<< スパーキングサマーカップ、南関東勢を振り返る。 | main | 8月15日大井能力試験 >>

お馬さんたちの予定・近況


 わ〜い!グレードアップ(船橋・松代厩舎)がリフレッシュ放牧から帰ってきましたよ。今年のクラシック戦線をにぎわせてくれるかなぁ〜と期待をしていたお馬さんですが、あの頃はまだまだ途上だったために、これからが楽しみです。

 相変わらず、洗い場にいるときはムッツリしています(^^ゞ でも、走ったときの目つきはイキイキしているお馬さん。そのギャップがカッコいいんです。早く、またレースで走る姿が見たい!


     グレードアップ

 写真を撮っているときに、以前よりも目線が上になったので、ちょっと背が伸びたかなと思ったら、伊藤厩務員のお話しでも、体高が伸びて、背中の感じも柔らかくなって安定して、良くなってきたということです。

 厩舎サイドが惚れ込んでいる逸材。戸塚記念にも登録はするそうですが、あくまでも無理はさせずにじっくり調整していきたいという松代調教師のお話しでした。このまま無事に育っていけば、重賞戦線でも活躍してくれるかなぁ…楽しみです。どこから始動するんだろう。


 
 先日の黒潮盃2着だったブルーヒーロー(川崎・足立厩舎)は9月8日の川崎・戸塚記念で悲願の重賞初制覇を目指します。同厩のブルーラッドはひと息入れるそうです。また、東京ダービー馬サイレントスタメンは厩舎でのんびり過ごしています。

 黒潮盃4着のメジャーピース(川崎・高月賢厩舎)。「(黒潮盃は)もうちょっと際どい競馬ができたと思うんだけど・・・」と高月調教師は悔しがっていましたよぉ。この馬の能力を感じているからこそ、でしょう。この後は9月8日の川崎・戸塚記念で巻き返しを図ります。

 岩手のせきれい賞(芝・2400)で重賞ウイナーの仲間入りを果たしたC1クラスのコスモヴァシュラン(川崎・河津厩舎)。次走は9月27日の盛岡で行われる岩手県知事杯OROカップ(芝・1700)に向かいたいそうです。ここには、カクテルラウンジ(大井・村上厩舎)も出走したいそう。さらには前回お伝えしましたが、シアンモア記念を制したリュウノキングダム(船橋・齊藤厩舎)も。他にも出走したいお馬さんもいるようです。最終的には、南関東から何頭参戦するんだろう。


 
 今日は川崎で戸塚記念トライアルの芙蓉賞(2000メートル)が行われます。優先出走権は2着までに与えられます。めちゃめちゃ好メンバーがそろっていますよ。川崎からは、チョウサンペガサス、ツルノゴゼン、トーホウヘルメス、マルハチフォレストなど楽しみな面々が登場。

 船橋からは、まだ底を見せていないカネゼンホープの参戦はワクワクします。

       カネゼンホープ


 前回は古馬を相手に圧勝。

 担当はナイキアディライトの調教を担当していた松田調教専門厩務員。そもそも最初の頃のアディは、見た目はかなりか細かったですが、乗った人たちをうならせるほど、乗り味は抜群だったそうなんです。乗って良さがわかるというタイプ。「ホープに乗ったとき、アディの乗り味を思い出しましたよ」と松田調教専門厩務員は言っていましたが、それだけ、ホープの乗り味は抜群だったそうで、デビュー前から期待をしていたそうです。11月20日の新馬戦はこちら

 今回は初コースでどんな競馬を見せるのか、試金石になりますね。まだまだこれからのお馬さんではあるようですが、今後も注目していきたい1頭です。

 
 
 お馬さんの予定・近況はまたお伝えしますね。


 あっ・・・高校野球では東北魂の昨今ですが、宮城の東北が西東京さんに勝たせて頂いたと思っていたから、今日はベスト8をかけて、なんと、岩手と宮城がガチンコ対決じゃないですか。早すぎる・・・(;_;) 



 


プロフィール
カレンダー
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode