<< 〜久保與造調教師〜 | main | 篠谷葵(しのやあおい)騎手がデビューします! >>

森下博騎手、お疲れ様でした!

 今日は3月31日。間もなく、4月1日。

 

 1973年11月7日から騎手人生をスタートさせた川崎の森下博騎手は、今日3月31日で幕を下ろします。

 

 国内最高齢勝利記録は64歳10か月。

 

 国内最高齢騎乗記録は64歳10か月2日。

 

 2676勝(重賞勝ちは33勝。重賞勝ちに関してはこちらを)。

 

 那須の教養センター同期だった山崎尋美調教師は、

 

 「何回も怪我をしているので、的場(同期の的場文男騎手)共々やめるだろうなと思っていたのに、あの2人は本当にすごいしえらいですよ。今度は別の立場で馬を育てていくということなので、頑張って欲しいですね」(山崎調教師)。

 

 教養センターにいた頃、森下少年はどんな生徒だったのでしょうか。

 

 「博くんがいたお陰でみんなが大変でしたよ(苦笑)。一人だけ図抜けて馬乗りがうまかったです。

 

 学校では鐙を上げて、鐙なしで競走姿勢をさせられたんですが、博くんだけは鐙をはいても外しても、足の位置が全く同じでモンキー姿勢を取っていました。

 

 森下を見習えって教官にいつも言われていました。センスは抜群ですごくうまかったです」(山崎調教師)。

 

 

 3月6日川崎8レースでは、エスプリブラウン(川崎・久保秀厩舎)とのコンビで無事に走り終えました。

 

 

 

 森下騎手のラスト騎乗時は、川崎名物コスプレ誘導馬も森下騎手カラー。おっ、今野忠成会長も森下騎手の勝負服だっ!

 

 

 

 「今年で辞めることは去年から決めていました。これまでの怪我で、ヘルニアや頚椎などあちこちに痛みがあります。体がきつくなっていって、競馬で2頭乗るとガタガタになってしまうので、もう辞めた方がいいなと思いました。調教に乗ることはできますが、競馬になるとその後のケアが苦しくなるので。

 

 寂しいって気持ちはないですね。後悔はありません」(森下騎手)。

 

 南関東競馬は無観客競馬中ですが、森下騎手にとっても47年の歴史でお初とのこと。無観客競馬でラスト騎乗になってしまったことは↓

 

 「寂しいですが、競馬をできただけでもありがたく思っています。テレビやネットで応援してくれていると思いますので、引退式の時に会えることを願っています」(本橋騎手)。

 

 森下騎手の引退式は4月13日から17日までの川崎開催を予定していましたが、無観客競馬になってしまったので、その件に関しては後日発表があると思います。

 

 

 

 森下騎手はラスト騎乗を終えた翌日から、小向トレセンで調教に乗っているそうです。「馬からは離れられない」という強い思いから、これからも調教に乗るそうです

 

 これからは厩務員としての技術を身に着けていきたいそうで、いずれはパドックで馬を引く姿も見られるかもしれませんね。

 

 森下騎手、47年の騎手人生、本当に本当にお疲れ様でした。ありがとうございました。

 

 

 


プロフィール
カレンダー
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode