<< 大井競馬場でブルーライトアップ・セレモニーが行われました。 | main | 大井記念が行われます。 >>

大井記念メモリアル〜テツノカチドキ賞〜

 今日は大井競馬場で65回目を迎える伝統の一戦、大井記念S1が行われます。

 

 その一つ前の10レースは、大井競馬場70周年を記念して行っているメモリアルレース。

 

 今日はテツノカチドキ賞が行われます。

 

 わ〜〜〜〜〜〜〜!!!

 

 テツノカチドキは、1980年代の南関東競馬の黄金期を彩った1頭ですよね。大井の大山末治厩舎所属。

 

 1986年のオールカマーでは3着、1987年の東京大賞典(当時は3000m)と帝王賞(2000m)を優勝。そして、1985年と1986年の大井記念(当時は2500m)を制するなど、数多くの重賞勝ちを収めた馬だそうです。

 

 佐々木竹見さんとのコンビでとしてもお馴染みですが、デビュー当初は赤嶺本浩騎手や秋吉和美騎手(現在、調教師の方々)も騎乗されています。

 

 大井競馬のホームページ内のコラムで、全5話に渡ってテツノカチドキ物語が掲載されていましたよ。戦績も見られます。その一部がこちら。のちほどゆっくりと拝見させて頂きたいです!

 

 テツノカチドキと戦ってきた相手が、ロッキータイガーやカウンテスアップ、スズユウなどなどなど、もう名前を見ているだけでもたまらない。

 

 テツノカチドキは、この大井競馬場で走っていたのですねぇ。そういうことも考えながら、このテツノカチドキ賞をしっかりと見たいと思います。

 

 今日の出走メンバーはこちらです。

 


プロフィール
カレンダー
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode