<< お馬さんたちの近況・予定 | main | 船橋開催スタート!笠野雄大騎手2開催目〜。 >>

的場文男騎手を支える新町充寿さん

 
 ミスターTCKの的場文男騎手。現在53歳ということですが、年齢を微塵も感じさせないパワーあふれた騎乗で、多くのファンを魅了し続けています。

 そんな的場騎手を縁の下の力持ちとなって支え続けているのが、新町充寿(しんまちみつひさ)さん。大井の沢厩舎所属の調教専門厩務員としてお仕事をするかたわら、的場騎手のマネージャーとして、的場騎手が騎乗に専念できるように、バレットや騎乗馬の管理などを行っています。

 大井のレースでは、的場騎手のそばには新町さんの姿があります。↓



         新町マネージャー


      新町マネージャー


 新町さんは荒尾競馬の元ジョッキー。連勝街道を突き進んで全国的にも話題になったナムラハンニバルの主戦としても有名でした。教養センター時代は、坂井英光騎手や的場直之騎手と同期だったそう。現在は173センチもあるそうですが、学校には154センチで入学。23歳まで身長が伸び続けたそうで。減量の大変さもあったようですが、将来を考えたときにいろいろ思うこともあり、騎手を辞め、北海道へ車で旅に出たそうです。

 そんな旅中に、人の紹介で、的場文男騎手がサポート役を探しているということで、今度は場所を移して競馬の世界に戻ってきたそうです。「(的場騎手の印象は?)それまで面識はなかったんですが、なお(直之騎手)のおじさんということは知っていて、荒尾にも1度乗りに来たことがあったんですよ。その時は『よくしゃべるおっちゃんだなぁ』と思ったんですが、まさかこういう風になるとは思いませんでした(苦笑)」と新町さん。



 以前、何気ない会話の中で、的場騎手はこんなことを言っていました。「負けるのはすごく悔しい。負けるのが嫌だから、努力するんだ。その繰り返しだね」って。先日の壮行会でも、好きな言葉は「努力」って言っていました。

 「努力する人ですよ。レースに乗らない時でもトレーニングはしていますからね。ナイターで寝るのがどんなに遅くなっても、次の日は朝4時半には出てきて調教に乗っています。自分がやらなきゃ気がすまないっていうか・・・(苦笑)」(新町さん)

 長年に渡ってトップに君臨し続けて、たくさんのファンを魅了し続けている裏には、努力という言葉が切っても切り離せないものなんでしょうねぇ。


 新町さんに的場騎手の素顔を聞いてみました。「あのまんまですよね。裏表がないっていうか。普段からしゃべっているし、しゃべらないときは具合が悪い時だけかな(笑)馬を動かすのは負けていないと思っているでしょうね。でも、最後にあれだけ動かせるのは、道中いかに負担をかけずに進ませられるか。コース取りもロスのないように、馬場のコンディションをよく見ていますよ。観察力もすごいですね」。


 大井はちょうど開催終わりということもあって、新町さんも大井の仲間たちと一緒に阪神競馬場に的場騎手の応援に行くと言っていました。中央でのバレット業務は手続きなどの関係で別の方が行うそうで、応援に専念するそうです。「怪我と制裁には気をつけて、頑張って欲しいです(笑)」(新町さん)


 昨日は不利があったりと残念な結果に終わった的場騎手。今日は的場騎手らしい騎乗が見られることを楽しみにしています。的場騎手、思いっきり暴れて来て下さい\(^o^)/



 日曜日コラムは、パソコン携帯です。



 

プロフィール
カレンダー
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode