<< (追記あり)ワットロンクン、誘導馬の卵として登場! | main | 話題の『エン』、負けなし2連勝! >>

トキノエクセレント、お疲れ様でした。

 重賞戦線で活躍し、11歳まで走り続けたトキノエクセレント(川崎・八木喜厩舎)が、引退しました。

 

 中央から南関東の一員となり、2014年のさきたま杯は2着。その後は蹄骨の骨折を乗り越えて、2016年のゴールドカップを優勝し、悲願の重賞ウイナーの仲間入りを果たしました。

 

 

 

 

 

 

 

 南関東は9歳いっぱいまでの年齢制限はありますが、A1馬の特例を生かし、10歳、11歳と、条件をクリアしながら立派に現役生活を続けました。

 

 「さきたま杯は勝ったと思ったくらいに際どかったから本当に残念でしたが、蹄骨の骨折から重賞を勝ってくれました。この年まで走ってくれて、本当にすごい馬だと思います。ご苦労様でした」(八木調教師)。

 

 現在は、神奈川県の乗馬クラブ クリエ三浦で、第二の生活をスタートさせたところだそうです。

 

 エクセレント、本当にお疲れ様でした。いっぱいありがとうございました!

 

 


プロフィール
カレンダー
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode