<< チェレブラーレ、お疲れ様でした。 | main | 2冠馬クラーベセクレタ。 >>

シデンイッセン、強かった!

  大井最終日の3レースに登場した的場文男騎手騎乗のシデンイッセン(大井・米田英世厩舎)。

 デビュー戦が10馬身差の衝撃的な内容だったので2戦目も注目を集めましたが、ここも危なげない逃げ切りで、2着馬に7馬身差をつけました。デビュー戦と同じ1200m戦でしたが、時計は1秒つめて、1分13秒1(良)。

 直線に入ると、何度も後ろを確認する的場騎手の姿がありましたが、ゴール直後も股下からしっかりと後ろを確認。どれだけ離して勝ったのか、的場騎手も待ち切れなかったのかもしれません。

 シデンイッセン

 デビュー戦を走り終えた後に、シデンイッセンのことを「怪物君」と称した的場騎手。2戦目も怪物君の強さでした。

  シデンイッセン

 今回は北島三郎さんも来場して口取り撮影を行ったので、「ホッとしました」と米田調教師も安堵の表情を浮かべていました。

 担当はアウスレーゼでお馴染の中澤厩務員ですよ。


 気になるのは今後です。

 6月29日には優駿スプリント(大井・1200m)が新設されたので、そこでの走りを是非とも見てみたいと思ったんですが……。

 残念ながら、賞金面で全く足りないようです。わたしの持っている資料では登録馬45番目にも入っていないので……。

 米田調教師も「まだ弱い面があるので、大切にじっくり育てていきたいです」とのこと。もちろん、いずれは大きい所を狙いたいという夢は抱いているそうです。

 短距離戦線に、またまた頼もしい馬が登場してきましたねぇ。



プロフィール
カレンダー
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode