<< 大井開催が始まります! | main | JDD当日!!! >>

アクアリーブル、ありがとう!アスカリーブル、ありがとう!

 明日の大井競馬場では、南関東クラシック3冠目のジャパンダートダービーが行われます。早いもので、今年の南関東クラシック戦線も最終戦になりますね。

 

 今年もいろんなドラマが生まれた南関東クラシック戦線。その主役の1頭は、もちろん、南関東牝馬2冠を達成したアクアリーブル(船橋・佐藤賢二厩舎、船橋・米谷康秀厩舎)でした。

 

 お父さんがパイロ、お母さんは兵庫と南関東で、牝馬クラシック2冠をはじめ、通算7つのタイトルを取ったアスカリーブル。NARグランプリ3歳最優秀牝馬や2年連続でグランダムジャパン古馬シーズンも獲得した女傑です。

 

 そんな偉大な母の初めてのお子様として誕生したアクアリーブル。以前も掲載させて頂きましたが、生まれ故郷の新生ファームさんが撮影された貴重なアスカ&アクア親子の2ショット↓

 

 

 こういう穏やかな日々を過ごしながらも、離乳前には急逝したというアスカ。その後はサラブレッドの乳母に育てられたというアクア。

 

 アクアは立派に成長し、北海道からデビュー。そして、南関東へ。

 

 牝馬1冠目の桜花賞を制覇↓

 

 

 

 牝馬2冠目の東京プリンセス賞も優勝↓

 

 

 

 しかし、この数日後、佐藤賢二調教師との突然の別れ。

 

 アクアは、賢二調教師の弟子でもある米谷調教師のもとへ転厩しました。担当の高橋厩務員と調教パートナーの山本聡紀騎手は引き続き寄り添いながら、牝馬2冠の称号を引っ下げて、3冠目の関東オークスへ。アクアにとっても、関係者にとっても、いろんなものを背負った戦いになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 アクアは矢野貴之騎手を背に中央馬と果敢に立ち向かい、レースは好スタートを決めて道中2番手から。最後の直線では逃げていたアールクインダムを交わして先頭に立ったところに、外から3番手につけていたレーヌブランシュが抜き去って、惜しくも2着でした。

 

 関東オークスの勝利、そして、南関東牝馬3冠馬の称号が、1馬身半差、届きませんでした。1馬身半差……。しかし、中央馬とも力差のない所を証明し、牝馬2冠馬として立派に戦い抜いたと思います。

 

 

 

 「勝てると思っていたし、絶対に勝ちたいレースだったので、ものすごく悔しいです。

 

 スタートも決まって折り合いもついて、4コーナーの手応えでは勝てると思っていたのですが、相手とは切れ負けした感じです。力を出し切った感じはありますが、まだ走り切っていない遊ぶようなところがあって、交わされてからはまた追いかけていました。

 

 自分の馬が一番強いと思って乗せて頂いたのでスッキリはしています。でも、たら・ればにはなりますが、こうだったらとか、こうすればよかったとか、レースを見るといろいろ考えて悔しくなるので、今回はレース映像も1回しか見ていません。

 

 自分のためというよりも、賢二先生のためとか、関係者の皆さんとか、ファンも多い馬ですし地方の意地を見せたかったです。終わってから申し訳ない気持ちでいっぱいになりましたが、馬は頑張ってくれました」(矢野騎手)。

 

 

 

 「このレースに向けて自分を追い込んできましたが、緊張とかプレッシャーはなかったです。それだけ、米谷調教師、担当の高橋厩務員や調教に乗っている山本騎手たちがどっしりとしてくれていたので安心して臨めたし、こういう3冠のかかったレースはそうないので、その皆さんの中に自分がいられたことはものすごくうれしかったです。

 

 高崎からきて最初はウダウダしていましたが、船橋の賢二先生から大井の騎手なのに乗せてもらえるようになりました。賢二先生に乗せてもらえることが騎手としてもひとつ認めてもらえたような感じで、誇りにも思っていました。

 

 今回の結果に関しては『そんなに甘くないからもっと頑張れよ』と、僕自身は賢二先生から言われているようにとらえています」(矢野騎手)。

 

 

「矢野は馬のことを何でもわかっていると思っていたので、任せるよと言って送り出しました。いい所につけられたし、あの位置で負けたら仕方ないと感じていたので、馬の力は出せたのかなと思っています。松山騎手もうまく乗ったので、相手を褒めるしかありません。例年に比べても時計は速かったですね」(米谷調教師)。

 

 現在のアクアはゴリンファーム(千葉)で放牧休養に出ていて、秋はサルビアカップからロジータ記念を予定しているそうです。

 

 

 2006年のチャームアスリープ以来となる14年ぶり2頭目の牝馬3冠馬の誕生はなりませんでした。しかし、立派な走りを見せてくれたと思います。

 

 生まれてくるのも、デビューすることも、1勝挙げることも尊いこの世界において、重賞まで勝って、牝馬2冠馬にまで輝いて、牝馬3冠への挑戦。ゆかり深い馬のたった1頭の忘れ形見が、最高の瞬間を魅せ続けてくれた今年の南関東牝馬クラシック戦線でした。

 

 

 

 ファンの1人としても、

 

 アクア、ありがとう!

 

 

 

 アスカ、ありがとう!

 

 

 

 

 


プロフィール
カレンダー
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode