<< 兵庫ジュニアグランプリ〜〜〜〜〜〜! | main | 月日が流れても……。 >>

ロジータ記念が行われます。

 2歳牝馬たちの熱き戦いから、今日は3歳牝馬たちのロジータ記念。地方交流戦で他地区からも2頭が参戦し、12頭によって争われます。

 

 実績的にはトップが、山崎誠士騎手が手綱を取るゴールドパテック(川崎・岩本厩舎)。昨年のローレル賞は瀧川寿希也騎手とコンビを組んで優勝。その後は、関東オークス2着、東京プリンセス賞と東京2歳優駿牝馬3着と、高いレベルで走り続けています。

 

 前走のサルビアカップも逃げるクレイジーアクセルの後ろから、最後に並びかけると、力でねじ伏せるかのように交わした姿は印象的でした。

 

 

 

 この時コンビを組んだ瀧川騎手は、「折り合いはつくんですが、この馬にとっては流れがすごく遅く感じて、(クレイジーアクセル)向きだなと思いました。ずっとペースも変わらなくてアクセルにとっては楽だろうなと思ったのでピッタリとついていきました。

 

 ゴール前はちゃんと抜け出してくれたんですが、それまではまだ本気で走っていないというか、スタミナを余して遊んでいました。あの先があればもっと走れるし、距離は延びた方がいいです」とのこと。

 

 さすがはグランダムジャパン3歳シーズンの女王です!!!

 

 

 その後、厩舎でお食事しながら、お水をゴクゴク飲むゴールドパテックをパチリ↓

 

 

 

 「体が柔らかくて筋肉が硬くならなくて、レース後もコズミなどがない馬です。持って生まれたものなんでしょうね。全体的に体つきなども大人になってきたなぁっていう感じがします。胸を張って来年に向かっていけるような走りをして欲しいです。いつも頑張ってくれて、本当にえらい仔です」と甲斐厩務員。

 

 ここまでの成績を見ても、崩れが少ないことも、この馬の強さを表していると思います。

 

 「前走は最初のひとハロンで相手に脚を使わせることができたのはよかったと思います。今回も条件面に関してはいいので頑張って欲しいです。みんなが勝ちたいレースですから、態勢は整っているので、あとは時の運だと思っています」(岩本調教師)。

 

 

 このサルビアカップで惜しい2着だったのがクレイジーアクセル(御神本訓史騎手、大井・渡邉厩舎)。今年に入ってからの成績は本当にすばらしいですね。東京湾カップ優勝をはじめ、関東オークス3着など、こちらも崩れないのは力がある証。渡邉厩舎の外厩馬としてミッドウェイファームでトレーニングを積んでいます。

 

 前走後に御神本騎手へ伺ってみると、「最高のレースはできたと思いますが、それでも楽についてこられたので、相手が強かったです。本番も自分の競馬に徹するまでです」とのこと。

 

 

 

 南関東の重賞に久しぶりに登場するのがクロスウィンド(矢野貴之騎手、船橋・佐藤裕太厩舎)。北海道では2つの重賞を勝ち、南関東再移籍後初戦も非常に強い勝ち方でした。前走はスタートで少し遅れ、ポジション取りで挟まれるなどして力を出し切れなかっただけに、巻き返しに期待。

 

 「前走の結果は度外視ですが、結果的にはもまれる競馬も経験できたので前向きに考えています。調子も上げてきているし、タフな馬でいい脚を長く使えるので、この距離は合いそうだと思っています」(佐藤調教師)。

 

 

 

 目下連勝中なのが、ファーストスキップ(森泰斗騎手、浦和・小久保厩舎)。「前走は番手の競馬でもあっさり答えを出してくれて、内容の濃い走りをしてくれました。スピードがあって、学習能力の高い馬。乗り方も含めて、騎手に任せます」(小久保調教師)。

 

 小久保厩舎、地方通算1200勝まであと1つ。

 

 北海道の重賞ウイナー、ミスマンマミーア(町田直希騎手、船橋・佐藤賢厩舎)。黒潮盃3着、関東オークス4着と重賞戦線でも好走してきました。

 

 「ササ針をして立て直したので、間隔が空いている分どうかだね。左回りはスムーズだし、テンに無理して行かない方がいい馬だから、あとは前がやり合ってくれれば」(佐藤調教師)。

 

 

 

 発走は20時15分。

 


プロフィール
カレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode