<< 今日は東京盃です。 | main | 納谷和玖騎手の引退式 >>

東京盃が終わりました。

 

 東京盃はフジノウェーブ(大井・高橋厩舎)が完勝!!!58キロ背負って、一番重い斤量での競馬ですから、文句なしの勝利ですよ!(口取り写真撮影 よっしーさん)



   フジノウェーブ1


 「アフター5スター賞(2着)は大事に乗り過ぎてしまったから、今回はJBC(優勝)の時と一緒で、無心に乗るだけ。JBCを勝ったくらいの馬だし、ウェーブの力を信じます」とレース前に言っていた御神本騎手。「緊張するタイプ」と自分では言っているので(笑)、それでも返し馬まではいろいろ考えちゃったそうですが、過ぎたら落ち着けたそうです。

 「上がりの脚は、中央馬に負けないものがあると思っていた」(御神本騎手)と言うことで、ウェーブの良さが全面に生きたレース。あと、今回マイナス10キロの479キロで走りましたが、スタートダッシュもつきやすく、息遣いも良かったそうです。

 去年のJBCスプリント以来の、約1年ぶりの勝利。

 高橋三郎調教師のお話しでは、この後はもちろん園田に向かいますよぉ!2連覇目指してきて欲しいです。




 パドックの様子。外めを歩いて、ウェーブなりに気合いを見せていい雰囲気でしたねぇ。↓



         フジノウェーブ2



 普段は、縁側で薄い座布団を敷いて、日向ぼっこしているイメージなんです(笑)。それくらいおとなしくて、馬房の中では首をちょいと下げ加減にしてぽ〜っとしている姿をよく見かけます。

 でも、お馬さんにはキツイところがあるんですよねぇ。ちょっかいかけてくるお馬さんには、かかっていく強気な態度も見せる、売られたケンカは買うタイプ?(笑)。そういう部分も秘めているからこそ、レースにいっての気性面につながっているんでしょうねぇ。

 普段の姿と、レースで差してくる姿と、違い過ぎるよ、ウェーブ(笑)。



 フジノウェーブにこれまでかかわってきた皆さん、本当に本当におめでとうございました!この東京盃は5年ぶりに南関東勢の勝利。そう、フジノウェーブの厩舎の大先輩ハタノアドニス以来だったんです。



 詳しいレースリポートは、いつものようにTCKホームページに月曜日アップ予定です。またこのブログでも、明日っていうか日付では今日になりましたが書き込みますね。





プロフィール
カレンダー
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode