<< 石川駿介騎手の近況 | main | ☆繁田健一騎手☆ >>

浦和勢3頭、JBCに向けた最終追い切り。

 JBCに出走する浦和勢は、小久保厩舎のノブワイルド、シュテルングランツ、アンサンブルライフの3頭。

 

 こちらで追い切り動画はご覧頂いたいので。

 

 コメントをお届けします。

 

 ノブワイルド(騎乗者・橋尚也調教専門厩務員)

 

 

 

「動かせば動いちゃうので、ステッキは入れずにオーバーワークにならないように。馬の状態はいいですね。気の難しいところもありますが、前は調教でも馬が近づくと耳を絞ってやめるようなところがあって、それをやらせないように注意をしていたら、改善してきたように思います。前走は隣に馬がいる流れでも我慢してくれました。本番でも気分よく走れれば力は出せると思います」(橋調教専門厩務員)。

 

 

 シュテルングランツ(騎乗者 橋尚也調教専門厩務員)

 

 

 

 「浦和競馬場での最終追い切りは初めてで、ピリピリしていましたが変な入れ込みでもないし、道中も折り合いがついていい感じでした。テンはゆっくり入って終い重点の指示。最後も余裕があったので、ゴールを過ぎてからもハミを抜かないように長く流しました。単走は全く動かないんですが、隣に馬がいるとハミの取り方は違いましたね。涼しくなってきて気合のりはよくなっていて、いい仕上がりでいけます」(橋調教専門厩務員)。

 

 

 アンサンブルライフ(騎乗者 繁田健一騎手)

 

 

 

 「気の難しいところがある馬なので、テンに行きたがった分、最後は遅れましたが、反応もいいので心配はありません。順調にきているし、ちょうどいい追い切りになったと思いますよ。成績を見ていても、強い相手の方が好走していますね。先生からの指示も『勝ってくれ』とのことだったので、一発狙います」(繁田騎手)。

 


プロフィール
カレンダー
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode