<< 小杉亮騎手、復帰! | main | 報知グランプリカップの競走除外について。 >>

フリオーソ・メモリアルを振り返る。

 船橋競馬場では船橋が生んだ名馬たちのメモリアルレースがよく行われていますね。偉大な馬だったなぁと改めて思い出す、とても大切な時間にもなっています。

 

 今日の船橋10レースに組まれていたフリオーソ・メモリアル。

 

 

 

 

 ここは、山口達弥騎手騎乗の2番人気エメリミット(船橋・林正人厩舎)が逃げ切り勝ちを収めました。エメリミットは、父はシンボリクリスエスの黒鹿毛の男の子。レース結果と動画はこちら勝ちタイムは1600m1分43秒5(良)。2着がシナノパワー、3着はコガラスマル。

 

 担当の藤平厩務員が、「アジュディミツオー・メモリアル」に続いて2連勝と言っていたのですが、フリオーソとアジュディミツオーの冠したレースを両方勝っちゃうなんて、すごいですね(*^-^*)

 

 

 

 

 

 「今日のようなすんなりした競馬なら、力のいる馬場でも最後までしっかり伸びてくれますね。本当はハナには行きたくなかったのですが、内枠だったしすんなりした競馬をさせたかったので。

 

 抜け出すとフワフワする所があるので、(後続馬にこられた方が)ハミを取ってくれました。57キロを背負ってあそこまで伸びるとは思わなかったです。終いはしっかり脚を使ってくれますね」(山口騎手)。

 

 

 

 林調教師のお話しでは、今後については未定ということですが、これからの3歳重賞戦線にはのせたい馬ということでしたよ。山口騎手と言えば、東京ダービー馬インサイドザパークや、オウマタイム、フラットライナーズなどの調教パートナーとしても有名ですが、「今度はタツ(山口騎手)と重賞を勝ちたいね」と林調教師は言っていました。

 

 

 


プロフィール
カレンダー
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode