<< 来年1月で80歳厩務員さん(*^_^*) | main | ローレル賞が行われます。 >>

ローレル賞に3戦3勝ホウショウレイル登場。

 さぁ、2歳牝馬重賞ローレル賞(川崎・1600m)に、3戦3勝全て大差勝ちのホウショウレイル(御神本訓史騎手、浦和・小久保厩舎)が出走してきます。ついに、重賞の舞台へ!ワクワクする参戦ですね。

 

 3戦の動画を見ても、スピードが違い過ぎるために、全て楽な内容に見えます。しかし、御神本騎手に取材をさせて頂いた時(参考記事)、「楽に見えるかもしれれませんが、負荷はかけています」と。

 

 

 今回の浦和競馬場で行った最終追い切りの様子はこちら。2歳牝馬?と思ってしまうくらいに、しっかりした力強い内容でした。

 

 調教パートナーは元騎手の橋尚也調教専門厩務員です。感触をお聞きしました。

 

 

 

 「テンションは上げないように終始馬なりで、行き始めはフワフワしていましたが、加速後は重心が沈み込む感じになりました。普段、野田トレセンで乗っている時はそんなに凄さは感じさせないのですが、今回初めて浦和競馬場で追い切って、トモの力強さなど乗り味や走り方が違いました。今までの2歳馬とはちょっと違う感覚です。

 

 女の子で気難しいところもあるし、初物などクリアをしなくてはならないこともありますが、追い切りの感触はすごくよかったです」(橋調教専門厩務員)。

 

 

 

 初ナイター対策で、暗い時間に調教は乗ってきたそうです。担当は小久保厩舎のマドンナ・池田厩務員。涼しくなって元気になってきた部分もあるそうですが、そういう時でも獣医師さんのお話しでは、心臓は落ち着いているんだそうです。

 

 「しっかり疲れは抜いてきて、その後も十分に乗り込んでパワーアップしている。夏場よりも気持ちは高めているところは気になるけど、最終追い切りを見ていると、乗り手に従順で静かだけど躍動して、メリハリのある動きをしていた。

 

 ここまで逃げる形だけど、逃げている中でも騎手がいろんなことを教えてくれている。相手は強くなるけど牝馬同士なら負けられないね」(小久保調教師)。

 

 

 

 この3戦が圧巻の内容でも、ホウショウレイルもうら若き2歳の女の子です。今回は乗り越えなくてはならないことがたくさんあります。浅いキャリアで、メンバーがもグッと上がり、初コース、初ナイター……。そういうことも全て乗り越えて、ホウショウレイルならどんな走りを見せるのかなって、ものすごく興味深いです。

 

 

 


プロフィール
カレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode