<< 浦和のルーキー、中島良美騎手初勝利! | main | 台風19号の被災者支援レースと募金活動を実施。 >>

キタサンミカヅキ、現役引退・種牡馬入り!

 船橋競馬より、キタサンミカヅキ(船橋・佐藤賢二厩舎)の現役引退と種牡馬入りが発表されました。記事はこちら

 

 キタサンミカヅキは中央から南関東へ移籍し、

 

 東京盃連覇、アフター5スター賞3連覇、東京スプリント、プラチナカップと7つのタイトルホルダーに。

 

 そして、昨年のNARグランプリ年度代表馬&4歳以上最優秀牡馬&最優秀短距離馬と3部門も獲得。

 

 移籍初戦だった2年前のアフター5スター賞で7歳にして念願のタイトルホルダーに輝くと、南関東では19戦をして、たった1度しか着外がありません。常にダートグレード競走や重賞レースに挑戦しながらのこの成績は、言葉では言い表せないほどすばらしいものだったと思います。

 

 南関東所属だったのは約2年3か月という短い間だったのですが、ミカヅキが魅せてくれた時間は、それ以上に感じさせるとてもとても濃いものでした。

 

  結果的にラストランとなったのは、主戦の森泰斗騎手を背に、力でねじ伏せ、3連覇を飾ったアフター5スター賞。

 

 「数々のタイトルや2018年の年度代表馬と、いろいろと頑張ってくれて感謝しています。これからは種牡馬としていい仔を出して、第二の馬生でもぜひ活躍してもらいたいです」(佐藤調教師)。

 

 引退後は種牡馬としてカタオカステーブルさん(新ひだか町)で繋養されることになったそうです。

 

 

 

 ミカヅキ、お疲れ様でした!いっぱい、ありがとう!G1制覇は、ミカヅキっ仔たちに託しますね!!!

 

 

 キタサンミカヅキ 9歳牡馬

 

 馬主 (有) 大野商事様

 

 生産 広中稔様(日高町)

 

 父 キングヘイロー、母 キタサンジュエリー、母父 サクラバクシンオー

 


プロフィール
カレンダー
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode