<< 仲野光馬騎手について。 | main | 麦わら帽子、かわいいね(^_^) >>

セレンとチャームアスリープの仔がデビューします!!!

 南関東で重賞4勝を挙げたセレン、南関東史上初の牝馬3冠を制したチャームアスリープ。その2頭のDNAを受け継いだ夢とロマンにあふれた仔が、ついにデビューします。

 

 馬主の山口圭子オーナー、村田牧場さん、佐藤賢二厩舎と、父と母にゆかり深い方々が手掛けているその仔は、フランス語で『夢』という意味があるレーヴという名前がつけられました。2歳の男の子。

 

 遡ること、2016年2月13日に、両親と同じ村田牧場さんで誕生。

 

 生まれた時のお写真↓ (村田牧場さん撮影、山口オーナー提供、ありがとうございます)

 

 

 

 生まれて10日後の写真。母と一緒に。↓(道新スポーツの山田康文さん撮影、ありがとうございます)

 

 

 

 

 生まれるまでも大変で、生まれてからも大変で、競走馬としてレースに出走することが、どれだけ尊いことなのか。

 

 あれから2年の月日が流れ……。

 

 

 6月23日に両親の思い出がつまった船橋競馬場の佐藤賢二厩舎にやって来ました。

 

 ちょうど到着した後に、お食事タイムで、モグモグモグモグと一生懸命に食べていました(^^)

 

 山口オーナーは「目つきはセレンに似ていて、流星のあるところはチャームですね」と。佐藤調教師は「両親のいいところを受け継いでいるんじゃないか」と。

 

 

 

 

 

 実は、偉大なるヒガシウィルウィン先輩のお隣という。。。ちなみに、調教で出入りをする時でも、お互い全く興味がないそうです(^^;

 

 

 

 順調に調教を重ねていって、7月27日に能力試験に登場。

 

 

 

 

 森泰斗騎手とのコンビ。体重は460キロ。スタートはゆっくりで後方から進めていく内容で、800m51秒1で合格。

 

 

 「ゲートがバンと開いた時に驚いて横に切れましたが、そういうのは慣れてくれば。砂をかぶっても大丈夫です。これから走って来そうですが、まだ幼さはあります。夢の血統ですよね」と森騎手。

 

 走り終えてから、厩舎に帰って、お水をゴクリゴクリ、美味しそう(^^) 担当はヒガシウィルウィンの秀島厩務員です。

 

 

 

 時より舌出ししたり(^^)

 

 

 

 時よりあくびをしたり(^^)

 

 

 

 南関ファンとしても、全てが愛おしい(^^)

 

 

 この日を迎えるまでに悲しい出来事もありました。今年、チャームアスリープが種付け期間の不慮の事故により亡くなりました。レーヴの1歳の弟(父セレン)が最後の仔。

 

 「レーヴがデビューする時にチャームが亡くなっているというのは想像もしていませんでした。お母さんの分も慈しんで大事にしたいです。レーヴや弟が無事に走ることで、セレンとチャームのことを思い出してもらえるきっかけになってくれればとてもうれしいです。(デビューも近づてきて)ドキドキしてきました」(山口オーナー)。

 

 山口オーナーはレーヴのことを、宝物ともおっしゃっていました。

 

 

 

 セレンとチャームアスリープの愛息レーヴ、南関東にゆかり深い、夢とロマンにあふれた血統。

 

 セレンにとっては種牡馬として記念すべき最初の仔がデビュー、チャームにとっては忘れ形見。

 

 今日の船橋4レース、森泰斗騎手を背にデビューします。全出走馬、何より無事に……。

 

 


プロフィール
カレンダー
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
記事
カテゴリー
月別
検索する
その他
モバイル
qrcode