<< ダブル・ヒガシ?!(*^-^*) | main | 東京ダービー2着ミューチャリー&東京ダービー3着ウィンターフェル。 >>

(追記あり)JDD出走、東京ダービー馬ヒカリオーソ

 南関東クラシック3冠目ジャパンダートダービー。東京ダービー馬ヒカリオーソ(山崎誠士騎手、川崎・岩本厩舎)が2冠目をかけて挑みます。

 

 かわいいお顔をしている我らが東京ダービー馬さん。最近は、胸元から右肩にかけての白いぷつぷつが話題になっています。皮膚病のように思っている方もいるようなんですが、そうではなくて、こういうお体なんだそうですよ(^^;

 

 

 

 前走の東京ダービーは鼻出血後の一戦。最初はいつもよりも軽めに乗りながら、調教試験も挟むなど、通常のこの馬のレースに向かうパターンとは違う形で調教を積んできただけに、レース前は陣営も半信半疑なところはあったものの、強いままのヒカリオーソで帰ってきてくれました。

 

 そういう意味では、今回の方が順調に進めてきたそうで、

 

 「余裕を持って仕上げられてきて、いい所に肉もついて前走よりも体つきはよくなっていると思います。上積みもあるし、いい勝負をしてくれると期待しています」(小林厩務員)。

 

 「最終調整を終えてみて、いい感じで仕上がっていると思います。体重はそんなに変わっていないかもしれませんが、乗った感じではひと回り幅が出た感じですね。前より落ち着きも出てきたし、だからと言って、気はいいので、後ろからくる馬にもちゃんと反応してくれます。

 

 この馬は、前につけられる脚はありますが、後ろからくる馬とも同じくらいの脚を使えますよね。スローペースでもハイペースでもどんな競馬にも対応のできるレースの上手な馬です。レースは相手もあることですが、ダービーよりもいい感じで送り出せます」(調教パートナーの甲斐厩務員)。

 

 カイバももりもり、東京ダービー馬さん↓

 

 

 東京ダービーは父フリオーソが果たせなかった夢を叶えた孝行息子。

 

 今度は2007年に父が制した思い出のレースに、親子制覇をかけて登場します。

 

 岩本調教師や山崎騎手のコメントなど詳細コラムはこちらを。追い切り動画やインタビューもご覧いただけます。

 

 ヒカリオーソ、無事にがんばって!

 

 

 (追記あり)

 

 ヒカリオーソの同僚で、優駿スプリントの覇者ナガタブラックも、レース後元気で何よりです。

 

 ヒカリオーソが牡馬の中では小柄なタイプなので、ヒカリオーソを見た後にビッグサイズのナガタブラックを見ると、より重厚感が!ちょうどカイバタイムで、お鼻の穴にいっぱいくっつけながら食べていました。ゆっくりと味わって食べるタイプなんだそうです(*'▽')

 

 次の戦いも楽しみですね!

 

 

 

 


プロフィール
カレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode