<< 笹川翼騎手について。 | main | キタサンミカヅキ、現役引退・種牡馬入り! >>

浦和のルーキー、中島良美騎手初勝利!

 いろんなニュースにも取り上げられていましたが、浦和のルーキー・中島良美(なかしまよしみ)騎手が、11月5日浦和8レースで、5番人気ノッテステラータ(浦和・工藤厩舎)を勝利に導き、デビューした日に3戦目での初勝利を挙げました。

 

 初騎乗についてはこちらをご覧頂ください。中島騎手自身は案外落ち着いていたそうです。「ゲートの隣にいた内田さん(内田利雄騎手)が、『緊張するねぇ〜』とか声をかけてくだっさったのも本当に助かりました。思っているよりもテンパることもなく臨むことができました」(中島騎手)。

 

 

 

 

 8レースの結果と映像はこちらをご覧ください。中団から進め、勝負所では外から上がっていって、豪快に差し切るシーンがめちゃめちゃカッコよかったです。

 

 

 

 

 

 かつて南関競馬でも女性騎手をよく見かけた時代もありましたが、しばらくは女性騎手不在の時期が続きました。中島騎手は、約8年ぶりとなる女性騎手で、デビューという意味では約19年ぶり。本当に久しぶりとなる南関所属の女性騎手なんです。

 

 ファンの皆さんも楽しみに待っていたのでしょう。勝った後に、中島騎手のウイニングランが見られて、集まったお客様も大喜びだったようです。

 

 このウイニングランは、繁田健一騎手会長の発案。ゴールをした後もまだかなりのお客様が残っているのが見えたので、「行ってこい!」と、中島騎手は繁田騎手から言われたそうです。「場違いだなぁと思ったのですが(苦笑)」と控えめな中島騎手は言っていましたが、お客様もすごく喜んでいたようなので何よりです。

 

 引き返してきたところ↓

 

 

 

 「(差し切り勝ちは気持ちよかったですか?)慣れていないので、追っている時に内に行ってしまったので大丈夫かな?という不安の方が大きくて、気持ちがいいという感じはなかったです。馬に助けられて勝つことができました。4キロ減★も生かすことができたと思っています。乗せて頂いた馬主さん、厩舎関係者の皆さんに感謝しています。ありがとうございました」(中島騎手)。

 

 レース後には報道陣がズラリと。↓

 

 

 

 まずは1勝を目標にしていた中島騎手。これからの目標は……。

 

 「ゲートを出てからの判断力。どこに位置を取るかまだ周りが見えていないので、危険な騎乗をしないように気をつけたいです。これから数も乗せて頂けるようになって勝ちたいですし、レディースジョッキーズシリーズなどが行われるときも勝ちたいです。まだまだ未熟なのでプロらしい乗り方ができるように頑張ります」(中島騎手)。

 

 レース後、汗まみれ泥まみれの中島騎手。同性から見ても、かっこいいし、かわいい! 

 

 

 

 「まだまだ自分を出せていないので、もっといろんな人たちと話せるようになって、自分をアピールしていきたいです」とも言っていた中島騎手。人見知りさんなところもある中島騎手ですが、騎手としては乗るだけではなく、自分をアピールしていくことも大切なので、頑張ってくださいね!

 

 

 まずは地元・浦和競馬場からのデビューになりましたが、4キロ減★をフルに生かし、これから川崎、大井、船橋でも乗る機会が増えてくるかな?中島騎手のデビューは、南関の明るい話題です!!!

 

 


プロフィール
カレンダー
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode