<< 鎌倉記念、リーチ優勝! | main | この川崎開催のポスター! >>

鎌倉記念、南関東勢を振り返る。

 鎌倉記念は北海道のリーチが優勝し(記事はこちら)、

 

 惜しいクビ差の2着が今野忠成騎手が手綱を取ったセイカメテオポリスでした。初コースながらも、中団から最後は内をついて猛追してくる内容。

 

 

 

 「道中はもう一列前で競馬をしたかったですが、最後はよく反応してくれました。レースは上手な馬ですが、左回りは初めてだったので若干ぎこちない感じでしたね。一回使っていたら、コンスタントにコーナーを回れていたと思います。それを言えば勝った馬も同じ条件ですけどね。ゆくゆくはもっと良くなってくる馬だと思いますよ!」(今野騎手)。

 

 

 3着は森泰斗騎手を背に外枠から果敢に逃げたジョーロノでした。

 

 

 

 「背中の柔らかさがある馬ですね。今まで逃げる競馬をしてきたので馬も覚えているので、テンから速かったです。かなりきつい展開になりましたが、内枠からもっとポンと行ってマイペースに持ち込めれば違った結果になったかもしれませんが、これも競馬ですね。これからいろんな経験を積んでいけば、来年に手応えの持てる馬だと思います」(森騎手)。

 

 

 1番人気だったのは矢野貴之騎手とコンビを組んだ牝馬のナジャ。これまではスピードの違いで逃げ切り勝ちを収めてきましたが、今回は中団からごちゃつく競馬になりながらも5着。かわいい芦毛さん。↓

 

 

 

 「返し馬はスムーズに行けたのですが、スタートで狭くなってそこで追われたことでカーッとしたところもあって、1コーナーで外にふくれるところがありました。前回課題だったことをクリアすると、また違う課題が出てきて、まだ馬が本当に若いし粗削りです。

 

 道中はフワフワというか、走りが定まっていないというか、まだどっちを走っていいのかわからない感じなのですが、ごちゃついても一生懸命に走っていて、直線でまたやり返そうとする気持ちもあったので、そこはすばらしいと思います。もまれてもなかなかいい感じでした。これがこれからいい方に出てくれれば」(矢野騎手)。

 

 次のローレル賞が楽しみですね!

 

 ちなみに、鎌倉記念のコスプレ誘導馬さんたちの装いは、ハロウィンのバージョンアップ!

 

 誘導馬騎乗者さんたちの装いも超かわいかったですよ。向かって右がビービートルネード、左はツクバチャーム。↓

 

 

 

 

 

 

 


プロフィール
カレンダー
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode