<< ダイオライト記念はスマートファルコン優勝。 | main | ナイキハイグレードがかきつばた記念へ! >>

東京湾カップが行われます。

  この1週間で、しらさぎ賞(浦和)、ダイオライト記念、東京湾カップ、かしわ記念と重賞4つも行われる南関東。まだまだ浅いキャリアですけど、こんな経験ははじめてかも……。お腹いっぱいになりそうなくらい豪華なひとときですね(^^)

 今日から5日まで船橋競馬場にもミニチュアちゃんたちが遊びに来ます。競馬場に来れば、お馬を見るだけではなくて、触ることもできる!というのが個人的には理想のスタイル。ちょっとモンモンしているので、わたしも癒してもらおう(^^)


 さぁ、6月8日(水)の東京ダービーに向けても重要な一戦ですねぇ。

 東京ダービーの優先出走権は、

 羽田盃の1着馬から5着馬までの5頭。

 東京ダービートライアルの1着馬1頭。

 そして、この東京湾カップの1着馬と2着馬の2頭。

 去年までは東京湾カップから1着馬だけだったので、今年はさらにその枠が広がったんですねぇ。

 東京ダービーの優先出走枠で出られるのは8頭なので、賞金順で出られるのは上位8頭までということになります。

 今年は牝馬で賞金を持っている馬たちが多く、番組賞金1000万は持っていた方が安心できるかもしれません。これは、優先出走権を取るメンバー次第で変わってくることなんですが。

 となると、東京湾カップに出走するメンバーの多くは、賞金では東京ダービーに出走するのは微妙なので、東京ダービーに出走するためには、是が非でも2着までに入って権利をつかみたいところでしょう。

 というか、わたしのリサーチ不足で、今年もてっきり東京湾カップの1着馬に東京ダービーの優先出走権が与えられるものとばかり思っていたので、まさか2着馬までとは……。これは、かなりおいしいレースとも言えるかもしれません。



 昨日の朝、小向トレセンに行ってきました。

 ちょうど、ジャクソンライヒ(本橋孝太騎手騎乗、川崎・鬼沢厩舎)が馬場に行くための横断歩道を待っているところに遭遇。青になったら、ちゃんと渡ってました。いくらジャクソンでも赤信号は渡れません(^^ゞ

  ジャクソンライヒ


 新馬戦と2戦目で完勝したジャクソン。しかし、その頃はまだソエを気にしながらの走りで素質だけで走っていたそうです。

 しかし、今ではそういう面も解消して攻められるようになってきたそう。前走の特別戦では本橋騎手と初コンビで圧勝したばかりです。

 逃げ馬は強さとモロさが同居していますけど、ジャクソンも自分の形に持ち込んだときは本当に強い。そして、折り合いをつけながら走れる面も魅力的ですねぇ。

 「前日追いの走りを見て、下に沈み込むような地をはうようなフットワークでとても良かった。上積みはあるよ」と担当の伊沢厩務員。



 実は……。


        森下騎手


 股関節の怪我でお休み中の森下博騎手を発見!!!

 5月1日からリハビリを兼ねて、乗り運動だけを始めたそうなんです。「やっぱり、馬の背中はいいもんですか?」と聞いてみると、「いいよな」とニッコリ。「まさか、こんなに時間がかかると思わなかった」と森下騎手は言っていて、まだ復帰は未定だそうです。ただ、またこういう姿を見せて頂けたというのが何よりというか、森下騎手の厩舎内でのこのような姿はいろんな意味でかなり貴重です(^^)

 ということで、話しはジャクソンに戻します。実はこの前に、森下騎手がジャクソンのクーリングダウンの運動をしたそうなんです。「元々素質のある馬だとは思っていたけど、いい背中をしているよ。やっぱり走る馬だ」といつも控えめなコメントをする森下騎手からもお褒めの言葉が飛び出していましたよぉ。




 ゴールドスガ(町田直希騎手騎乗、川崎・秋山厩舎)も楽しみな1頭でしょう。高い素質はありながらも、体質が弱くてなかなか攻められなかったというゴールドスガ。しかし、前走のクラウンカップ(4着)前からこの馬なりに攻められるようになってきたそう。

 しかし、レースではせまくなるなどの不利がありながらも、優勝したナターレから0.4秒差の4着にまで追い上げました。「勝つ力のある馬だから不満」と秋山調教師は言っていましたが、それだけこの馬の能力の高さを感じ取っているからこそ。

 普通のたたずまいでも、すごく雰囲気のある仔ですよぉ。


        ゴールドスガ


 「この馬にとって初めてレース後に大きな反動がこなかったよ。前回よりも今回の方がさらに攻められたしいいね。まだこれからの馬だけどかなり楽しみにしている。末脚を生かした競馬になるだろうけど、乗り方は町田に任せる」(秋山調教師)

 まだまだ攻められない時点でも重賞で好走してきたゴールドスガ。差し馬なのでどうしても展開に左右される面は出てきますが、今の走りを早く見てみたいです。

 なお、ゴールドスガの妹ブラックスガも入厩中。近々ご紹介しますね。




 小向トレセンからダッシュで船橋競馬場へ!!!午前10時から実施する次の大井競馬に出走するための馬体検査はどうしても見たかったんです。満員電車を覚悟していましたが、月曜日とは言え大型連休中ということで、思ったよりもギューギュー詰めにならなくて良かったです。満員電車、かなり苦手(+o+)

 さて、クラーベセクレタたちの立ち姿はまた後日お届けするとしまして。

 ちょうど、ファジュルが登場していたのでパチリ(ファジュルは念には念を入れて受けたと思われます)


 ファジュル

 
 ディラクエの全弟ファジュル(戸崎圭太騎手騎乗、船橋・川島正厩舎)。準重賞雲取賞を制し、メキメキと力をつけている中で、前走の京浜盃(7着)も満を持して挑んだんですが、スタートで少々遅れたために先行できずに、全く反応なく終わってしまったそうです。

 「逆に全然走っていないから、疲れてなかったよ。今度は本当の走りを見せて欲しい」と小倉厩務員。

 川島調教師は「前回はこの馬の力じゃない。力は出せる状態だと思うからどれだけ走ってくれるか」。




 このレースは、今の段階では飛び抜けた馬がいないので、何が勝ってもおかしくないですよねぇ。


 サマルパン(森泰斗騎手騎乗、小林・荒山厩舎)は船橋遠征で自分の形に持ち込んだときはとても強かったです。今日もジャクソンライヒとのハナ争いは注目ですねぇ。


 シービスティー(左海誠二騎手騎乗、船橋・岡林厩舎)はここ最近は元気のない成績が続いていますが、戦ってきた相手が違うし、地力はトップクラス。東京ダービーに出走するための賞金はもう持っていますが、きっかけをつかみたい。


 リバーキンタロー(脇田創騎手騎乗、船橋・山本厩舎)は前走のクラウンカップで距離不安もありましたが、それを払しょくするような見せ場たっぷりの5着に大奮闘。100mの距離延長が鍵を握ります。

     リバーキンタロー

 キンタローの水色シャドーロールにも要必見。担当の津乗厩務員のお友達の手作りなんですよ。こう考えてみると、水色シャドーロールってあんまり見ないと思いませんか?それに、フワフワフカフカしていて本当に心地良さそうなんです。



 エスケイドリーム(山田信大騎手騎乗、船橋・山浦厩舎)は安定感抜群。「乗り込んではいるし元気だけど、レース勘がどうかな」と山浦調教師。



 ゴールドヘイローの愛娘ハートゴールド(御神本訓史騎手騎乗、船橋・矢野厩舎)。紅一点果敢に参戦してきます。昨日レース前日午後のお食事時間中をパチリ。カメラ目線にもならずにず〜っと食べ続けていました。この道50年の大ベテランで過去には重賞を取ってきた小池厩務員のお話しでは、ドシッとしたタイプでカイバ食いもとても良いそうです。牝馬でカイバを食べるのは何よりですねぇ。


  ハートゴールド

 新馬戦から素晴らしい豪脚を披露して優勝していますが、ここ最近もそんな追い込み脚質が定着してきました。「まだ未知の面がある」と矢野調教師も言いますが、どんな走りを見せてくれるでしょう。使うたびにどんどん良化中とのこと。

 今年は南関東も牝馬の年とも言えるほど、クラウンカップはナターレ、京浜盃はクラーベセクレタと牝馬が大活躍。ここもハートゴールドが優勝したら、ほんと、牝馬の勢いスゴすぎます。




 ホクト(繁田健一騎手騎乗、船橋・山本厩舎)はラブミーチャンの半弟ですねぇ。ホクトもいつも力いっぱい頑張っています。たんぽぽ好きということでも知られていますが、今はシーズンなのでたくさん食べているのかな(^^) 

 今日は名古屋競馬場のかきつばた記念にお姉ちゃんも出走するので、姉弟でメインレースを走ることになりますよ。




 エースフォンテン(坂井英光騎手騎乗、船橋・波多野厩舎)は連続2着4回。なかなか勝ち切れませんが、それだけ相手なりに走れるという安定さも武器ですねぇ。まだまだヤンチャ坊主の男の子だそう。すごくいたずらっ仔の顔してます(^^)

    エースフォンテン




 
 リバービバップ(水野貴史騎手騎乗、船橋・山本厩舎)は前走のクラウンカップで11着でした。ダートの走りは問題なかったそうですが、水野騎手のお話しではカリカリしていたそう。今回は一度使って落ち着きが出ていると古橋厩務員は言っていましたが、変わり身を見てみたいですねぇ。


    リバービバップ

 ボーダー馬服がとってもおしゃれな男の子。



 
 新入り君が登場します。フサイチペガサス産駒のリアライズペガサス(張田京騎手騎乗、船橋・岡林厩舎)です。

   
    リアライズペガサス

 「船橋で勝っている経験は大きいし、今回走ってみないことにはわからないけど、一発があってもおかしくない力はあると思う。気難しい面のある馬だから、当たりの柔らかい張田が攻め馬をつけてくれていて相性はいいと思う」(岡林調教師)


 12頭みんな無事にがんばれ〜!東京ダービーの権利を目指して\(^o^)/


 場内のこいのぼりも探してみて下さい(^^)


   こいのぼり

 

       
  

 

プロフィール
カレンダー
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode