<< お馬さんの近況・予定、大物くんたちがやって来た! | main | 気になったお馬さん写真館。 >>

10桃花賞を振り返る。

  昨日行われた桃花賞(大井・1600m)は、1着馬と2着馬に南関東牝馬クラシック1冠目3月24日(水)の桜花賞(浦和・1600m)への優先出走権が与えられるという大切な一戦でした。

 優勝したのは3番人気のショウリダバンザイ(大井・高岩厩舎)。北海道時代は重賞戦線でも活躍し、今回は南関東転厩緒戦(北海道では、ビービートルネードやシャレーストーンを手掛けていた林和弘厩舎所属)。鞍上は北海道時代もコンビを組んでいた期間限定騎乗中の井上俊彦騎手で、混戦を制しました。

 「道営にいる時から力のある馬だと思っていたので自信はありました」と井上騎手。

 道中は中団から追走し、3コーナー付近から、外を回って一気に進出。「本当はもっと前につけたかったんですが、ゲートを出てから行けなかったのであの位置から進めました。結果的にはそれが良かったのか、相手を目標にしながら行けましたね。行き出したらいつもより勢いがあったのでいいなと思いました。ゆったり行けた方がいいタイプなので、3,4コーナーのカーブはキツイかなとも思っていたんですが、大外を回ったからか、思ったより良かったです」(井上騎手)。
 
 最後の直線では5頭が一直線に並ぶシーンも見られ、まさにデッドヒート。間を割ってきた森泰斗騎手が騎乗したネイルセンプーが抜け出したところで、外からショウリダバンザイが差し切りました(タイムは1分43秒2(良馬場)。

 「道中は折り合いがついていいんですが、抜けると遊ぶところがあるのでその部分は気をつけました。トモの甘いところが取れればもっと良くなると思います」(井上騎手)。



          ショウリダバンザイ

 『勝利ダバンザイ』のメンコも一段と目立っていましたが、大井に来たときに、このメンコも一緒に運ばれてきたそうです。ということで、これからもバンザイちゃんの勝利のアイテムになるのかな。


 バンザイちゃんの馬主さんは北海道で調教師をしていた林正夫さん。(向かって左から3番目)↓
      ショウリダバンザイ

 99函館3歳Sでエンゼルカロを優勝に導いた調教師さんとしても知られていますが、その時に騎乗していたのが井上俊彦騎手だったんですよねぇ。感動です(;_;)


 さて、これで桜花賞の優先出走権を手にしたショウリダバンザイ。高岩調教師に今後の予定をお聞きしましたが、馬をふっくらさせたいそうで、今後に関しては未定だそう。体調面を見て、桜花賞は考えたいということでした。


 なお、これまでの桜花賞は南関東限定重賞として行われてきましたが、今年から地方交流戦になります。浦和の主催者さんに聞いたところ、これまで通りフルゲートは11頭で、南関東所属馬9頭他地区所属馬2頭によって行われるそうです。

 南関東所属馬9頭。その中で桃花賞の優先出走権2頭、この後のユングフラウ賞は1着から3着まで優先出走権が与えられ、優先出走枠で出走するのは合計5頭。そうなると、賞金枠は4頭ということにになりますね。賞金が微妙なお馬さんたちは、何とかユングフラウ賞で権利を取って安心したいところでしょう。



 ということで、最近は南関東限定の重賞レースに、期間限定騎乗以外のスポット騎乗で、他地区の騎手が南関東所属馬の手綱を取る姿が見られるようになりました。が、地方交流の重賞はそれが適用されないんです。

 井上騎手の南関東の期間限定騎乗が1月29日で終わってしまうので、ショウリダバンザイが桜花賞に出走しても、このままではコンビが組めないそう。騎乗できるには、桜花賞の日に、馬や騎手の招待レースなどが別に組まれて、そこに井上騎手が乗りに来ることができた場合に限るそうです。

 
 あくまでも、ショウリダバンザイが桜花賞に出走した場合ということにはなりますが、このコンビが南関東の牝馬クラシックに挑戦する姿が見られれば、北海道をはじめとした多くのファンの方々も盛り上がるでしょうねぇ。私も是非とも見てみたいです!



 つづき↓





 2着は森泰斗騎手が手綱を取って好位から進めた8番人気のネイルセンプー(大井・三坂厩舎)。最後の直線で割ってくる姿は圧巻だったなぁ。勝負根性を見せてくれました。賞金面を考えても、ここで桜花賞への権利をつかめたのはめちゃめちゃ大きいですねぇ。

 お母さんは、02東京2歳優駿牝馬2着のネイルアート。ネイルアートは03桃花賞に参戦して5着だったので、愛娘が着順は上回りました。

        ネイルセンプー


 目がクリクリしてキレイだったのは、お母さんソックリだなぁ。

 お母さんも管理していた三坂調教師が昨日言っていたんですが、ネイルアートは蹄の病気で残念ながら亡くなってしまったそうで、唯一の産駒がこのネイルセンプーだそうです。

 「終いの脚がしっかりしているのはお母さん譲りかな」と三坂調教師。

 この後は体調面を考慮して、桜花賞も視野に入れていくそうですよ。ネイルアートの忘れ形見ネイルセンプー、クラシック戦線で活躍して欲しいなぁ。




プロフィール
カレンダー
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode