<< JBC出走、浦和・小久保勢。 | main | JBCスプリント、キタサンミカヅキ出陣! >>

JBC出走、牝馬たち。

 JBCレディスクラシックには、南関東から3頭が出走。枠の若い方から。

 

〇ラインハート(笹川翼騎手、大井・月岡厩舎)は去年のJBCレディスクラシックは優勝したララベルから0.2秒差の3着。

 

 

 

 「前走は外を回る形になって弾けませんでした。相手は強くなるのであくまでも挑戦者ですが、馬も元気があるし、ここまでの調整過程はうまくいっているので、スイッチが入ってくれれば」(月岡調教師)。

 

 担当は朴澤厩務員。

 

 

〇ジュエルクイーン(岩田康誠騎手、大井・福永厩舎<小林>)

 

 2014年グランダムジャパン2歳シーズンを優勝。南関東に移籍後2戦目。

 

「体調は前走よりも上がっていると思います。中央に初めて挑戦させて頂きますが、このチャンスを生かして、相手は強くなりますがチャレンジャーとしてひとつでも前に向けて頑張りたいです。若い頃からトモの緩い馬ということで、軽い馬場になってどんな走りを見せてくれるか、いい方にいけばいいなぁと思っています」(福永調教師)。

 

 

 

 担当は小林厩務員。セイントメモリーを手掛けた方ですが、メモリーで使用していたキラキラヘアーバンドを、今日のスペシャルな日に、ジュエルクイーンに着用するそうですよ〜☆

 

 

 

〇ブランシェクール(御神本訓史騎手、大井・藤田厩舎)

 

 中央時代にTCK女王盃2着、大井に移籍以降、前走のレディスプレリュードは優勝したプリンシアコメータからタイム差なしの2着。大井では外厩馬としてミッドウェイファームで過ごしてきましたが、今回は10日前に大井競馬場へ入厩し、調整してきました。

 

 追い切りコラム

 

 

 

 「環境が変わっても、見た目には落ち着いていますし、カイバも食べて精神面が強い馬です。状態も不安なく参戦できますね。中央ではスタートの時に尾っぽが取れないですが、偶数外目の枠は取れてよかったと思っています。スタートがちゃんと決まってくれれば」(藤田調教師)。

 

 担当は小黒厩務員。

 

 


プロフィール
カレンダー
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode