<< ローレル賞が行われます。 | main | メイプルキュート、ハルウララさんを超える?! >>

ローレル賞、アークヴィグラス優勝!

 グランダムジャパン2歳シーズンのローレル賞。

 

 

 

 瀧川寿希也騎手騎乗の2番人気アークヴィグラス(川崎・平田正一厩舎)が優勝しました。北海道の小野望厩舎から移籍し、これが南関東初戦。石川倭騎手とのコンビでエーデルワイス賞をはじめ重賞3連勝中、実績はナンバー1。

 

 今回は環境が変わり、初コース、初左回り、初の1600m戦と、クリアしなくてはならないことがたくさんありました。しかし、ダートグレードレースホルダーの意地とプライドを感じさせるような走りで、他馬を一蹴。

 

 

 

 

 

 レース結果と動画

 

 レースは、北海道のスティールティアラが逃げ、3戦3勝全て大差勝ちをしてきた1番人気ホウショウレイルは初めて2番手から。この2頭を見る形で、3番手にアークヴィグラスがつけ、縦長の展開になりました。実は、リズムはよくなかったと、瀧川騎手は振り返ります。

 

 「引っ掛かるまではいきませんが、ずっとハミを噛みっぱなしだし、2〜3コーナーまではもたれっぱなしでラチから離れずには走らせたんですが、リラックスするところがなかったんです。

 

 道中は厳しいかなという感じもあったんですが、4コーナーを回るくらいにステッキを入れたら反応があったので、もしかして……と。最後は苦しかったと思いますが頑張ってくれました。大井だったらもっと楽な競馬ができたと思います」(瀧川騎手)。

 

 最後の直線で先行馬たちを交わすと、迫ってきた後続馬たちも振り切っての勝利。2着のダバイダバイとは半馬身差。3着が北海道のパレスラブリーが入りました。1番人気のホウショウレイルは5着。

 

 

 

 

 

 

 

 瀧川騎手はゴール後に喜びを爆発させてガッツポーズ。「プレッシャーが半端なかった」と枠場に帰ってくる時は涙を流していました。とてもとてもお世話になってきた馬主さんの馬で勝てたこと。たくさんの人たちが携わってきた馬で勝てたことなどが、本当にうれしかったそうです。

 

 瀧川騎手はそもそも栄冠賞1200m)時にもアークヴィグラスに騎乗したことがあり、この時は2番手につけていくも最後の直線で伸び切れずに5着に終わりました。

 

 瀧川騎手の教養センター同期生だった石川騎手が手綱を取ってきた馬ですが、「(石川騎手が)『寿希也が乗っていた時とは馬が違うから安心して乗ってこい』って言ってくれたので、積極的な競馬で勝つことができたので感謝しています。馬ってこんなに変わるんですね」。

 

 

 

 重賞4連勝すごい!

 

 アークヴィグラスはそもそもこのローレル賞1戦で、大井の嶋田厩舎に移籍することになっていたため、今後は大井所属として走ることになります。全日本2歳優駿や東京2歳優駿牝馬などを視野に入れていく予定とのこと。

 

 平田調教師も担当の米田厩務員も記念すべき重賞初制覇。

 

 「勝っちゃったっていう感じでうれしいです。当日はテンションが上がると聞いていましたが、パドックの雰囲気は思っていたよりも落ち着いていましたね。プレッシャーはありましたが、無事にいい状態で、そしていい結果で、引き継ぐことができてよかったです。この後はファンとして応援しています」(平田調教師)。

 

 

 

 

 ローレル賞優勝おめでとうございます。

 

 アークヴィグラス 2歳牝馬

 

 馬主 アークフロンティア (株)様

 

 生産 村上牧場様(新冠)

 

 父 サウスヴィグラス、母 キセキノショウリ(川崎生え抜き馬)、母父 フジキセキ

 

 

 


プロフィール
カレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode