<< ユーロビート、お疲れ様でした! | main | エンプレス杯の枠順発表! >>

スアデラ、お疲れ様でした!

 今となっては重賞常連厩舎と言っても過言ではないほどに大活躍している船橋の佐藤裕太厩舎。

 

 裕太調教師が騎手時代には、川島正行厩舎などの名馬たちを調教パートナーとして数多く手掛けてきたことはあまりにも有名ですね。しかし、自分がレースに乗って重賞を勝つという、デビューした時から抱いていた夢は、叶わずに終わりました……。

 

 調教師になり、ホースマンとして初めて重賞勝ちをプレゼントをしてくれたのがスアデラです。

 

 

 

 裕太厩舎の生え抜き馬として、2015年6月に船橋競馬場の新馬戦を優勝。デビュー戦から一気に3連勝を飾り、重賞勝ちも期待をされましたが、2歳戦、3歳戦と、惜しくも重賞を勝つことはできませんでした……。

 

 しかし、2017年の習志野きらっとスプリントでは本田正重騎手を背に、持ち前のスピードを生かして完勝し、スアデラにとっても裕太調教師にとっても、念願の、悲願の、重賞初制覇を収めました。

 

 

 

 

 

 昨年のオーバルスプリント(7着)後に放牧休養へ出て検査をした結果、剥離骨折がわかり、引退し繁殖入りすることになったそうです。

 

 ひと足早く、生まれ故郷の社台ファームに帰ったスアデラ。ちょっと前に、裕太調教師も会いにいったそうす。

 

 「普段から優しいスアデラでしたが、一層優しい顔つきになりましたね。脚元に難しいところのあった馬で神経を使う部分もありましたが、本当にここまで頑張ってくれました。スアデラはうちの看板娘として、厩舎を大きくしてくれた馬です。今度は生まれてくる仔を楽しみにしています」(裕太調教師)。

 

 

 

 スアデラ、お疲れ様でした!ありがとうございました!

 

 22戦6勝2着2回3着2回(重賞 2017年習志野きらっとスプリント)

 


プロフィール
カレンダー
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode