<< ハイセイコー記念が行われます。パート1 | main | 速報、ハイセイコー記念! >>

ハイセイコー記念が行われます。パート2

 パート1からの続きです。

 

 額に富士山のようなマークがついていることが巷で話題になっているファンシーアップ(吉原寛人騎手、大井・荒山厩舎<小林>)。おめでたい気分(^^) 兄は金盃の勝ち馬ジャルディーノです。ファンシーアップはホッカイドウ競馬で1戦し、南関東で1戦し、合計2戦全勝。

 

 調教もつけてお世話もする川田厩務員は、大井時代にボンネビルレコードの調教をつけていたこともありました。やはり、ボンちゃんの乗り味は別格だったそうです。

 

 ファンシーアップも背中がよくてバネもすばらしいそうですよぉ!

 

 

 

 「前走と変わらない状態です。もっとカイバを食べて欲しいとか、もっと落ち着いて欲しいとか、気の難しいところがあるとか、外回りの方がいいとか、いろいろありますが、これまで関わってきた人たちが絶賛してきた馬で、持っているモノが違います。勝ってもらないと困る馬だと思っています。あ、でも泣いておいてください(笑)」と、泣きの荒山調教師。

 

 

 

 そして、こちらも非常に怖いのが、ブリッグオドーン(御神本訓史騎手、大井・渡邉厩舎)とデスティネ(赤岡修次騎手、大井・渡邉厩舎)。2頭とも渡邉厩舎の外厩馬としてミッドウェイファームで調教を積んでいます。

 

 「(ブリッグオドーンは)1400m戦と1600戦を勝ってくれて2戦2勝です。時計も内容もよかったと思っています。そもそもゴールドジュニアーに向けて調整をしていたのですが、一週前追い切りの時に歩様が乱れたために、無理はさせずに、このハイセイコー記念に切り替えました。

 

 間はあきましたがここまで順調にきましたし、ここ2戦の内容がすばらしいので、不安よりも期待の方が大きいです。

 

 (デスティネは)よくなるのは先の馬に思っていたのですが、素質のあるところを見せてくれています。前走は差されてしまいましたが、先々が楽しみな内容でした。新馬戦の時から馬込みも砂をかぶっても大丈夫な馬で、思っている以上に器用です。

 

 初めてのマイル戦もやってくれると期待したいですね。本当によくなるのは来年以降だと思いますが、意外性のある馬だと感じています。1着同着優勝目指して欲しいですね!」(渡邉調教師)。

 

〇プレストルーチェ(張田昂騎手、船橋・山下厩舎)

 

 お姉ちゃまは、グランダムジャパン古馬シーズンのチャンピオンに輝いたクレイジーアクセルですよ。こちらもきれいな男の子。ここまで3戦2勝3着1回。前走はシーサイドジュニア特別を完勝しました。

 

 担当はフリオーソや、これからとってもとっても楽しみなジーナフォンテンの愛息カジノフォンテンを手掛ける波多野厩務員。プレストルーチェについては、成長がゆっくりでこれからの馬だそうですが、使うたびにちゃんと学習して、それを次に生かしているタイプだそう。いいモノは持っている馬だそうですよ。

 

 今回は初めての大井遠征。張田騎手は、普段の調教では右回りは乗りやすいと言っているそうです。

 

 

 

 「2走前に負けたのは、初めての1周競馬だったり、レースを使っている馬たちとの経験の差だと思っています。状態は維持できていますし、レースセンスは高い馬。使いながら成長してくれていて、1回ごとにレース内容もよくなっています。まだ遊びながら本気で走っていないので、どのくらいやれるのか楽しみです」(山下調教師)。

 

 山下調教師も張田騎手も絶好調。そろそろ重賞勝ちを見たい方も多いのではないでしょうか!

 

 

〇ピアノマン(今野忠成騎手、船橋・佐藤賢厩舎)

 

 大井生え抜きだったエムワイスカレットの愛息。北海道のフレッシュチャレンジを勝ち、そのまま南関東の一員に。

 

 以前書かせて頂いた「ダブルヒガシ?!」の記事覚えていますか?こちら。北海道時代にヒガシウィルウィンを担当していた山田厩務員が、このピアノマンを手掛けています。山田厩務員にとって、南関東に移籍後重賞初挑戦が前走の平和賞でした。

 

 今回は、南関東時代にヒガシウィルウィンを担当していた秀島厩務員がゴールドビルダーを送り出すので、まさに、「ダブルヒガシ」で、ハイセイコー記念に挑む形になりました。

 

 

 

 ピアノマン、2歳馬に思えないような雰囲気たっぷりな馬でびっくりしました(^-^;

 

 

 

 佐藤調教師と山田厩務員のお話しでは、調教でも個性派だそうですが、レースでもまだまだ真面目に走っていないそうで……。前走の平和賞も走る気持ちがないような感じで遊びながら走っていたために、疲れもないことから、間隔はなかったものの、このハイセイコー記念へ。

 

 前回は体重が増えていましたが、今回は減らして出したいということでした。能力の高さはこれまで多くの重賞勝ち馬を出している佐藤調教師も感じていることなので、あとは、ピアノマンがしっかり走り切った時にどのくらいやれるのでしょうかぁ。興味津々。

 

 

 

〇コガラスマル(町田直希騎手、川崎・高月厩舎)

「数は使っていますが、状態は悪くないですよ。右回りの調教では内にささるようなところもあるので、レースでどんな走りをしてくれるかですね」(高月調教師)。

 

〇マルモリラッキー(坂井英光騎手、川崎・武井厩舎)

「リフレッシュ休養明けですが、ここを目標に取り組んできたので、しっかり乗り込んできました。小柄ですが芯がしっかりしている馬。広いコースはいいですね。ある程度ためていきながら、末脚を生かせれば」(武井調教師)。

 

〇ティーズプライム(福原杏騎手、大井・嶋田厩舎)

「前半ついていかずに、遊びながら、終いだけでくるようなタイプです。前回はチークをつけたことによって、馬群には取りついていけたので、効果はあったなぁと思っています。涼しくなってきて元気になってきました。距離も延びていいタイプなので、先につながる競馬ができれば」(嶋田調教師)。

 

〇ユウユウグリュック(秋元耕成騎手、浦和・横山厩舎)

 今年産駒がデビューしたエーシンジーラインの孝行娘が、大井競馬場に初参戦。小柄な牝馬、どんな走りを見せるでしょうか。

 

〇フォルワールド(楢崎功佑騎手、大井・市村厩舎)

 オグリ一族のファンの皆さんには、非常に楽しみな馬ですね。フォルワールドの祖母はオグリローマン。その兄が、オグリキャップですねぇ!!!

 

 フォルワールドは新馬戦を勝ち、その後のレースは7着でしたが、まだ2戦のキャリア。今日はこの大舞台でどんな走りを見せるでしょうか。

 

 早い時間帯から、パドックにはハイセイコー記念の幕のお隣に、フォルワールドの横断幕が貼られていましたよ。

 

 

 

 

 さぁ、夢いっぱいの15頭。

 

 全人馬無事に。

 

 発走は20時10分。

 

 

 


プロフィール
カレンダー
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode