<< ブルーラッドのその後・・・キラキラ | main | エイブルインレースとリュウノケンシロウ、頑張れ! >>

ユキチャンが来た。

 
 もういろんなメディアで紹介されていますが、08関東オークスの覇者・白毛馬ユキチャンが南関東に仲間入りしました。ユキチャンと同じ金子オーナーが所有していたロッキーアピールを再生させたことでもお馴染みの川崎・山崎尋美厩舎に転厩。

   ユキチャン


 まさか、小向トレセンでこういう光景が見られるとは夢にも思いませんでした。ユキチャンも調教馬場に向かうために横断歩道を渡るんだ(^^) ユキチャンも、信号待ちするんだ(^^) それにしても、ユキチャン、普段から光り輝きすぎ(^^)

 9日早朝に小向トレセンにやって来て、昨日10日の早朝には厩舎の周りを1時間ほど乗り運動。(周りの人たちからも、『お〜っ!』と驚かれていたそうです)午前中には地方競馬所属になるための馬体検査を受けたそうで、南関東の仲間入りの準備が着々と行われています。

 担当は山崎厩舎所属12年目で一番長い柳田剛厩務員。中央に転厩する前のプリサイスマシーンを手掛け、ハツラツやバルバンクールを担当しています。ただ、調教は山崎厩舎流にスタッフみんなで乗って仕上げていくので、その辺りはユキチャンも山崎厩舎所属のお馬さんたちと一緒です。

 「今のところはすごくおとなしいですよ。カイバも食べています」(柳田厩務員)ということで、新しい環境ですが、ユキチャンは元気そうで良かったです。
    
 これまで数えきれないくらいカメラを向けられていることもあるのか、ものすごくカメラ慣れしているお馬さんだなぁと思いました。それにしても、白いんですが(^^ゞ


         ユキチャン


 「(ユキチャンが入ったことによって)、川崎、南関東みんなで盛り上がっていければいいですねぇ」(柳田厩務員)。 山崎調教師のお話しでは、10月21日のTCKディスタフから始動予定とのことです(予定は変更される場合がありますのでご了承下さい)。 

 関東オークス馬でありながら、補欠で予定のレースを走ることができなかったこともありますが、これからはそういう部分は解消されますから、予定したレースを思いっきり走って欲しいと思います。南関東は牝馬重賞が充実しています。現在の牝馬戦線は混沌とした様相を呈していますから、ユキチャンの南関東仲間入りは起爆剤にもなりますねぇ。牝馬戦線、おもしろくなってきたぁ\(^o^)/っていうか、ときには牡馬とのレースだって考えられるでしょうけどねぇ。

 9月16日には大井でトゥインクルレディー賞が行われますが、TCKディスタフでユキチャンと対戦する面々もたくさん出ています。要チェックですよ、チェック(^^)



プロフィール
カレンダー
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode