<< フリオーソの本追い切りが見られるっ! | main | 金盃が行われます。 >>

2月15日朝。

  14日夜から南関東でも雪が積もりました。

 競馬開催が行われる大井は、馬場整備をしている山家さんが入念に作業を行っていたそうです。中村護調教師もツイッターでつぶやいていましたが、一晩中ハローがかけられていたそうなので、通常通りの調教ができたそうですよ。


 そして、船橋競馬場、川崎所属馬がお住まいの小向トレセン、浦和所属馬がお住まいの野田トレセン、外厩馬たちがお住まいの境共同トレセン&那須教養センターなどでは朝の調教ができなかったために昼の調教に切り替えたそうです。


 また、境共同トレセン&那須教養センター組は輸送の面でも影響ができまして、TCKのホームページにも出ていますが、3レースに出走予定だった那須のモエレアウトラン(大井・柏木厩舎)は交通渋滞のために間に合わず、非常に珍しいケースで、残念ながら公正保持のために競走除外となってしまいました。

 さまざまな外厩関係者のお話しによりますと、高速道路の通行止めの影響などもあり、境町からは通常2時間半のところが4時間半くらい、那須からは境町と通常の輸送時間は変わらないというお話しでしたが、7時間半もかかったそうです。(一番時間かかった馬運車のおおよその数字)

 でも、7レースでは那須の馬がワンツーを決めるなどがんばりました。境町の馬も奮闘しました。

 
 今日は輸送に関しては大きな影響はなさそうですが、かなり冷えるので調教の面に関しては気になります。またお伝えしますね。

プロフィール
カレンダー
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode