(山崎騎手)。ササりながらの走りでも最後は圧勝でした。



 ほかに南関東にゆかりのある馬……。

 セユウハーモニー(牝馬、川崎・山田質厩舎)の母セユウスーパーは05年大井デビュー馬。伯父にはナリショーキング。青森県八戸市の大橋牧場さん生産。

 

 
 

 

プロフィール
カレンダー
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode