<< テンコー・トレーニングセンター | main | ゲット(σ・∀・)σ >>

野馬追の馬たち(南関東関係者の活動なども)

 昨日、うれしい写真が届きました。

 メイショウアーム↓

           野馬追


 トミケンマイルズ↓

           野馬追


 今のメイショウアームのオーナー若狭さんが写真を送ってくださいました。

 先日、野馬追の被災馬9頭が北海道日高町に疎開したというニュースが流れました。関連した記事を被災馬INFOさんのページから一部を抜粋させて頂きます。↓

 『北海道日高町とダーレージャパン株式会社様の支援により、8月8日から馬の疎開が始まっており、最終的には約50頭が移動します。今後は、現在引退馬協会の保護下にある、20キロ圏内から避難した馬のうち、まだ移動許可が下りていない馬たちをはじめ、支援の継続が必要であると思われる馬を中心に、今後も続けて参ります』


 第1弾の9頭の中に、南関東卒業生のメイショウアームとトミケンマイルズもいたんですよ!!!

 他には、メジロマイヤー、グラスワールド、ドンヤマト、ジュワユース、ニイルセン、トガミハリヤー、オースミスキャン。

 ニイルセンとトガミハリヤーも南関東卒業生ですねぇ。


 トミケンマイルズはこのジュワユース(写真)と放牧仲間で仲良しなんだそう↓

           野馬追


 北海道日高町のホームページに疎開馬たちの特設ページがありますのでどうぞご覧ください。



 南関東競馬にかかわる人たちも、少しでもお力になれればとそれぞれで活動を行っております。


 船橋の騎手会は募金活動などを頻繁に行っておりますねぇ。


   野馬追い


 佐藤裕太騎手会長のお話しでは、7月の船橋開催中に皆さんからご協力頂いた募金57676円と鈴木久美子元騎手のオリジナルTシャツ30485円、合計88161円を、馬とあゆむSOMAさんを通じて被災馬の支援にして頂いたそうです。(写真は6月開催の野馬追支援のための募金活動の様子)



 また、大井競馬の関係者も馬の生活に必要なグッズをみんなで持ち寄って、馬とあゆむSOMAさんを通じて被災馬支援に協力をさせて頂いたそうです。代表して上杉厩務員労働組合事務局長とスタッフたちが、馬とあゆむSOMAの事務局がある相馬中村神社に届けたそう。その時の写真は元厩務員で現在はサポートしているケイコちゃんが撮ってくれました。 (こちらに記事も


     野馬追い



 ここには、帝王賞馬マキバスナイパーも疎開しているんです。震災の時に怪我をしたのかな?でも、ちゃんとケアしてもらっていてよかったです。(関連記事はこちら

          野馬追い


 南相馬の様子は大井の厩務員さんたちの活動のひとつミニミニクラブの中で紹介されていました。(記事はこちら)。今度は生活物資を今月中にお届けにあがる予定だそうです。



 
 南関東では相馬中村神社のお守りをつけてレースで走る馬たちをたくさん見かけます。実は、大井競馬場の厩舎内にある売店でも販売中(収益金は全て中村神社を通じて募金されます)。1400mのスタート地点のすぐそばにある場所です。

 このようなお知らせが掲載されています。↓

  野馬追い

 
        野馬追い

         野馬追い

 厩舎内にあるので競馬ファンの方は入れませんが、他場の厩舎関係者で興味のある方はぜひ覗いてみてください。競馬ファンの方は、馬とあゆむSOMAからも申し込み頂けますのでチェックしてみてくださいね。


 
 7月には相馬野馬追が規模を縮小して行われたと全国ニュースでも報道されていました。皆さんどんな思いでその瞬間と向き合ったのでしょうか……。無事に行われたようで本当によかったと思います。

 先日、大井競馬のツイッターでこういうつぶやきがありました。↓

 十数年続けて実施いただいてます大井での相馬野馬追甲冑競馬、今年は9月25日に予定していたのですが、震災の馬疎開の影響で今年の開催は厳しいかもしれません…1頭でも元気な姿をご覧いただければと思っているのですが…



 昨年のトミケンマイルズ↓


       トミケンマイルズ



 3年前のメイショウアーム↓

       メイショウアーム


 現役を引退した馬が余生を過ごせるのはほんのひと握りであるという厳しい現実があることは、競馬ファンの皆さんなら誰しもがご存じでしょう。そんな中で、生きる場所を見つけた馬たちと、またこういう形で会えるのが楽しみのひとつでした。

 今年の実施に関してはまだ流動的なんでしょうね。乗り越えなくてはならないことがあまりにもたくさんありますから……。(正式なことはTCKホームページやモバイル、ツイッターで発表されるでしょう) 

 ひとりひとりの力は小さくても、今は自分のできることからさせて頂きたいです。長いスパンで……。

    


プロフィール
カレンダー
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode