<< かしわ記念が行われます。 | main | 〜レガルスイ〜 >>

かしわ記念、ゴールドドリーム優勝!

 かしわ記念Jpn1は、クリストフ・ルメール騎手エスコートの2番人気ゴールドドリーム(中央・平田修厩舎)が優勝しました。去年に続いて連覇を達成!チャンピオンズカップやフェブラリーSなどを優勝しているダート界の雄。

 

 レースは5番手付近から押し上げていき、3番手から3コーナー手前で先頭に立った武豊騎手騎乗の1番人気インティを、ゴール前に差し切って1馬身半差交わす内容。勝ちタイムは1600m1分40秒2(やや重)。

 

 2着がインティ、3着はアポロケンタッキー。地方最先着がキタサンミカヅキの5着でした。

 

 レース結果と動画はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ルメール騎手

「すごくいいスタートを切れたので、すぐに豊さんの後ろにつけることができました。リラックスして走ってくれて、最後はいい脚を使ってくれました。スタート直後には勝つ自信を持てる内容でした。地方のダートも中央のダートもいいし、能力はたくさんあります。またG1を勝てる馬だと思います」

 

 平田調教師

「競走馬なのでいろいろありますが、まずは大事に至らず、ここまで順調にくることができました。6歳なので昔のようにヤンチャをすることもなく、パドックは落ち着いて周回していましたね。スタートもスムーズですぐに好位置を取れて、このままキープできれば直線は脚を使ってくれるかなと思っていました。この後は亭王賞に向かう予定です」

 

 昨年秋から、南部杯、東京大賞典、フェブラリーSと惜しい2着続きだったゴールドドリーム、再びJpn1の肩掛けを奪取。

 

 

  

 

 かしわ記念優勝おめでとうございます。

 

 ゴールドドリーム 6歳牡馬

 

 馬主 吉田勝己様

 

 生産 ノーザンファーム様(安平)

 

 父 ゴールドアリュール、母 モンヴェール、母父 フレンチデピュティ

 

 

 

 

 2着 インティ 武豊騎手

「スタートは速くありませんでしたが、すんなり3番手につけて、道中の位置取りは悪くありませんでしたが、途中オールブラッシュから動かされたのがちょっと痛かったです。直線では手前も替えずに、最後は疲れていました。今日は勝った馬が強かったです」

 

 3着 アポロケンタッキー 戸崎圭太騎手

「前半少しもたついて促しながらの追走になりましたが、このくらいの距離でもやれるかなと。力のあるところは見せられました」

 

 


プロフィール
カレンダー
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode