<< 台風19号の被災者支援レースと募金活動を実施。 | main | 11月8日浦和1レース新馬戦、アンジュエトワール優勝! >>

サトノタイガー、お疲れ様でした!

 2014年の春から南関東の一員になったサトノタイガー(浦和・小久保智厩舎)は、川崎マイラーズで町田直希騎手とのコンビで重賞初制覇。その後は、アフター5スター賞優勝。盛岡競馬場で行われたJBCスプリントは、優勝したドリームバレンチノからタイム差なしの惜しい悔しい2着。カペラS2着と、大活躍。その年のNARグランプリ最優秀短距離馬を獲得しました。

 

 2014年春、南関魂に初登場。タイガー、6歳。↓

 

 

 

 念願の重賞初制覇、川崎マイラーズ↓

 

 

 

 

 

 

 

 初肩掛け↓

 

 

 

 アフター5スター賞は、当時6歳同士のサトノタイガーとゴーディーが熱戦を展開し、タイガーが勝利、ゴーディーがタイム差なしの2着。あれから5年の月日が流れてもお互い現役を続けてきたのですから、ホントすばらしいです。↓

 

 

 

 タイガーはその後も重賞レースの高いレベルで走り続けてきました。

 

 6歳、7歳、8歳、9歳、10歳、11歳と、約5年以上も南関東の一員として走り続けました。

 

 ふと、タイガーが南関魂に登場してくれた時の写真を眺めていて……。

 

 

 

 

 

 

 

 懐かしい光景とともに、タイガーもいる……。

 

 それだけ、南関東の一員として、長い時間を過ごしてきたんだなぁって……。

 

 タイガー自身は来年12歳になっても南関東の一員でいる権利は獲得していたのですが、先日、引退しました。

 

 現在は埼玉県三郷市の乗馬クラブスリーフィールドさんに移動。引き続き、乗馬でもご活躍の前田諭志オーナーの所有馬として、乗馬のレッスンを積んでいるところだそうです。そう、同じ小久保厩舎だったクレイアートビュンもいるところで、ビュンとタイガーが一緒に暮らしているというのも、南関ファンにはたまりません。

 

 小久保調教師も先日ビュンとタイガーに乗ってきたところだそうですよ。あ、ビュンは今年15歳になりましたが、相変わらず元気いっぱいだそうです。遊びにいった小久保調教師に噛みついているとか。小久保調教師に噛みつけるとは、さすがは総大将だったビュンさん(*^-^*)

 

 「タイガーもよく走ってくれました。スピードもすごかったけど、気持ちも強い馬でした。ビュンもそうですがタイガーも、いつでも会いに行ける場所なので、いろんな人からかわいがってもらえるのは、幸せだと思います」(小久保調教師)。

 

 イケメンさんのタイガー、長い間お疲れ様でした!いっぱいありがとう!!!会いに行きたいです!!!

 

 

 

 サトノタイガー 11歳牡馬

 

 馬主 里見治様、前田諭志様

 

 生産 社台ファーム様(千歳)

 

 父 キングカメハメハ、母 ファビラスターン、母父サンデーサイレンス

 

 80戦8勝2着8回3着7回(川崎マイラーズ2014、アフター5スター賞2014) NARグランプリ最優秀短距離馬2014

 

 


プロフィール
カレンダー
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode