<< 8月5日船橋2レース競走中止について。 | main | 8月6日船橋3レース新馬、ファイナルキング優勝! >>

準重賞・千葉日報賞を振り返る。そして、無事蛙(^^)

 この船橋開催は重賞はありませんが、今日は準重賞・千葉日報賞(1600m)が行われました。

 

 レース結果と動画はこちら

 

 ここは、メンバー中唯一の3歳馬ファルコンウィング(浦和・小久保厩舎)が、左海誠二騎手を配して、逃げ切り勝ちを収めました。勝ちタイムは1600m1分41秒1(良)。

 

 2着がベイビータピット、3着はディアブルーダー。そして、林厩舎の2頭マルヒロナッツオーとスペリオルシチーが、同厩同士の4着同着というのも、なかなか珍しいですね。

 

 ファルコンウィングは東京ダービー以来のレースで、初の古馬との戦いで、お見事でした!

 

 

 

 

 

 「ゲートが課題だったり、ムラなところはありますが、ちゃんと走れれば力のある馬です。今日は休み明けで初めての古馬とのレース。元々、幅のある体をした馬ですが、背中はさらにしっかりしました。スーッとスタートを決めて自分の形に持っていけたのも、成長しているということだと思います

 

 まだまだ課題は残っていますが、これから楽しみですね。1600mはベストですが、現状では1800mまではこなしてくれると思います」(左海騎手)。

 

 

 

 この後は黒潮盃を予定しているそうですよ。

 

 

 さて、そんなメインレースが行われている時、馬場のすぐ脇には……。

 

 

 

 大きめですごくかわいいお顔をした蛙がいました。

 

 

 

 無事、蛙。

 

 無事、帰る。

 

 これからも見守っていてください(^^)

 


プロフィール
カレンダー
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode