<< ひと目惚れ(*^▽^*) | main | 大井若手騎手のトークショー?! >>

若武者賞をいつもと違う角度から振り返る。

 昨日は鎌倉記念トライアルの若武者賞(わかむしゃしょう、川崎・1500m)が行われました。その前から雨が降ってきましたよね。聞いてないよ〜(^^;

 

 レース結果と動画

 

 1着 カネトシテッキン(増田充宏騎手、川崎・佐々仁厩舎)

 

 2着 トーセンボルガ(左海誠二騎手、浦和・小久保厩舎)

 

 この2頭が鎌倉記念への優先出走権を手にしました。

 

 カネトシテッキンは勝ち切れないレースが続きましたが、5戦目にしてうれしい初勝利。「1戦ごとに時計もつめているし、成長を感じます。徐々にギアの上がっていくタイプなので追いっぱなしです(苦笑)」と増田騎手。

 

 

 今回は、前にもご紹介したことのある、南関唯一のエキサイティングゾーンで観戦。

 

 最後の直線の内馬場に、こんな感じで高くなっているところでの観戦。

 

 

 

 逃げるトーセンボルガにカネトシテッキンが並びかけて交わそうとしているところが目の前で展開。

 

 

 

 

 

 

 

 いつもと見え方が違うので新鮮です。まさしくエキサイティングでした(^^)

 

 


プロフィール
カレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode