<< メイプルキュート、ハルウララに並ぶ?! | main | ジーナフォンテンの仔が新馬戦初勝利&重賞初挑戦! >>

サウンドトゥルーのこと。

 昨日、レックスさんのホームページで、サウンドトゥルーが船橋の佐藤裕太厩舎に移籍し、東京大賞典を目指すことが発表されました。

 

 サウンドトゥルーは8歳セン馬。東京大賞典(2015年)、チャンピオンズカップ(2016年)、JBCクラシック(大井・2017年)などを勝ってきたダート界の雄。京都で行われたJBCクラシックも、優勝したケイティブレイブから0.5秒差の5着。

 

 今でもこれほどのバリバリのG1ホースが、南関東に仲間入りするのは、どの馬以来になるのだろう。。。

 

 佐藤調教師のお話しでは、

 

 このお話しを頂いたのは本当に最近のことだそうです。ひとまず牧場でリフレッシュしてから、地方競馬全国協会の登録の関係で、今月中旬までには船橋競馬場へやって来るとのこと。それ以降は、船橋でトレーニングを続けて、東京大賞典が南関東の一員としての初戦になるそうです。(南関4場ともダートグレードレースからの移籍初戦はOK)

 

 「プレッシャーもありますが、これまでサウンドトゥルーに携わってきた皆さんに敬意を払って、何より大事に、愛情を込めて、期待に応えられる取り組んでいきたいです。仕上げに関しては臆することなく、可能な限り最善を尽くして仕上げたいです」と佐藤調教師。

 

 これまでアジュディミツオーやフリオーソ、ルースリンド、最近では自厩舎のリッカルドなど、数えきれないほどの重賞ウイナーたちを、調教パートナーとして関わってきた佐藤調教師自身が、調教をつけるそうです。

 

 

 ふと思ったのですが。

 

 大井記念や東京記念にサウンドトゥルーがもし出てきたら、それは盛り上がるけど、なんか、慣れなくて、不思議な感覚(^^;

 

 それだけ、中央馬として、ダートグレードレースを使いに来て、強さを目の当たりにしてきたので……。

 

 サウンドトゥルーがもうすぐこの船橋競馬場にやって来る。

 

 

 

 毎朝ここで走るのが、普通の日常になるんだなぁって、今ちょっと馬場を見入ってしまいました。

 

 サウンドトゥルーがやって来たら、お写真アップさせて頂きますね。

 

 


プロフィール
カレンダー
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode