<< ぱかぱかコバトン来場中! | main | 浦和記念、オールブラッシュ優勝! >>

浦和記念が行われます。

 各地で楽しいイベントが行われている今日。地域密着・浦和競馬場も、たくさんのお客様でにぎわっています。

 

 今日のメインは浦和記念。データ分析ができる枠順はこちら

 

 今年の南関東3歳馬たちは、今後に向けても非常に頼もしいですね。その1頭が羽田盃馬ヤマノファイト(本橋孝太騎手、船橋・矢野厩舎)。東京ダービーはポジション取りのところで大きな不利を受けて悔しい結果に終わってしまいましたが、南関東重賞3勝という実績が示す通り、力があるところは十分に見せています。

 

 前走の埼玉新聞栄冠賞(2着)は休み明け初戦&初古馬相手で、中央移籍初戦のトーセンデュークに惜しい2着。休み明けを一度使って中身の部分で良化していることを、ルースリンドなどでもお馴染みの上永吉厩務員は言っていました。レース直後はとてもとても疲れた表情をしていたそうで、それだけ力を出し切ろうとすると頑張り屋さん。

 

 今日は古馬との初ダートグレードレース。ここまでの走りからも、どのくらいやってくれるだろうとワクワクしてきます。

 

 お馬さんたち、馬服を着る季節になりました(^^)

 

 

 

 「前走は休み明けの分もあったし、その後も順調に乗り込んできた。状態はいいので、古馬と当たってどのくらいやれるか」(矢野調教師)。

 

〇シュテルングランツ(的場文男騎手、浦和・小久保厩舎)

「JBCクラシックはもうちょっと積極的に出ていってもよかったかもしれませんが、位置取りも含めていい経験になりました。多少の疲れはありましたが、気温が下がるごとに元気が戻ってきました。追い切りは単走でも動けるようになっています。出脚は鋭いので、そのスピードを生かす競馬ができれば」(小久保調教師)。

 

〇トーセンデューク(森泰斗騎手、浦和・小久保厩舎)

「カイバをたくさん食べる方ではありませんでしたが、一度使ってカイバ食いはよくなってきました。追い切りが終わってから、だいぶ気持ちが入ってきています。差す脚は元々あるので、自分のペースを守って走って欲しい」(小久保調教師)。

 

 

 10歳になっても年齢を感じさせない走りをしている実力馬トキノエクセレント(高松亮騎手、川崎・八木喜厩舎)。

 

 移籍後も全国各地を遠征しているブレイズアトレイル(西啓太騎手、船橋・山田厩舎)は南関重賞初挑戦。

 

 ディープインパクト産駒ガリバルディ(吉原寛人騎手、川崎・河津厩舎)は中央の芝の重賞ウイナー。初のダート戦、こなせるかどうかが大きなポイント。

 

 丸めのお顔で、雰囲気たっぷり(^^)

 

 

 

 発走は15時25分。

 


プロフィール
カレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode