<< 山崎良騎手が復帰しました! | main | 今日の1枚〜フリオーソのお子様たち〜 >>

東京記念トライアル、フリオーソ産駒ホーリーブレイズ強かった!

 7月28日に大井競馬場で行われた東京記念トライアルレース(2400m)。1着馬と2着馬には、9月9日に実施される東京記念の優先出走権が与えられます。

 

 ここで驚くほどの強さを見せたのは、真島大輔騎手がエスコートをした4番人気ホーリーブレイズ(大井・福永厩舎<小林>)。中央時代に5勝を挙げているフリオーソ産駒。今回から南関東の一員になりましたが、ぶっち切りの強さをご披露しました。

 

 外の2番手から進めていき、3コーナー手前では先頭に立つと、最後は2着のトーセンブルに2秒6差もつける大差勝ち。タイムは2400m2分33秒9(やや重)。レース結果と動画はこちら。3着がサブノクロヒョウ。

 

 

 南関東の偉大なるフリオーソのお子様がぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!この勝ちっぷりに興奮しました(^^ゞ

 

 

 

 

 

 真島騎手

「すごくいい馬ですね。もっと後ろからの競馬だと思っていたので、あれ?進んだ?っていう感じで、道中は楽でした。元々がフワフワする所があるみたいですが、今日も反応はしているんですがフワフワしている所もあったので、直線もずっと追っていました。(他の馬たちに)来られたらもっと伸びそうな感じはありますよ。重賞でも楽しみな馬ですね」

 

 福永調教師

「一週前追い切りでは時計は出ていますがフワフワしている所があったんですが、そこで攻めておいたのもよかったのか、最終追い切りはいかにも手応えのいい感じで回ってきてくれたので、一週前でしっかり動かして状態も上がってきたかなぁと感じていました。それにしても、この勝ち方にはびっくりですね。ホッとしました。

 

 ゲートはうるさいと聞いていて、中央時代は後ろからの競馬が多かったようですが、この中間は(ゲートでの)尾持ちの練習をしたら大人しかったので、それも大きかったと思います。大輔も、ゲートの中で蹴ったりしていたけど、なだめたら大人しかったと言っていました。あのポジションを取れたのも、尾持ち効果もあったのかなと」

 

 今後は、短期のリフレッシュ放牧後に、、東京記念に向けていくことになったそうですよ。

 

 本当に楽しみな馬が南関東の一員になりましたね。フリオーソお父さんが大活躍した南関東競馬で、これからいっぱい暴れて欲しいと思います(^-^)

 

 

 

 ゴール付近のお顔をアップにしてみました。なんか見てますね(^-^)

 

 

 なお、2着のトーセンブル(本田正重騎手、船橋・山中厩舎)も権利をつかみました。

 

 

 

 幅広い距離を走っていますが、最近は長距離戦で活躍しているイメージが強いですよね。頑張り屋さんなトーセンブルの、肩掛けしている姿も見せて欲しいです!!!

 

 


プロフィール
カレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode