<< 大井ジョッキーの勝負メシ弁当、ご存じですか?! | main | 雲取賞が行われます。パート2 >>

雲取賞が行われます。パート1

 さぁ、重賞に格上げされて2回目となる雲取賞が迫ってきました。1着から3着までに京浜盃の優先出走権。1着と2着までに羽田盃の優先出走権も与えられるトライアルレース。

 

 データ分析ができる枠順はこちら

 

 追い切り動画や陣営インタビュー、コラムは大井競馬ホームページ内の重賞コーナーで。コラムには調教師さんたちのお話しを書かせてもらっているので、こちらは厩務員さんたち紹介を。

 

〇ゴールドビルダー(本田正重騎手、船橋・佐藤賢厩舎)

 

 

 

「キ甲も抜けてきて、背も伸びた感じですね。ササ針明けでも、ここは地力で勝って欲しいなという思いはあります」と、ヒガシウィルウィンなども手掛けた秀島厩務員。

 

 

〇マンガン(山崎誠士騎手、川崎・田島厩舎)

 

 

 

 「放牧休養後一度使って調子は上がっていますね。調教でも馬場見せでも右回りは問題なかったので、あとはレースでどんな走りをしてくれるかですね」(吉永厩務員)。

 

 

〇ストーミーデイ(笹川翼騎手、大井・沢厩舎)

 

 

 

 今回は放牧休養明け初戦で、「まだ子供っぽいところはありますが、体は大きくなって帰ってきました」と、ナミなども手掛けた鏡厩務員。

 

〇ファルコンウィング(左海誠二騎手、浦和・小久保厩舎)&チョウライリン(的場文男騎手、浦和・小久保厩舎)

 

 ファルコンはブルドッグボスなどの橋本厩務員担当。

 

 

 

 チョウライリンはアンジュジョリーなどの浦志厩務員担当。↓

 

 

 

 

〇ゴールドホイヤー(吉原寛人騎手、川崎・岩本厩舎)

 

 

 

 「利口で我の強い馬ですが、前に比べると大人になってきました。大井競馬場の馬場見せも問題はなく、デビュー前から素質はあると言われてきた馬なので楽しみにしています」と、東京ダービー馬で昨年の覇者ヒカリオーソも担当している小林厩務員。

 


プロフィール
カレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode